2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 久米島輪行(!)但し、一部のみ(^^;) | トップページ | 久米島・観光編 »

2004/09/24

浜は白く、空は青く、そして海は様々な色

 やはり久米島…というか、南の島に来たからには海!海でしょう!今回はともかくビーチを制覇か…?…ってな勢いでいろんなビーチに行った気がする。

04092401.jpg まずホテルすぐ前のイーフビーチ…は、行ったものの、泳がなかったね(^^;)。早速目論見がつぶれるものの、んでもあんまり綺麗な浜っぽくないので、これはさておく。

 んで、アーラ浜。ガイドブックには「交通の便が悪いので、あまり人の集まらない静かな浜」と書いてあったので、2日目に向かうことに。

04092402.jpg ただ、レンタカーを予約していなかったので早速手配…したら、もうこれが予約で埋まっていて、手配できなかったり!さすがリゾート!仕方なく、レンタサイクルを動員して自転車の移動にすることに。…しかし、これが悲劇の始まり…。そう、結構起伏のある久米島。特にアーラ浜手前の進入路の高低差ときたら…。それはもう汗だくの心臓破りの坂。

 まぁそうしてたどり着く浜なので感慨深く、また気持ちも良かろう…とは思うものの、しかし帰りはどーすんのよ…ってところ(^^;)。

04092403.jpg ともあれ、シャワーとかきちんとした施設がなかったりして、そこらへんは不便なのだが、しかし実際静かな浜で、結構良かったかも。

 うかつなことに5人いながら水中眼鏡、シュノーケルを持ってきたのが一人という失態をかまし、YuNK様のそれを回しながら使わせて頂いたりしたのだが、この浜のすぐ水中がなかなかの光景。イソギンチャクに住むカクレクマノミを発見したりして、かなりいい感じの浜でした。

 ドでけぇ青いヒトデもいたり、かなり堪能したものの、ここでTOKさんがクラゲ(推測)に刺されるというハプニングが発生。あわてて帰路につくことに。

 この時期…というか、水温が高い最近、ハブクラゲの出没がいくつか報告されており、各ビーチに「酢を持参するように」という警告があったものの、完全に失念していた我々。うぅむ、超うかつ。ROUさんが見つけたというプライベートビーチも見ることなく、戦略的撤退。

 まぁTOKさんの負傷も一時は水ぶくれやらしびれやらが発生したものの、ハブクラゲによるそれではなかったらしく、すぐに症状も引いて、それだけは良かったと。んでもいろんな意味で浜で泳ぐには準備万端に。

 そして久米島といえば「はての浜」。ここを行かずして久米島を語ることは出来ないでしょう。今回もシュノーケリングを含めたツアーを頼んでみた。

04092404.jpg 浜に向かうには船で行くしかないのだが、今回はグラスボートを利用。前回は…なんだっけ?少なくともはての浜から帰路ん時のシュノーケリングでは漁船を利用していたよね。人数によって運行する船を替えているみたいだね。んでもそうすると前回の漁船というのは、かなりレアなケースだったのかも。

04092405.jpg そして相変わらず爽快なはての浜に到着。一応人の少なそうな頃合いを見計らったつもりだったが…実際少なかったね。やはりいいところだ。今回は満ち潮気味の時に行った…からかどうかわからないが、結構魚が多かった気がする。あまり人をおそれず、おそらくパンの耳とか持っていたらもっと寄ってきていたと思われるが、借り物シュノーケルでかなり堪能できた。前回はあまり綺麗な海中ではないなぁ…という気もしたが、そんな印象はほとんどなし。なんか魚と目があって、おいらの周りを回遊されたり、なかなか面白い想い出も(^^;)。

 そしてシュノーケル。前回は足の着かない海に始めて出る(安全ベストを着ていても)ということもあって、パニクってあまりしっかりした想い出がないので、今回はしっかり記憶に刻み込もうと比較的リラックスして望んだのだが…、今度はいつもの調子が出すぎたのか、早めに船酔いに(^^;)。おかげでクマノミ城では船上でダウンして、潜らずじまい…。

 実は前回も船酔いに襲われたものの、陸に上がった途端回復するなど、程度は軽かったものの、今回はホテルに戻ってしばらくするまでグロッキーになるほど重傷。うーん、一体何が?…んでもROUさんとかも同じで潜れなかったりしたから、そんなレアでもなかったと思うのだが(^^;)。

 ともあれ、はての浜に戻るコトも出来たのだが、またそのまま港に戻ることに。しゃおらどんとかTOKさんはかなり遊びまくっていたので、そこを引き留めてしまったようで申し訳ない限り。んでもホテル戻ったら爆睡した人もいたしなぁ(^^;)。

04092406.jpg あとはシンリ浜ですか。超レアビーチと化している浜。今回も行ってみたのだが、島内観光後というスケジュール的にはきつい時間帯に設定してしまったせいか、日没30分前というタイミングの悪いコトに。まぁ夕日の中を泳ぐという、貴重な経験でもあったので、そんな不満でもないのだが。もっとも、レンタカーの返却時間が迫っており、それに押された方がちっと残念だったか。

 もっとも、夕日といっても実際顔を出してはおらず、泳がずにカメラを構えていたROUさんがかなり悔しそうだったのだが(^^;)。

 また、引き潮気味のシンリ浜はかなり遠浅。ひたすら遠くまで膝程度の深さが続き、あまり面白くないかも。もっとも、魚はそれなりに居るみたいで、シュノーケリングは面白そうだったが。YuNKさんはもうごまツブにしか見えないところまで遠くに行っていたしなぁ…。

04092407.jpg まぁ浜に関する想い出はそんなところですか(細かく言えばもっとありますけれど、簡略で)。あとは…イーフビーチでの毎度のカニとの格闘くらいで(^^;)。今回は1Wの明かりを持つハンディライト片手にかなり気張ったのですが、夜間は満ち潮で海に逃げやすい、カニに有利な状況がたたって、あまり戦果は挙がりませんでした(^^;)謎。

 まぁそれはともかく、やはり真っ暗なその浜から見上げる満天の星空がやはり魅力的かと。天の川までしっかり見えるその星空。唯一星「降る」夜という天候に見舞われた浜でした。

« 久米島輪行(!)但し、一部のみ(^^;) | トップページ | 久米島・観光編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1512671

この記事へのトラックバック一覧です: 浜は白く、空は青く、そして海は様々な色:

« 久米島輪行(!)但し、一部のみ(^^;) | トップページ | 久米島・観光編 »