2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 血を見て動転するおいら(^^;) | トップページ | たまにはアニメの話でも »

2004/09/13

C4とお出かけ

 ちっと友人と出かける用事があったので、C4を携えて試用してみました。撮影モードはVGA30fps/2Mbps。C4の液晶で見ると遜色ない画質ですが、PCに持っていってみると、さすがにブロックノイズが目立ちます。ただ、写っている内容が不明瞭になるような悪画質ではなく、また320*240にリサイズすると、全然目立たなくなり、Web配布などを考えるとそれで十分といった感じです。

 まずボディ。できれば片手で動かせるようになってもらえるとかなり使いやすくなるのですが、まぁ現状の大きさでも十分取り扱いやすく、ビデオカメラだったらかさばって仕方ないところでも全然問題なく、機動力をいやという程発揮してくれます。

 さすがにこれはMPEGカメラ+シリコンメモリストレージの威力発揮というところでしょうか。よく「MPEG(等)カメラはDVカメラに代われない」という話をする人はこの小さい筐体に一体なにを期待しているのでしょうか。そういう機動力が必要な場面でこそ有用なカメラであり、しかし必ずしも画質なんか必要ないんです。勿論必要最低限、何が写っているかわかる画質は備えてもらわないと困りますが(^^;)、街中で買い物している男友達との映像にどんな高画質を求めてどうしようと?

 そして子供の運動会を綺麗に…とか、そういう画質を問う場面では普通にDVカメラを使えばいいだけのことです。重いのはさすがにツラいですが、C4みたいな大きさにまで小さくする必要性というのは無いはずです。しかし、長時間撮影とかを鑑み、大容量バッテリーが装備でき、安価な交換メディアのテープを使用できるデバイスの方が有用です。

 勿論両方兼ね備えたものがあればそれに越したことはないですが、まだそれも難しいのであれば、個別に特化した機能ごとの筐体に分化してなんら問題もないわけで。

 ま、その上での問題点を挙げるならば、やはり画角が狭いということ。また、手ぶれ補正は結構よく効くのですが、構造上その機能をONにしてしまうとさらに画角が狭くなってしまい、取り扱いに苦慮してしまう…ということが挙げられます。

 別に普通の撮影だったら問題ないのかもしれませんが、機動力を発揮する以上どんなところでも撮影したく、狭いところでも撮ってしまうとやはり広角が欲しくはなるのですが、どうしてもその辺仕様で対応しきれないわけですわ。

 せめてワイコンでもあればいいんですけれど、ねじ山とかないのでそうもいかなく…。王様のアイディア的なはめ込み式のワイコンとかないかしらん?

 また、マイクの位置が…。液晶の裏につけているのがコロンブス的発想みたいに誇れそうな雰囲気ですが、逆にこれが使いにくくなってます。

 先にも書いたとおり、機動力のあるカメラですのでどんなところでも撮影してしまおうと言うことになるのですが、そうするとカメラと撮影者との距離を取れないところでの撮影もあるわけで。そうすればせっかくの回転液晶を見やすい角度に調整するのも当たり前のことなのですが、そうすると今度はレンズの向きとマイクの向きが整合せず、被写体の音声方向にマイクが向かないといった困ったことになってしまうわけです。

 まぁその機動力を持たせるために筐体を小さくし、それによってマイクの内蔵が難しくなった(スペース的なモノだけでなく、持ち手の摩擦音とかを拾ってしまう等の問題も含め)のかもしれませんが、それにしてもレンズと必ずしも向きが一致しないところへの装備というのはなんとも…。まぁ、無指向性なのかもしれませんが、それでも自分撮りがしにくいといった問題もあるわけで…(あまりしないけれど)。

 実際うまく音声が撮れているかどうかは未確認だけれど、うまく音声も撮れているものは液晶をレンズの向きと合わせているので問題ないものであって、しかし撮影中は液晶を斜めから見たりして苦労していることもあったり。

 また、動画撮影中に静止画を撮影することが出来る機能を装備しているわけですが、これも落とし穴が。

 別に仕様といわれると「そうですか」と納得しないでもないのですが、フラッシュとかがたかれないんですよね。つまり、「若干くらいところ(夕方など)」などで撮っている場合、動画ではなんとか明るさ的にフォローできるところでも、静止画撮影を行うと露出が足らず、しかしフラッシュがたかれないためにブレた状態で撮影されてしまう…ということなんですよね。

 動画撮影を止めて、静止画撮影オンリーで対応すれば、しっかりフラッシュもたかれて問題なく写るんですけれどねぇ。やはり手ぶれ補正を動画だけでなく、静止画にも対応して頂かないと…。


 …とまぁ問題点を挙げてみましたけれど、それを埋めて余りある利点になってしまっている機動性に惚れますね。バッテリーも、今回総撮影時間は30分程度でしたが、バッテリーはまだ余裕でした。一応予備バッテリーも用意していましたが、今回はいらなかったみたいですね。

  1GBのメモリカードでVGA30fps/2Mbpsだと撮影可能時間がメモリ・バッテリー共に1時間程度なので一番相性のいい組み合わせかもしれませんが、あえてQVGAで容量に余裕を持たせて撮影しまくり…というのも面白いかも。

 ただ、やっぱり画角はもっと広い方が…。ワイコン出してくれー!あるいはサードパーティーで流用可能なのがあるだろうか?

« 血を見て動転するおいら(^^;) | トップページ | たまにはアニメの話でも »

コメント

C1ですが,どですか?
http://homepage2.nifty.com/vasolza/wideconversionlens.htm
同じパッキンが使えるかどうかは不明ですけど ^^;

情報サンクスです。
C1とC4はほとんど筐体に違いがないので、手としては同じ方法が使えるでしょう。
ただ、アダプタ作りはともかく、レンズがねーよ。あ、いや、DVカメラは2台持っているけれど、最初の壊れた方のDVカメラ用にワイコンがあったハズ。残りの1台のDVカメラには径が違くて使えなかったけれど、今回流用してみっかな?
部屋のどっかに転がっていると思うけれど…(^^;)見つからないか、径が小さくて使えないというオチのような気も。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1425369

この記事へのトラックバック一覧です: C4とお出かけ:

« 血を見て動転するおいら(^^;) | トップページ | たまにはアニメの話でも »