2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 早く、秋よ | トップページ | マインドゲーム »

2004/08/22

水かけ論

 職場のある奴と喧嘩になった。別に殴り合ったわけではなく、口げんかなのだが。そいつの欠点を指摘したのに、本人はがんとしてそれが欠点などではなく、「普通の行為」と言い張り、直そうとしない。こっちが本人のためと思って言ってやっているのに!

 果たして、それはどんな指摘か?

04082201.gif 最近はペットボトルで水が売っており、水道水の代わりにそれを飲むのも普通となりつつある。「奴」も1~2リットル入りのペットボトルを机脇に置き、仕事中に飲んでいる。まぁ、来客スペース前の机でもないので、それは構わない。1リットル以上あるペットボトルをコップも使わず直接飲むのも行儀上どーかと思うが、とりあえずそこらへんはさておく。

04082202.gif で、問題はその飲むときだ。コップを使わない以上、ペットボトルの飲み口をクチに持ってきて、上半身を反らせて飲むことになる。

 一部のドラマではこの行為を行うと、役者の顔が見えなくなるので、ペットボトルだけを上に向けて、カメラに顔を向けたまま器用に飲むシーンなどもあるが、基本的には腰を手に当てる雰囲気で飲むだろう。

04082203.gif このとき、視線はどうなる?普通は特に意識せず、視線は「動かないまま」か、図のようにボトルの方を向くだろう。

04082204.gif だが、奴は…、奴は「上」を向くのだ!ボトルを見るわけでもなく、上半身を反らした上で、さらにその「上」を見るのだ!なぜっ!?

 「いや、飲んでいるときに天井に誰かいたら、いやじゃん」と奴は言う。理由じゃねーっ!

 一体何が彼をそうさせるのか?なぜ矯正しようとしないのかっ!?それは定かではないが、何の意味もないのは確かのようだ。

 必死に彼を説得するのだが、奴は頑としてそれを直そうとしない。いい加減俺の言うことを聞け!…というところで横やりが入る。

 「なんだか…子供の喧嘩みたい」

 …あとはまじめに仕事しました。はい。

« 早く、秋よ | トップページ | マインドゲーム »

コメント

どうして上見てたらダメなの?

な…なぜ今になってこの記事に…(^^;)。

まぁ、ダメってことはないです。ただ、売り言葉に買い言葉で攻撃しただけのことです(^^;)ぉぃ。別段、他の人がそうしているのを見ても、どうこう言いません。

とはいえ、やはり疑問には思うことでしょう。まだ他の人を見たことありませんが。

ただ、この後に仮説なのですが、ある論法を組み立ててみました。

ビルだったか飛行機だったかを見上げたときなのですが、自然と口が開いたのですね。これかな…と。

つまり、「水を飲むために上を向く」のではなく、「上を向くと水が飲める(飲みやすくなる)」…ってことかな…と。あ、まだわかりにくいな(^^;)。

つまり、上を向くと自然と口が開くことが多いじゃないですか。そのアクションの後に水を飲む…と。ただ、一連の動作がスムーズに運べば、他の水飲みアクションと動作が変わらなくなるわけで、ただ、目線の動きだけが違う…と。

そういうことなのかなー?…と思うんですけれど、その違いがなんだ…っていわれるとそれまでなんですが(^^;)。それに今のところ先にも書いたように、他の人に聞けないので、解明できません。いや、記事中のやつに聞けばいい…と言われるかもしれませんが、そいつを前にすると協力をお願いする前に悪態ついちゃうわけで(^^;)ぉぃ。

カー(>_<)ッ  わ、わらえた(涙)
おなかいたい。

この記事を。いまになって見せていただけた事に尋常でない幸福を感じるのは私だけでしょうか?
なんだか得した気分です。
よかった。
サイコー。
まんが面白いデス。

でもそういえば私も「上見る派」でした。
…ごめんなさい。

理由は上見ると「安心するから」です。

ほ乳ビン飲んでたときの記憶がよみがえるのでしょうか。


「水掛け論」の意味がわからなくて、
グーグル検索してこちらのブログ様にたどり着きました。

上を向いて飲むのはとても不安になります。・・

なぜならどのくらい飲料が口に流れてくるのか
分かりづらいから。

でも、この職場の同僚の方は、お水の量が少なかったのですかねww

すごく、勇気があると思いました。


ではまた♪
コメントにすぐお返事していただき、
すごくうれしかったです。

18歳学生

いえいえ、またどうぞ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/1248375

この記事へのトラックバック一覧です: 水かけ論:

« 早く、秋よ | トップページ | マインドゲーム »