2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 青梅から西荻まで走る | トップページ | 記念すべき年 »

2004/06/20

忍野八海、輪行記

04062001.jpg 昨日青梅マラソン…もとい、紫外線耐久サイクリングぉぃをいやってほど味わいましたので、本日はゆっくり休息…と思いきや、今日は今日で富士山麓の忍野八海に輪行に行くことになりました(^^;)。

 …ハマりすぎだぞ、おい(^^;)。

 しかしまぁ、ROUさんとか、自転車持っておきながらなかなか参加できない人もいるので、こういう機会を逃すとひたすら逢えない可能性もあるので、チャンスは逃さないようにしないとね。


 そんなわけで朝早く、ホリデー快速河口湖号を目指すべく、家を出、TOKさんを引っ張り出しぉぃ、ストライダ装備のしゃおらどんと合流して立川に向かう。

 そして立川駅からホリデー快速に乗り込む…という算段。しかし、ホームで待っていると驚愕の事実がっ!なんと列車が特急型(あの…あずさとか)だったのねっ!?通勤型(山手線とか…)じゃないのねっ!?そういう構造の列車では初輪行であり、かなりとまどうことに。

 …ほら、MR20とか(今回は無いけれど)モールトンなどは放っておくと自立しないので、通勤型なら先頭車両の運転席後部の広いスペースで、バーなどにくくりつけるようにしなければならないんだけれど、特急型ではそこと客席の間にしきりがあり、狭い「乗り込み口スペース」に自転車を置いておかなければならず、がらがらの電車ならいざしらず、混み混みの電車だと自転車が邪魔なことこの上なし(その部分にも人がたむろするし…客車内の通路は居づらいからね)。特急型の場合、客車と客車の間にもスペースがあり、連結部分がある分、先頭車両よりも自転車が置きやすい…という、通勤型とは全く逆な輪行特性(?)を持つことを「乗車後」に判明した次第。

 しかも、ホリデー快速、八王子や青梅行きの「特別快速」代わりに乗り込んでくる人たちも多く、ホリデー快速鎌倉号みたいなゆったり感は一切無し。ひたすら混みまくりで自転車が~。

 もっと細かいことを言えば、8両編成以上の列車が当たり前の中央線において6両編成のホリデー快速では、ホームの「従来1~2両目で待っていた客」が先頭車両に集中し、編成中央部よりも客密度が濃くなるという落とし穴まであり、しかも三鷹などから乗り込んだROUさんやYuNKさんとの合流を考え、「先頭車両で落ち合おう~」なんてうちあわせしていたものだから、とんでもないことに…。「乗り込み口」に5台もフォールディング車があったら、どーしようもないって(^^;)。

 乗り込み口で自転車を固定したりして他客の迷惑にならないように押さえつけていたり、ずいじどかしたり、大変でした。もっとも、私はそういうところでの作業に向いてないらしく、すぐに電車酔いしてしまってグロッキーになってしまいましたが(^^;)ぉぃ。

 結局、高尾あたりで客が少なくなったのを見計らい、客室後部の「しきり」と座席の間のデッドスペースを見つけ、そこにストライダ、ブロンプトンなどを収納し、乗り込み口の通路としてのスペースを確保、俺らも空いた客席に座り、普通の電車旅に移行できたのでありました。

  うーん、まさか特急型がこんなに輪行に不向きとは…。無論、数が少なかったりすれば別かもしれないけれど、今後輪行を行う際のチェック事項として覚えておかないといけないかも。

 ちなみに、帰りの際には客席を1つ分回転させてお見合い席(?)にしたりし、そうすると回転した席とその前の席の間にもスペースが出来るので、そこにも自転車を置いたりして、できるだけ乗り込み口付近の自転車を少なくなるようにしましたけれど。


 …で、問題がもう一つ。中央本線から大月で富士急大月線に直結し、河口湖(我々の目的地は富士吉田)まで乗換無しで行けるんですけれど、私鉄に乗り込むわけで、当然切符を買い換えなければならないわけで…。

 いや、suicaで乗ってきたんですけれど、そのままだと降車駅で精算できないとか手間取るとか…。あー、せめて大月までの切符を買って、あとは乗り越し精算で…とかしなければならなかったのね。

 そこらへんの指摘をしたROUさんとYuNKさんはさすがにその通りに切符を買っていましたが、西国分寺組の我々は全員suica…。

 結局、車内で車掌に精算してもらい、私鉄分の切符も購入しました。suicaは初乗り130円分だけ精算、残りを現金払い、というわけですな。もっとも、suicaももう一度JRの駅で、降車処理とか何とかしなければならないらしいですが。

 うーん、ここらへんもうかつ。


 まぁそんなこんなで輪行や接続などの教訓を残し、電車パートも富士吉田で終えて、いよいよ自転車パートに移行。妙にROUさんも張り切っております(^^;)。

 まずは忍野を目指します。富士山自体は雲に覆われてほとんど見えません。…そういえば、みるきぃ組で行く富士山麓って…あまり富士山が晴れていた覚えがないのは気のせいでせうか?(^^;) まぁ別の機会で行く富士山麓で晴れた富士山をさんざんっぱら見ていますので、どーということでもないですけれど。

04062002.jpg それに今回は麓の雄大な景色自体はしっかり見えましたので、それだけでかなり気分の良いサイクリングに。

 ただ、やはり山麓だけあって、登り走行が多く、ひぃこらしてましたが(^^;)。若干、未開通の道路を無理矢理通ったりする、地図にないルートを通ったのが原因という向きも(^^;)おいらの先導でした。

 ただ、どのみち同じ標高に移動しなければならなかったようなので、どの道行こうと登り走行だったようですが。


 そんなわけで忍野八海に到着。人も多いけれど、水も相変わらずきれいで、しかも雪解け水だから冷たい!一帯、直射日光が照りつけると都心と同じく気温が上がりそうな日差しでしたけれど、ひんやりした空気が流れていたのはそのせいだからでしょうね。

04062003.jpg 昼食もそこで取りました。蕎麦にイワナだっけ?あと銘水豆腐とかいただきました。なにより水がうまいので、蕎麦もおいしい。豆腐は…こないだの一幸の方が美味かったですが(^^;)。

04062004.jpg
 まぁあとはのんびり散策なんぞ。途中、人間の鳥に対する横暴な愚行に憤慨するROUさんとか、プラムによわよわなROUさんとか、色々ありましたけれど(^^;)。


 とはいえ、比較的のんびりと過ごしたものの、時間にはまだ余裕が…。そこで、現地の観光案内地図で見つけた「山中湖周遊サイクリングロードをとりあえず目指してみることにしました。忍野から山中湖へはそんなに離れていません。やはり上り坂が続きますが、まぁそこらへんものんびりと。そしてゆったりと山中湖を周遊できればなぁ…と。

04062005.jpg しかし、いざ着いてみると、台風の影響か、強風が吹き荒れ、しかも対岸には厚く雲がかかって、雨が降っていそうにも見えます。…なんか、「山の天気は変わりやすい」みたいな風景を地でいっているような光景です。いや、もちろんこちらは晴れているんですけれど。

 「山中湖って小さい印象もあるし、1周くらい軽い軽い」と思っていた人もおりますが、意外とデカい山中湖にびびったりもして、山中湖1周は今回は断念。


 …と、いきなり目的も見失い、しかし観光地にいて、仮にも火山地帯。時間もまだある…ともなれば、やはり温泉(^^;)。いくつか確認し、空いていそうな「かんぽの宿」を目指して入浴。人も少なくて、まったり出来ていい感じです。

 他にも温泉があったのですが、見た目混んでそうだったので離脱したところもあったんですけれど、うまく空いているところに着いて、「勝利だ!」とROUさんはのたまってました(^^;)まったく。

 まぁでも本当にのんびりできてよかった。超音波風呂もなかなか効いて。


 あとは適当に帰宅。富士吉田に戻るんですけれど、当然行きはひたすら登りで、帰りは戻るだけ…となれば、ひたすら下り下り。も~、一漕ぎもしないで駅に戻れるんじゃねーかっつーくらいのダウンヒルです。富士山麓の樹海の中を走り抜けたり、気持ちの良いものです。

 まぁ、大音響の馬鹿者どもはいずれ抹殺して頂くとしても(^^;)なにかあったらしい。

 ただ、ここにきてROUさんのMR20に異常が発覚。ヘッドパーツにぐらつきが発覚し、安定した走行が難しく…。一応自走できるものの…うーむ、大丈夫だろうか…。


 ともあれ、時間的に間に合った「ホリデー快速河口湖号2号」で帰宅。うーん、行きより空いているだけあって、自転車置きも楽にできるなぁ(^^;)。

 あとはひたすら寝ながら立川、西国分寺へ。日が出ている間に解散となりました。

 最高時速:43km/h
 走行距離:24.62km
 平均時速:13.8km/h
 走行時間:1時間46分

 …、2日間で100km超えちゃったよ(^^;)。しばらく自転車、見たくないなぁ(^^;)ぉぃ。…だもんで、しゃおらどんに預けているストライダ、取りに行くの、延期させてもらっちゃった(^^;)ぉぃぉぃ。

« 青梅から西荻まで走る | トップページ | 記念すべき年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/810809

この記事へのトラックバック一覧です: 忍野八海、輪行記:

» [GAAP]忍野八海ポタリング [sports silvia on BLOG]
先日,忍野八海でポタリングしてきたので,そのご報告.参加者は TOK(Gaap Wind),しゃおらさん(ストライダ),拝御さん(UKブロンプトン),ROUさん(MR-20),YuNKさん(和田サイ・ ... [続きを読む]

« 青梅から西荻まで走る | トップページ | 記念すべき年 »