2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 本業の質問 | トップページ | 似顔絵の描き方 »

2004/06/03

たまには時事ネタ

 時事ネタで言えば、今、話をするならば長崎・佐世保の小学校での殺人事件か。当初は動機が不明確で、いまいち実感のわかない事件だったが、時間がたつにつれ、徐々に全体像が見えてきた(まぁ正直言って、まだ動機にピンと来てないのだが…)。もっとも、未成年犯罪なので、全貌がくっきり見えることはないだろうが。

 ま、そこは当事者でもないし、その関係者でもない、近くに住んでいるわけでもないし、子供を持った親の身でもない、…と関連なさ過ぎな私なので、ここはあえて一歩引いて、別の視点を張り巡らせてみる。まぁ、TVや新聞で見える範囲だけだが。

 そうすると、まず最初に気づくのが、あまりにも素早い被害者の親の会見。報道当初から「某新聞社支局長」というのは聞こえていたので、ひょっとしたら、ひょっとするか…と思っていたら案の定、「報道側だったらどうして欲しい」という観点の元に会見を行ってくれた。

 これでちょっと心配なのが取材記者がつけあがること。他の事件の際にも早々に被害者遺族の会見を望むようになっちゃったり…とかすると、えらい迷惑なのでは無かろうか。本来、親族を亡くした遺族の悲しみというのははかりしれない。それも突発的な事件ともなればなおさらだろう。普通に病死した親族にだって、なんと声のかけづらかったことか…(;_;)大往生ならともかく、若死とかはなぁ…。

 無論、事件の被害者ともなれば、声を上げたい時もあるだろうに、そういう時にはマスコミも頼もしい存在足ることもあるだろうが、そっとしておいて欲しい場合もあるだろう。ただ、今回のケースに味を占め、一律に「早く情報が欲しい」「(TV番組としての)事件性が廃れる前に、印象的なシーンを撮っておきたい」等々の理由から被害者親族に接触を図ろうとする取材記者もいよう。そういうのにいい「前例」を与えてしまったことにならないか?…と危惧している。

 もっとも、会見を見る限り、当の父親は実感がないような雰囲気だった。実際そう話しているし。だから逆に「自分が取材側だったら、こうして欲しかろう」という機転が回ったのかもしれない。有る意味、それも悲劇だと思う。

 葬儀等は身内だけで行うことが、会見後に伝わってきた。やはり後から実感がわくなり、なんなりあったのだろうか?そこらへんは色々と考えられるところでもある。まぁ後から報道特集あたりで「独占密着取材!被害者親族のその後」とか特集番組が出てきたらがっくりきてしまうが…。


 あとはなにかあるかな。動機としてInternet上の書き込みが発端…ってあたりからその辺の論議も始まりそうな気も。

 まぁ実際、「文字だけで行われるコミュニケーション」に対する警鐘は早い内に鳴らしておいた方が良いとは思うので、それを教育に取り入れるのもよかろうて。逆に、そういう話とか今までしていなかったのかな?

 これから先、有る意味そういう文字だけのコミュニケーションでの「深読み」というか、「思いやり」とか「妥協」とか必要になってくる世界が広まってくるから(子供のコミュニケーションがそれにとってかわる…という意味でなく、増えるという意(社会に出てから、仕事とかでさぁ…)。…んでも「とってかわる」人もいるだろうか…(--;))、一律に規制するだけでなく、うまく利用する術を教育して頂きたいのココロ。まぁそのきっかけにでもなれば…。…なるかなぁ?規制の方が楽だからなぁ…。


 ああ、あと、関連取材の中で「パソコンが趣味」という語句が結構出ていたと思う。これには少し違和感を覚える。それをやり玉にしている…という点ではなく、「パソコンが趣味」という語句自体が不自然なのではないかと。

 パソコンが趣味といっても多種多様だろう。俺の親父…は、ちっと特殊だと思うが、ひたすらWordをいじくり倒している。どうもワープロの延長線としか捉えておらず、せっかくInternetに接続しているPCだというのに、ブラウザを立ち上げているところを見たことがない。

 しかし同じPCを時間別で使用している妹は、ひたすらブラウジングとメールの日々。

 この二人は言ってみれば「パソコンが趣味」とくくってしまえるが、たとえば妹が犯罪を犯した場合ぉぃ、同じ趣味だからその部分だけを見る…といっても、同じ指向性と言えるだろうか?

 パソコンといっても、情報収集と作文にしか使ってない人もいれば、コミュニケーションツールとして使っている人もいる。グラフィックツールに使っている人もいるだろうし、他の用途だってある。それらを複数組み合わせて使っている人もいるだろうし、そういう人々を「パソコンが趣味」というくくりでくくってしまって良いのだろうか?

 そういう視点の単純化によって今後の対応を検討されると、何か間違った方向に進んでしまいそうで怖い。せめて視点くらいは柔軟に、あっち見たり、こっち見たり、見方を変えたり柔軟にしてもらいたいものである。

« 本業の質問 | トップページ | 似顔絵の描き方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/703924

この記事へのトラックバック一覧です: たまには時事ネタ:

« 本業の質問 | トップページ | 似顔絵の描き方 »