2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004/06/30

これからのblog

 数週間前、さんざんっぱら「別のblogに乗り換えようかなぁ」…と騒いでいましたけれど、しばらくこのままでいようと思います(^^;)。とりあえず、夜間の書き込みできないぞ問題は解消していますし。なにやらコメント書くのに30秒かかる…という話もあるみたいですが…自分でコメント、滅多に書かないし(^^;)ぉぃ。

 生来の面倒くさがりが出てきた感じで(^^;)、別に不具合ないなら、今のままでもいいかなぁ…って感じですか。

 んでもポータルとか巡っていると、おいらのblogなんか比べものにならない、充実したコンテンツも多いし、そういう意味では「ココログ」というコミュニティにもう少しつきあってもいいかな…という感じです。まぁ、サポート役割なblog、もしくはわかりやすい(?)サポートメアドの掲載くらいは欲しいですけれど。

  スタッフがくまなく、あるいはココログ関連なカテゴリの記事を常に見ていて、マーケティングというか、「書かれた要望」に目を光らせて、サービスの充実を図っている…というのなら不必要ですけれど…っていうか、本当にそうなら、ものすごく良いアピールポイントなので、お知らせ頂きたいところですけれど。
(確か、いつぞやの「隠しページに指定されているblogが新着情報に表示される」という不具合も、blogの一記事として掲載されていたのは見ましたが…。まさかそれで改善に対応されたってことは…。元々周知の不具合とか、別系統のメールでの要望が来ていたか、のどちらかだと思いますが…)


 ただ、容量無制限、お絵かきツールもついているNAVERブログもちっと気になりますが(^^;)。しばらく併用って線で試してみるのも手か。無料だし。こういう時は無料サービスというのはいいよな(^^;)。金払っている方が有る意味、安心だけれども。まぁこないだのココログはそれに反したことになっていたわけですが。

 閑話休題。

 ただ、まだできたてということもあるんだろうけれど、まーだなんか雰囲気がなじめないっつーか…>NAVERブログ。海外のサービスというのも、日本語サポート面と、文化的にノリやすいかどうかってのも気になる。まぁなおさら様子見か。サービスに対する「全体的なイメージ」は、個人ユーザーとしては変えようがないですからね、そこにのっかるのが「勝ち馬に乗る」になるのか逆なのか…という不安もありますから(^^;)なんじゃそりゃ。

 まぁ一番の問題は、手を広げすぎると収集付かなくなるってことの方ですが。補給路も細くなると、防御が手薄になって、攻撃対象になってしまいますからね(^^;)意味不明。

原稿の行方・その2

 相変わらず、本業の原稿に四苦八苦している昨今、ふとそれがらみで沖縄の元上司とメールのやりとりが発生したのだが、その中で急にインスピレーションが沸いた。さすが、昔の3年のつきあい、わたくしのメンタル面のサポートがしっかりしてらっしゃる(^^;)ぉぃ。

 いや、単にラフの一案に「きちんとした名目」が立っただけなんですけれど、その骨太の骨子があるのと無いのとでは、作画に対する意気込みというか、クオリティ追求の姿勢が違ってくる。出来が左右される、重要な要素だ。

 その要素がしっかり「立った」ので、勢いに任せて作画中。ただ、よくよく考えてみれば、普段あまり描かない題材だったり(高校の時、1回だけ描いた記憶があるが、全然別の動物に見られてへこんだ記憶が…トラウマ?(^^;))、ちっとパースとかデッサンに力がいったりと、それはそれで四苦八苦中。まぁ、「何も思いつかない」苦しみよりは、よっぽどマシなんだけれど。

 夜遅くまで描いたり消したりしていたので、寝不足大突入中ですが(^^;)他に影響が…。それでも間に合うかなぁ…。

2004/06/29

blogを日記以外に活用するには?

 「日記以外のウェブログコンテンツを企画する」ですか。

 …うちの「雑記帳」とか「CG雑記」とかはダメ?(^^;)

 「雑記帳」からすれば、CGをカテゴリ別に表示するっつーのがウリで、基本的には「CG雑記」もそう。違いは「ジャンル」か「ツール別」か…っつーくらいなもので。運営する側からすれば、カテゴリに気をつけて日々データをアップしていけばいいだけだし、見る側もカテゴリを選べばいいだけなので、それで十分blogのいいとこ取りな使用方法だと思う。「日々更新される情報」を整理して見せられる、というのがblogのいいところだと思うので、そこを活かせられればいいんでない?(まぁ、CG Tipsが「日々の情報」かどうかは怪しいところだけれども(^^;))


 まぁ「雑記帳」「CG 雑記」はそれを生かし切れていないので、実際はカテゴリ表示のみのトップページを用意したり、とか、見せ方、レイアウトにも一工夫必要だと思うけれど、日記以外のフォーマットにするには。

 ともあれ、学生諸君の面白い発想に注目しましょう(どういう立場?>をれ(^^;))。大体、俺自身、blogをしっかり理解してないしね(^^;)。まぁほら、RSSを活かすって手もあるし。

今日のグルメ情報

 …っていうか、「京のグルメ情報」って感じか(^^;)。

 「京のお抹茶プリン」だっ!会社の上司がおみやげに買ってきてくれたのだが、これが美味い!抹茶ですか、抹茶味ですか。んでもお茶の福寿園が作ったのか、プロデュースしたのかわからんけれど、老舗が手がけただけあって(販売元は京みがわというところ)美味くまとまっているところがいいね!

 情報によれば、「みなさんのおかげでした」の食わず嫌い王でゲストが紹介したか、あるいは「はなまるカフェ」で同じく誰かゲストが紹介したかで、既に世には京都の新名物と周知の事実らしいが、全然知らなかった(^^;)。

 うーん、自分でも購入したいところだけれど、京土産じゃぁなぁ。検索でも販売元とかひっかからなかったし。ザビエルみたいに購入できないかなぁ…(JRのキオスク経由か?)。

 …そういえば、最近、ザビエル食ってねぇな(^^;)。

さようなら、先生

 …あり?「せんせいのお時間」がきちんと撮れていなかった…。なんか時間が変わっていたか?「あかずのトイレ」のあたりまでしか見られなかった。

 まぁ実を言うと、毎回HDDレコーダ任せに撮らせてはいたが、その「せんせいのお時間」はいまいち「テンポ」がおいらのそれに合致せずに、なーんか見ているともどかしい感じがして、あまり長時間見られなかったんだよなぁ…。

 そういうわけで、今回の12話も流し見程度に見ていたら…妙にソリが合う。お?珍しく「おいらにとって」当たりの日か?

 んでも、全部撮れていないんだって(;_;)。まぁ、しょうがない。そのうちまた同じ演出の回に回ってくるだろう…と思っていたら、リスト表示に「終」の文字が…。

 最終回かよっ!…(まともに)見てないシリーズとはいえ、最終回を取り損ねると、損した気分になるよね(^^;)。うーん、面白そうだったのになぁ…。まぁいいか。


 …って、そろそろ番組改編の時期か…。ちょっとチェックするかな。…って別にアニメばっか撮るつもりでもないんだけれど。

 なんかアニメの話しかしないけれど、ドラマだって見たいんだよ。DVDボックスだと、アニメなの持ってねぇんだぜ?探偵物語とか、踊る大捜査線とか実写の方なんだよ~。なんか面白いのはねーんか?うぉー!別にアニメだっていいぜー!面白いのプリーズ!

 もちろん、どうでしょうリターンズはチェック済みだ!(ドラマじゃねーよ(^^;)) …実はこっそり、「sakUsaku」にハマりつつわしででもある(^^;)謎。

原稿の明日はどっちだ?

 原稿描かなくては~!…と、思うと、「必然的」に筆が進まなくなるのが世の常でして…(^^;)。

 …わかるよね、ね?ね?(^^;)>ご同輩

 そんなわけで、筆が泳いでつい描いたのがこれ。

 ええ、あの方です>某方面の方々。おいらにとっては、こう見えるんです(^^;)。

 や~、もうなにがなんだかよくわかりませんな、この記事(^^;)。

 いや、もう、それっくらいテンパってます(^^;)いやホントに。

2004/06/28

締め切り早まる!

 むっきー!本業の方の原稿締め切りが急に早まったよ。今週中だってっ!?もう1週間余裕があると思っていたのに~…(;_;)。

 まぁ、もう一つの寄稿もん原稿が終わりに近いことが救いか…。衣服の塗り分けくらいで陰影が無いけれど、そこは勘弁してもらうか…。

 問題は本業原稿…、本業用の原稿なのに、本業就業時間中にとりかかっちゃいけないんだよなぁ…(^^;)。あ~、どうしようかな…。図柄が思いついていれば、家でさくさくって感じだと…思うのだが…、どーかな?

 うーん、うーん、どうしよう。んでも終わればゆっくり、せらばにアニバーサリーに取りかかれるか。…いや、終わらせないといけないんだけれど(^^;)。

不安定の原因

 おいらのメインマシンがT40pなのは(一部には)周知の通り。ただ、このマシンが実はこの間まで若干不安定だった。ブルースクリーンが出て、OSごと落ちることがたびたびあった。

 タイミング的に重要なデータを扱っている時でないことが多く、頻度も1週間に1度、あるかないか…ってところなのであまり気に留めてなかったのだが…、それを気に留めないとはおかしいと言うことにある日気が付いて(^^;)、対応を検討した。

 …とはいえ、再現性があるわけでもなく、Microsoftのエラーなんとかでのレポートでも「デバイスドライバの不具合」とだけ表示されて、どれが原因…というのまでは追求してくれない。

 そこでしばらくはブルースクリーンに悩まされつつ、そのままにしていたのだが…、ある日、「悪さしているのはノートン・アンチウィルスじゃねーか?」みたいな表示が出、それを機会にLiveUpdateをOFFにしてみた。

 …以来、1ヶ月くらい経つが、ブルースクリーンを見ていない。

 …ノートン(--;)。あるいは自宅、モバイル、職場と渡り歩く、ネットワーク環境が災いしているか?ん?

 ま、今は落ち着いているけれど、自分で時々Updateしてやらんのが面倒だけれども。

忍野輪行といえば…

 そういえばこないだの忍野八海の時、某女史を誘うのを忘れていたな。いつぞや、日程の関係で他のオフにその某女史が参加できなくなった関係で、日程決めたのはおいらだし、詫びにフォールディング自転車貸すので、忍野においで~…みたいなことを言った覚えがあるのだが、もののの見事に忘れていた(^^;)申し訳ない。

 まぁ、でも今回は、自転車に空きがなかったしなぁ(^^;)ほんとかよ。

 うーん、なんとかしてストライダの留め金をちゃんとして、予備機として復活させないとなぁ…。あの機能がしっかり働いてくれないと、女性どころか男性にも取り扱いが超面倒くさい代物に成り下がってしまうし…。

 …が、よくよく考えてみれば、これからの季節、女性に「サイクリング行こうぜ~」というのも酷な話か。…ほら、紫外線が。

 そういう意味でもますますこの時期はオフシーズンか。まぁゆっくりメンテでもすっか?


 ちなみに、真冬も自転車にとってオフシーズンなの?昔、バイク乗りだったおいらは真冬でも防寒ばしばしで乗りまくっていたから(かじかんだ手でクラッチが鈍くなったことが何度か…(^^;))、路面凍結とか積雪とか無い限りは、気温何度でもおそらく平気だと思うのだが…。

最近の西国分寺輪行倶楽部内情日記ぉぃ

 ブロンプトンは相変わらずダイナモ問題を抱えている。ROUさんのMR20は忍野輪行の際、ヘッドパーツ付近に故障が発生。ただ、これは修理でほぼ直った模様。YuNKさんのメーカー不詳(?)の折りたたみ自転車(改造費・オプション費は本体価格の倍以上らしい(^^;))も後輪のスポークが折れていたというトラブルに見舞われている。

 …うーん、ダイナモ以外はなんか疲弊って感じがしなくもない。やはり自転車も日々使用していると疲弊してくるだろう。そう考えると自前のメンテナンスだけではなく、業者に頼むメンテナンスも考えなければならないかもしれない。

 職場のBD-1乗りにも、そのうちベアリングあたりからなにから、フルメンテした方がいいんじゃない?とか言われているし。んでもそれを行う目安はどのくらいだろう?輪行とかでは走行距離はとっくに500kmは超えているけれど(通勤は入っていない。片道4km程度だけれど、平日はほぼ毎日乗っているから…400kmくらいか?)、購入してからはまだ半年経ってない。

 …1,000kmとかくらいが目安なのかなぁ?とりあえず走行そのものは今のところ問題ないけれどね>ブロンプトン。時々異音もするけれど、泥よけのゴム部分が折り返して、タイヤに当たっている…とかいうオチだし(^^;)あとサイクルコンピュータのセンサー部。

 まぁタイヤの溝には気をつけておこう。

 それに、フルメンテするにも車軸回りまで整備…って、素人がやってもいいのか?…っつーか、できるもんなのか?どこかに頼むべきだと思うけれど、んでもどこに頼めばいいんだ?車ならディーラーだよなぁ。…和田サイクル?(^^;)なんか迷惑のような気も。


 ブロンプトンのダイナモだけど、和田サイクルに代替品がないか確認してもらっているのだが、先週聞きに行くのを忘れた(^^;)。まぁ今週にでも。ただ、調べてみると非ダイナモ装備ブロンプトンにUKブロンプトン正規パーツなダイナモを付けている人が多いものの、それ以外の別メーカーのをつけている人もいるみたい。

 もっとも、ダイナモの取り付け方向が一般車と反対なので、多少の改造は必要なようだが。

 あるいはハブダイナモかなぁ…。抵抗がどんなもんか、重さ、料金がどんなもんかによるけどね。一応ブロンプトンに装備実績はあるみたい。

 もちろんまだLEDという手も残されているが、やはりダイナモあってのブロンプトンと考えるし、ショッパー付けてしまうと、意外とLEDを装備出来るスペースが無くなってしまうんよね。手はあるかとは思うけれど、…まぁ、やっぱダイナモあってのブロンプトンということで…(^^;)。

2004/06/27

火の鳥・最終回

 あ、火の鳥、今回が最終回でしたか。あまり見てなかったけれど、映画になっていなかったエピソードを結構密度の高いクオリティでアニメ化してたので、結構力入っているなぁ…と思いつつ、「時々」見てました(^^;)。

 原作で個人的に好きなエピソードは、「過去」のエピソードよりも「未来」のエピソードが結構多いタチでして、わし。…えぇっと、なんだっけ、ロボットとかの方が人間に思える主人公なアレ。あれが好きなんだけれど、今回のアニメの未来編も結構好きなんだよなぁ…って、ナメクジ章がねーじゃん!?ナメクジ章が重要なのにー!

 普通に人類誕生しちゃったら…まぁ、いいけれど…。…ナメクジ、かむばーっく!(^^;)ぉぃ

緑の思い出

 今日の鉄腕DASHはDASH村の里山探検。…うわー、なんか昔を思い出すなぁ…。昔住んでた国分寺あたりとか、田舎(お袋の実家)の田切(長野県)とかで、こういうこと、よくやったなぁ…。なんか懐かしい…。

 んでもこういうところ、本当に少なくなっているよなぁ…。

 国分寺のあたりは最近行ってないけれど、数年前に見たときは、畑だったところがマンションとかになっていたからなぁ…。雑木林も目に見えて少なくなってきていたし…。

 田切の方も護岸工事とかで緑が…というか、自然のままのところがどんどんなくなっていく…。まぁ、本当に工事しなければならないところもあるだろうが、自然のままの方がなぁ…。

 まぁ唯一の救いは、田切に橋(陸橋)をかけようという工事が正式に中止になったということか。しばらくはおいらの田舎も残るけれど…。

 んでもまぁ、今年もまた、田切に行こうかなぁ…。また花火見物とかもしようかなぁ。

原稿カキカキ

 この土日は夏に向けての原稿作成中。ただ、人に頼まれたもの、先行だけれども。印刷原稿になるようなので、せらばにCG集はCD-Rで出せば、前日まででどーにかなるし。

 …だもんで、トンボの振られたIllustrator上の原稿の上でマウスカーソルを走らせて居るんだけれど、…なんか、やっぱ創作活動~…って感じがして、いいねぇ(^^;)。早く自分の原稿もこういうノリノリで描きはじめたいな~。

 んでもその前に本業の原稿もあるんだよな(^^;)。自分から話を振ったので、しっかり責任を果たさなければいけないんだけれど(謎)、…全然案が思いつかない…(^^;)。どうしよう…。

ストライダの運命や、いかに

 昨日今日と久しぶりに自転車に乗らない土日だったような…。

 とはいえ、ストライダを回収するためにしゃおらどん家には行ったけれど。今までさんきゅーでした>しゃおらどん。

 うーん、それにしてもストライダ、悪い自転車とは思わないけれど、最近、どーも煩わしい。その最大の要因は、前輪後輪の固定がこれっぽっちもうまくとまらないということ。

 実際、ベランダに駐輪中の現在、折りたたんでいるものの、前輪と後輪は固定されてない。フックがうまくひっかかってくれず、5分以上も四苦八苦したのだが、これっぽっちも留まらない。仕方ないのでそのままにしてある。

 これが輪行時、折りたたみ時にかならず四苦八苦するし、しかも万が一うまく留まったとしても、移動中、必ず外れてしまい、転がし移動とかできなくなってしまう。これでは旅先での行動にかなり影響してしまう。…ので、愛想尽かしてしまうのも仕方ないでしょ?

 このままだったら、輪行しない人にゆずるか…、廃車にしてしまおうかなぁ…(いや、本当に)。

 なんかパーツを交換するだけではうまくいかない気がする…。んでも、これは和田サイクルに相談した方がいいのかなぁ…。なんか軽くストライダのカスタム欲がわき上がってきたんだけれど…、うーん…。

HDD換装の予定

 実はこっそりプロアトラスW3なんかを購入済みだったりする。

 しゃおらどんが持っていたソフトなのだが、検索ルートの勾配などが調べられ、自転車乗りとしてはそこらへんも加味したルート検討が行えるのが魅力。…だもんで、SuperMappleDigitalユーザだったりするもんで(Ver.4だけど)、アップグレード版(乗換含む)を購入しちゃったり。

 ただ、まだインストールしていない。さすがにDVD2枚組は躊躇してしまいます。T40pにインストールしたいんだけれど、HDD残量が1GBちょいということもあり、SuperMappleDigitalとかアンインストールしたり、HDD掃除しても、ちょっと難しいかも…。

 …ってところで、今の40GBHDDを換装しようと思うんだけれど、…まぁ5400回転な80GBあたりでいいかな、と。ただ、アイオーデータのソフト添付な載せ替えHDDだと、4万円近くしてしまう。バルクだと2万円とちょいといったところだが、ソフトが無い。

 このほか、余ったHDDを有効利用できるUSB2.0なHDDケースも購入し、HDDコピーも行うのにも利用したいので、出来れば出費は抑えたい。

 ハードは揃えないとどうしようもないので、せめてソフト面でどうにかならないかと考えてみたら、そういえばV2iProtectorとか持っていたんだよな、俺。

 ただ、さらに言えばIBMのPCなので、Rapid Restore PCを利用するって手もある。

 これらを利用すればハードの費用だけでHDD換装も行えそうだ。しばらくはその手法検討だな、うん。んでも来月には換装したいな。

2004/06/26

おいおい…

 相変わらず、ケロロはパロディネタ、大満載だな。

 大きなところでは、「ゴレンジャーネタ」がなぜかバスケになっていて「?」と思ったけれど、草尾毅が桜木花道だったのね。まさかスラムダンクネタで来るとは思わなかったので、ぶっとんじゃいましたよ(^^;)。

 まぁ、最初に「コブラ」が出てきたときからぶっとびましたが(^^;)。

 もっとも、それ以上に小雪たんにぶっとび萌えなんですが…(^^;)ぉぃ。


 あ、ついでなので、「サムライチャンプル」ネタも。話を重ねるに連れ、ますますチャンプルらしくなってきましたね。いまいちキャラが活き損なっているような気がするけれど、群像劇(?)と見ると、かなりいい線いっていると思います。30分でうまくまとまりましたね。

 逆に「いい加減さ」がうまくまとまらせる、いい要因になっているのかも。

2004/06/25

原稿の行方

 そういえば、覚えている限り、まともなおいらの手書き原稿漫画って、2件くらいしかないなぁ。

 絢崎くんに頼まれたせらむんパロと、電子妖精さんに頼まれた「泣ける」漫画、…ああ、あとべんちゃんに依頼された4ページくらいのエヴァ18禁パロか。…3件か(^^;)。あ、いや、エヴァパロはCGだったような気がする…(手書きで線だけ描いて、トーンはPhotoShop)。やっぱ2件かな。

 前者はせらむんの良さを知らないときに諸事情により描かざるをえなくなったので(^^;)ぉぃ、ネタにかなり苦心した覚えが…。結局、ハードボイルドタッチにしたんだっけか?(^^;)

 後者はどういう話だったか覚えてないけれど…、話的に「解夏」に近かったような…遠いような…(^^;)ぉぃ。むしろ、トーン張りに懲りまくったような覚えが…。

 どちらも、原稿も掲載誌も無いから、どういう漫画だったのか、いまいち曖昧。デジタルデータでコピーが残せない分、不便だけれど、逆に思いは深い気がする。

 とはいえ、FDで出していた頃のCG集だって最近は掘り返せなくなっているし、そもそも5インチFDに収録された春麗CGだって見られなかったりするので、それはそれでノスタルジック(^^;)ぉぃ。

 まぁ昔の、普段目にしない自分の生産物というのは、アナログにしろデジタルにしろ、均等に懐かしいっつーか、なんつーか…。

  …え?「遠山のAKAZU金さん」?…思い出したくもない(^^;)。

しばらくのblog予定…とか

 えーっと、ちょっと今、ネタ不足です。

  …というよりは、意外と夏コミ原稿が貯まっていることに気づいたっす(^^;)。それも、夏コミ原稿ではなく、それ以外の頭を悩ます原稿が混ざっていたりして…(謎)。

 まぁでも、友人に依頼された原稿と、やはり10thアニバーサリー・せらばにCG集くらいはどーにかせんといかんと思うし、その前者は締め切り早いし、その次は謎の原稿…と、結構立て続けに締め切りが遅い来る予定なので、ちょっとblogに気が回らないかもしれませんので念のため。

 そんなこといっていてもおそらく、「逃げ」で結構頻繁に更新しそうな気がしなくもないが(^^;)。


 ん~、しかし一件、「紙に出力して入校」ってのがあるんだけれど…、久しぶりだなぁ(^^;)手書き原稿作成される方への寄稿なので。

  デジタル入校に慣れきっているので、印刷出力なんてどーすればいいのか、すっかり忘れちゃったよ(一番最初に個人誌作ったときからデジタル入校だった(Win3.1時代よ(^^;)))。…というか、出力機器を全然整備していないなぁ…。昔はレーザープリンタとかも用意していたけれど、「LaserWind(…だっけ?)の悲劇」に見舞われたりして、大変だったからなぁ…。なんかイヤなトラウマが…(^^;)。

 どこか出力センターとかで出力してもらえばいいかな。…ポプルスか?(^^;)あるいは最近都心ではやっているとかいないとかな「オフィスコンビニ」とか利用した方がええのかな。おいらん家近所にあるのかどーだか知らないけれど…。

2004/06/24

輪行に合うGPSは?

 米田さんのページでGPSの話が出ていますね。

 そういえば西国分寺-青梅-多摩湖サイクリングでも、忍野八海でも、GPSがあれば…というケースが何度かあった。現在地がわからないものだから、ルート上、そこから先どう行けばいいのかわからず、地域住民の聞き込みや、勘だより(^^;)で難を逃れたが、やはりGPSがあった方がスムーズに事が運ぶ。

 そう考えると、おいらが持っておいた方がいいGPSユニットはなんぞや…と気になり始め、イラストを描く時間を惜しんで調べてみた(^^;)ぉぃぉぃ。

 新しくmiro168を購入するか、GPS専用機を買うか、はたまたauのGPS携帯か…と。

 ただ、考えてみればおいら、ザウルスも持ってたんよね。そーすっと、qpeGPSとCFGPS2でどーにかなっちゃいそうです。価格にすると、2万円しない…。ランニングコストもかからない。一応CFGPS2にも地図データがついてくるが、もう少しバージョンが新しく、きちんとPDA書き出し機能のついたSuperMappleDigitalVer4も持っていたりするし、意外と安価に環境整えられるんじゃないの?…という気がしてきた。

 ただ、よく考えてみる。問題なのはPDA系GPSの場合、測定する予定の周辺の地図を書き出してPDAに入れておかなければならない。実質、日本全国のデータを入れておくのはおそらく不可能。必要最低限の地図しか入れないことになるだろう。

 そうすると、気まぐれな旅の場合はどうなるか?青梅の旅でも当初の予定では多摩湖周辺の走行は念頭になかった。そうなると緯度経度くらいはわかったかもしれないが、地図で場所までわかっていたかどうかは疑問だ。

 西国分寺輪行倶楽部としては、ある程度は予定を決めるものの、基本的にはルートを決めない走行というのが主になると思う。なんつっても「いきあたりばったり」がモットーですから(^^;)。そうするとPDAだとカバーしきれない可能性が高く、実用性は疑問だ。

 まぁ、紙地図と緯度経度だけわかるGPSを組み合わせる…って手もあるけれど、分、秒までわかる地図ってあまりないんちゃう?照らし合わせるのも面倒だし。


 ただ、ザウルスの場合、モバイルナビという、GPSと通信による地図のダウンロードを組み合わせたサービスというのが存在する。それを利用すれば出先でインストールしていなかった地図も使用できる可能性が高い。

 ただし、1つしかないCFスロットでGPSとPHSを入れ替えられるのか、そこらへんの使い勝手はカバーできるのか、不明な点がある。また、利用携帯が「毎月払い」のサービスというのも、ちょっと扱いにくい。使いたいときだけ課金…というのならともかく、出かけない月とかがあったらどーすんの?

 ちょっと不明な部分も多いので、この手段は保留。


 …となると、次に候補としてあがってくるのはGPS携帯か。

 しかし、GPS携帯の場合はランニングコストがよく問題にあがる。地図のDL代っていくらやねーん!…と。歩行ナビ、それもそれを行動範囲の広い自転車でやれば、そりゃぁ高くなるだろうよ。しかし、ならば“ナビ”に使わなければどうだろう?大体どこに行くかは紙地図で調べた方がすぐわかる。画面の大きさと紙の大きさは比較するまでもない。その上で走行ルートを考えた方が、有る意味簡単だ(自転車のルート程度なら)。

  問題なのは「現在地がわからなくなった」時だ。そのときだけGPSを使う…という使用パターンにしてしまえば相当費用を抑えられるはずだ。

 まぁさすがに1日の走行中に頻繁に現在地確認していれば、ナビするのと同等なパケ代がかかってしまうだろうが(^^;)。

 とはいえ、個人的にGPSが必要になってくる輪行などはそう頻繁に行かないであろうし、そうするとさらに使用頻度が低くなる。そうするとあまり心配する必要のない維持費におちつくのではなかろうか?

 …となると、最適なのはGPS携帯という気がしている。今の携帯から換えてしまえばいいだけのことなので、番号変更案内とか面倒だが、そんな難しいことではない。

 問題なのは、GPS携帯のメインであるauでは、無料通話分繰り越しサービスが無いと言うことだ(^^;)。おいらの場合、これが結構重要だったりする(あまり携帯、使わないんで(^^;))。そこさえなんとかなるなら、すぐにでもボーダフォンからauに乗り換えたいところなんだけれどなぁ…。

2004/06/23

久々ヒットのトリビア

 ここのところちょっと元気の無かったトリビアですが、久々のヒットが発生。

 “一青窈の「もらい泣き」の再生速度を遅くすると、平井堅が歌っているように聞こえる”にはびっくりした!鳥肌立った!感動した!(^^;)本当に平井堅に聞こえるのはなぜだ!なぜなんだーっ!?すげー、すごすぎるぞ!なんかノーマル速度の「もらい泣き」が速く感じるくらいだっ!(^^;)

 いや~…、録画しておいてよかった。もう何度も聞いてますよ(^^;)。

 しかし…これはつまり、一青窈の声を間延びさせてもしっかり人の声に聞こえる、密度の濃い声ってことでもあるのか?

 うわ~…最初に気づいた人は、どうやって気づいたんだ?あるいは逆に、平井堅の歌で速くすると、一青窈が歌っているように聞こえるのがあるのか?(^^;)ゴールデンであそこまでミジンコで盛り上がったことがあったのかっ?(違(^^;))

お絵かきblog?

 相変わらず新blogを物色中。最近ココロ惹かれているのは…NAVERブログ、かなぁ…。まだ全貌がわからんからなんとも言えないけれど。

 ただ、お絵かきツールが標準装備…っつーのは面白そうだ。早速試してみると…。

04062301.png

 おお、普通に使えるじゃん。もっとも、よくは知らないんだけれども、お絵かき掲示板とかでも結構多機能なJavaなソフトもあるんやて?それよりは…もうちっとか?まぁ、透明度が指定できたり、レイヤーが使えるだけでも十分っすけれどね。

 まぁ本格サービスが始まってから、どうこう検討しますか。

notaの使い心地と期待

 そうそう、時々話題に挙げている、notaを使わせてもらっている。リンク先のるむりんさんのご厚意で、メンバー権限で新ページなんかも作れるようになっている。ありがとうございます。

 このnotaはロリポップ上のサービスだが、現状はベータテスト期間…なのかな?ともかく限定数のみの稼働になっている。

 とりあえず個人的にこのnotaに期待しているのは、今まで以上のコミュニケーションツールとしての使いやすさ、…と同時に、個人用ホームページ作成ツール、つまり「余計な手間を取らずに、情報発信に専念するためのツール」としても期待している。まぁ単に「HTML知らなくてもホームページが作れる」ってモノなのかどーかってこと。

 とりあえずちらっと触った感じは、それも出来そうな感じだが、…うーん、完全に白いキャンパスに自由に配置…ってもんなので、逆にセンス無いと魅力的な見栄えにならないかも。有る程度行間開けて整頓されて表示されるって、それで結構、様になるもんなんだねぇ…と今更ながら認識(^^;)。

 さて、nota。なんかビットマップ系を貼り付けると、どーもギャザが出る感じがする。個人的にはIllustratorで作画していることもあり、Flashデータでアップロードできるので、あまり不都合はないが(個人的にはSVGがベストなんだけどな…)、ちょっとどーかな…?という気がしないでもない。

 まぁでも、それ以上に面白い使い勝手で、どういった表現力があるか未知数だし、色々試してみたいところでもある。

 とはいえ、そういう時間が確保できれば…なんだけれど(^^;)。

夏用サイクリングウェアを考える

 夏に輪行はしないとは言ってはいますが、行きたくなったらどーせ行くのがおいらのさだめ(^^;)ぉぃ。だったらせめて服装はしっかりしておかないとね…とは思うんですけれど、ではどういった服装をすればいい?

 一番いいのはサイクリングウェアでしょう。近いところではY'sパークとか、他にも探せば色々あるでしょう。

 ただ、個人的にはあまりサイクリングウェアは好きではありません。自転車はあくまで移動手段であり(例外:郊外のサイクリングロードに走りに行く)、その先での行動・遊びがメインであり、そうするといかにも「サイクリストです~」と言わんばかりの格好が、目的地での相手にどう作用するかがわからない。

 できればスタイルからはフラットに相手方に接したいと考えるので、出来ればふつーの普段着が望ましいと思う。

 また、出来れば肌を露出したくない。紫外線に弱い肌なもので、一応日焼け止めでかなりブロックは出来るものの、あまり塗りが上手でないこともあり、信頼しきれるものではない。薄手の生地だとUVカット仕様でもないとあまり意味無いとは言われるけれど、完全に露出するよりはマシなので、長袖、長ズボンが望ましい。

 その範囲でいいの、ありますかね?(^^;)

 ただ、ズボンから言えば、こないだ青梅行きで履いたユニクロのドライ素材を使用したチノパン(だったかな?が意外と心地よかった気がする。汗をだばだばかいたハズなのだが、そこらへんの不快感をあまり感じなかった。サイズもぴったりなものだったので、裾が邪魔で…ってこともなかった。ちっと明るい色のものだったので、あっという間に汚れが目立つ…ということもあったけれど、違う色のをまた買えばいいし、ちっとそこらへんで済ませてしまおうかな…という気にはなっている。店舗も近いし(^^;)。

 しかし、青梅行きの際では長時間乗車がたたってか、サドルにあたる部分が痛んでしまったりもしたので(見た目はあまりわかりませんけれど、触ると明らかに他部と違って、ごわごわに…)、そこらへんは耐久性の問題もあるかもしれません。やはり専用のパンツの方が良いのかもしれませんが…。

 また、ユニクロで言えば、同じくドライ素材のなんとか…っていうTシャツも、しゃおらどんに勧められたし、意外と自転車乗りご用達?(^^;)ただ、半袖とかがメインで、長袖が無いのがつらいなぁ…。ドライ素材の長袖って無いかしら?一応地味なヤツなら確保済みなんだけれど、本当に地味だから、あまり好きではないんだよなぁ…。長袖の上から半袖でも羽織ればいいかもしれないが、さすがにそれは暑いし…。うーん、ユニクロ以外でそこらへんの、無いかなぁ。

 沖縄に引っ越したとき、一番最初に沖縄の人(タクシーの運ちゃん(^^;))に言われた沖縄在住の秘訣、2つの内の1つが、「夏でも長袖、買って着ること」だった(ちなみにもう一つは、「オービスに気をつけろ」(^^;))のだから、夏の長袖は沖縄でも当たり前の話であり、これからも本土でも紫外線対策など重要視すれば、その中からデザインも重視した夏の長袖というのも出てきてもおかしくなさそうなのだが…そういうブランドってねーかね?

 夏は色黒が健康的…ってのがメインなんだろうけれど、オゾン層も薄い昨今は、そんなコト言ってられないんじゃねーか?あ、黒い方がメラニンで紫外線、ブロックできるか(^^;)。黒くならない体質だからな、俺。

 まぁ適当なところで考えましょう、うん。

2004/06/22

く・る・ま!

 サイクリングの際に聞いた話なんですけれど、東京フレンド・パーク、最近放映分は「パジェロ、パジェロ」というかけ声、「車、車」になっているっつーのはわかるんだけれど、撮り貯めしていた分から音声差し替えで対応しているもんだから、口パクと音声が一致してないとか。

 幸いにも(?)月曜を迎え、早速それをチェックしてみると…確かに口の動作とかけ声がリンクしてねー!(^^;)なんか「これはいついつ収録しました」とか収録日のお断りテロップまで流れているしー。…色々大変なのねぇ。

ブロンプトン細部改良誌

 あー、そうそう、ここのところ輪行がたてこんで…って、青梅は輪行じゃなかったか(^^;)。ともあれ、ブロンプトンの輪行について検証結果をいくつか。

  ベルトを付けたのは正解だった。コロコロ2輪でも転がしやすく、腰への負担も劇的に減少した。駅のコンコースの移動程度なら、これで万全…かと思いきや、なかなかそうもいかない事情があった。

 どうもハンドルを削ってしまうらしい。

  ブロンプトンを折りたたんだ状態をよくご存じの方ならずぐにわかると思うが、後輪を左右位置でセンターとした場合、重心もセンターに…といいたいところなのだが、ハンドルを折りたたんでいる関係上、そちらに重心が傾いてしまう。つまり、ハンドルのある側に傾きやすいということだ。

 普通にサドルを持ってブロンプトンを転がす場合、手首で左右の傾きが固定されるのであまり気にはならなかったが、ベルトで引っ張る場合、ベルトは左右の揺らぎまでは固定せず、ブロンプトンを引っ張っているときに左右に傾く揺れを抑えることは出来ない。

 必然的にハンドルの方へブロンプトンは傾き、折りたたまれて下に向いているハンドルが床面に接触してしまうわけだ。これにより、一応コロコロで転がるものの、ハンドルは削れるは、ハンドルの接触によりひっかかりが生まれてしまうわ、あまり好ましくない状況に陥っている。

 解決策としては4輪にすれば、車体も安定して揺れは無くなると思うが…重心の話なのでなんとも言えない。S字フックも用を成さないだろう(いや、ある程度は固定してくれるか?)。サドルを固定して引っ張れるよう、なにかしらの延長ハンドル(旅行用キャリアみたいなあれ)ででも固定して引っ張れれば、2輪ででも良いと思うが、そういう都合のいい拡張パーツなんてあるだろうか?…っていうか、そんなんつけたらサドルバッグが使えないかも。

 まぁそんなわけで、よく思い出してみれば、ノーマルなブロンプトンの荷台のタイヤが片方に偏っていたのは、そういう重心まで見越した設計だったのかなぁ…と、今更ながら関心してみたり。んでも今の大きさのコロコロだと、重心を念頭に置いたレイアウトには出来ず、両方均等に設置するしかないんだよなぁ…。もっと小さいコロコロだったら…。

 あと、折りたたみ時のハンドルの固定がままならない。ブロンプトンはともかくどんな折りたたみでもきっちし折りたたまれるのが特徴なのだが、KLICKfixのアダプタをフロントに装着しているため、それがフロントフォークに干渉し、正規な折りたたみ位置まで移動できず、きちんとフックに収まらない状態になっている。

 もちろんKLICKfixのアダプタもできるだけ干渉しない位置に装着しているのだが、重い荷物を載せたりして荷重がかかると、自然と位置がずれてしまい、どんどんフロントフォークに干渉する位置に来てしまい、ハンドルがなかなかフックに収まらない状態になってしまう。

 とりあえずマジックテープ付きのバンドでハンドル全体を固定してはいるが、移動中に外れてしまうこともままある。そうするとただでさえ重心の位置が悪いのに、一気に転倒位置まで重心が移動してしまい、引っ張ることすら出来なくなってしまう、非常に不安定な状態だ。

 KLICKfixを外してしまえば一気に問題は解決するのだが、それではショッパーなども取り付けられず、せっかくの積載量が台無しになってしまう(これには別の解決策もあるのだが、それはまた別途)。

 実はブロンプトンのハンドル部分はステムとの固定のために幅広になっており、アダプタをその中心に寄せておきたいものの、その幅広のおかげで中央にとどめておけないのよね。アダプタの片方をその盛り上がりの形状に合わせて加工すれば、ズレて移動する…ってこともなくなるとは思うけれど、いまいちリスクが高いような気がして、実行には至っていない。

 ともなれば現状、KLICKfixをそのままに、ハンドル折りたたみを解決するには、固定をしっかりしたバンドで止める必要がある。マジックテープではなく、ツメで止めるヤツ。そこらへんを入手し、試してみることにする。んでもどこで手にはいるかな…?


 まぁ色々問題山積なブロンプトンだが、新しく発見した良い点も無いわけではない。ささいなことだが、下りが妙に速いことがわかった。ベアリングのせいか、ペダルを漕がなくても速度が出るのだ。忍野の時も、下りのところでペダルを止めていても、他の自転車をさくさく追い抜いてしまうのだ。まぁ、おいらの体重が重いからかもしれないけれど(^^;)。

 まぁでもベアリングのおかげなら、パワーロスが少なくペダルを漕ぐ力が車輪に伝わっているってことでもあるわけだから、それはそれで気分がいい(^^;)。

次の輪行は?

 さすがにあの炎天下の中、いくら気分よく走れた部分もあるとはいえ、100kmも走った後だと、ちっとげんなりもしていたり(^^;)。翌日は台風もあって、普段の自転車通勤も取りやめたり(^^;)翌々日は走っておりますが。

  ただ、自転車熱だけは冷めておりません。またなにかあれば走りに行くつもりです。

 とはいえ、今のところ予定はありません。こないだの青梅だか忍野の際、「7~8月は自転車のオフシーズンだ」発言もあって、当面紫外線・暑さ回避として、控えようと…。まぁそれでも走りたくなったら走りたい男なんですけれどね(^^;)青梅のパン屋くらいは行くです、輪行で。ああ、今度はROUさんやYuNKさんと行くって手もあるか(だったら最近土日も多忙なROUさんにもすぐに1ネタ提供できるな(窯焼きのある土曜限定だけど))。

 次は秋…と考えると、やはり紅葉ですか。こないだの森林公園は緑一色で風景に変化が無く、一部に不評でしたが、紅葉となれば別になるんじゃないですかね?再度頃合いを見計らって行ってみます?

 サイクリングコースではなく、生の道(?)が良いというのは森林公園とその周辺を走ったしゃおらどんの意見ではありますが、それも納得できるところなので、魅力的な地域でも見つけたいところ。ただ、どこになりますかねぇ?森林公園周辺は走りやすかったですけれど、ああいう農道とかがいいんですかねぇ。

 …夏の八ヶ岳周辺とか、結構走りやすくて涼しくて、蕎麦がうまそうな気も(^^;)ぉぃ。

 ともあれ、なんか今からでもネタ、募集中。なんかまたTV番組見て「あそこがいい!」とか自分で言い出しそうな気も…(^^;)。

2004/06/21

おいらに一番欠けているミネラル?

 昨日、あるある大辞典を見た。酸素の吸収がしっかりできないと、物忘れしたり、眠くなったり、脂肪燃焼が効率悪かったりするらしい。その他のことにもどーも思い当たる節が多く、自分、酸素不足人間という気がする。視力とか、そのあたりは至って問題ないのだが…。

 摂取すべきは鉄分…何鉄つったっけ?(^^;)ほら、もう忘れてる あ~、でも、ヘム鉄だったっけ?(思い出すのに半日かかってます(^^;))レバー、あさり、しじみ類…ってことなんだけれど、本当に取らない種類だなぁ~(^^;)。とはいえ、今後も改善されるような食材でもないし…(^^;)しろよ。

 うーん、サプリメントで対応すっかな~。最近全然飲んでないしな。集中力、記憶力が上がるだけでもかなりありがたい効能なので、忘れないようにしなければ。

 …あ、なんかそれを忘れそうな気がする…(^^;)ぉぃ。

記念すべき年

 実はこないだ、ロイヤルに行ったんですけれど、その際に南瓜大王にあることを言われました。俺の「私事」なんですけれど、自分では全然気が付いていませんでした。

 そう、今年は「せらばに生誕10周年」なんだそーです!

 10thアニバーサリーってやつですか?(^^;)ぉぃ どうも一番最初のせらばにのタイプスタンプが94年だったそうなんですよ。…だもんで10周年。…10年かぁ。なんか昨日のことのように…はさすがに思いませんけれど(^^;)、そんなに時間が経ったようには思えないなぁ…。

 草の根BBS時代から描いてきたからなぁ…、最近はちっとお休み気味だったけれど、ちっとこれを記念になんか特集してみっかな。

 まぁ順次アナウンスしていきますんで。

2004/06/20

忍野八海、輪行記

04062001.jpg 昨日青梅マラソン…もとい、紫外線耐久サイクリングぉぃをいやってほど味わいましたので、本日はゆっくり休息…と思いきや、今日は今日で富士山麓の忍野八海に輪行に行くことになりました(^^;)。

 …ハマりすぎだぞ、おい(^^;)。

 しかしまぁ、ROUさんとか、自転車持っておきながらなかなか参加できない人もいるので、こういう機会を逃すとひたすら逢えない可能性もあるので、チャンスは逃さないようにしないとね。

続きを読む "忍野八海、輪行記" »

2004/06/19

青梅から西荻まで走る

 とりあえず、ブロンプトンでの最長距離走行です。いや、どの自転車でもこんな距離も時間も走ったことない…。

 最高時速:48km/h
 走行距離:84.85km
 平均時速:16.2km/h
 走行時間:5時間13分

 きかけは、私の一言でした。「青梅にあるパン屋のパンが食いたい」…そう思って、どうせなら自転車で行こうと。

04061901.jpg おりしもTOKさんがGaapWindを購入したばかり。ヤツのポテンシャルを見極めておきたい…と、かっこいいことを建前にしたものの、自分の方のポテンシャルがそもそも他と張り合えるモノではないことに気づいていなかったり(^^;)なんのこっちゃ。

 まぁ、先週長距離走ってないこともあるし、ちろっとそのパンにかこつけて、足を伸ばそうと。まぁそういうことです。

 で、そのGaapWindなTOKさんと、アレックスモールトンなしゃおらどんとで西国分寺を後にしました。

続きを読む "青梅から西荻まで走る" »

2004/06/18

blogの続け方

 またココログな話題で申し訳ないが、ココログというよりはblog、いやさ、日記な話を書いてみる。

 とりあえずココログ中心で考えると、ちょうど今、「プラスとかプロとか無料キャンペーン中だったけれども、有料化にあたって継続して使用しようかしら、どうしようかしら」という頃合いだと思う。それに関連して「こういった活動をこれからも続けるか?続けていけるか?」と悩まれている人も…いる?ぉぃ

 まぁ個人的には今のblogは一過性のものだと思う。ブームが過ぎれば無くなっている…とかは思わないし、ツールとしては広く認識され、ビジネスにも使われ…っていうか、これは是非職場に導入してもらいたい。現状、HTMLとFTPが使える人間にしかメンテできない、それができるのがコンテンツ製作者の条件というのは、もうナンセンスのような気も。たかだか文字のリスト程度のコンテンツだし。

 もちろんセキュリティの問題もあろうかとは思うけれど、ブラウザだけで大抵のことが出来てしまうこのツールこそ、非(HTMLとかの)専門者にも門戸を開く(管理者を拘束しない)便利なツールだろう。

 閑話休題(^^;)。

 えーと…で、何を言いたかったんだっけ?(^^;) …あー、えーと…まぁ、たまたま自分の過去を振り返ってみたら、なんと平成8年からWeb上で日記を書き続けているんだよね。

 最初はホームページのただの更新履歴だったんだけれど、すぐにグチりはじめて…(^^;)。気が付けばもう8年か…。俺にしては長く続いているよなぁ…。まぁ仕事が忙しいときとか、長いときで1ヶ月休止していたりもするけれど。

 基本的には他ブロガーに「継続は力なりよ~、がんばれ~」と言いたいだけの話なんだけれど、なんか途中から妙にノスタルジックにおそわれるな(^^;)。昔はそうでもなかったんだけれど、生活、あるいは旅先でトラブルに遭うと、「これは日記のネタになる」と妙にポジティブになったりして(^^;)ポジって言うのか?

 日記がきっかけで友達になったりする人もいるし、元々友達だった人のフィードバックというか、リアクションが励みになったりしてねぇ…。

 そう考えると、日記の維持のミソは、日記以外の活動にあるのかも。回りを見れば結構ネタ…というか、日常というのは結構刺激的なモノと気が付いてくる。若い連中の中には「大人の日常なんてつまらない同じコトの繰り返し」という向きもあるけれど、まぁ確かに日記ネタに苦しむ平凡な時期もあったりするけれど(^^;)、それは単に視野の狭い、そいつ自身がつまらなくなっている証拠ってことにも気づいたり。

 ま~、なんというか、blogがブームの今なんですけれど、それが面白いというのなら、それ以外のことに目を向けるのがそのおもしろさを持続できる秘訣なのでは…?という話でした。まぁ、日記ならいざ知らず、blogはそういうもんだ…というのなら余計なお世話なんですけれど(^^;)まだいまいちblogのイメージがつかみきれてない…っていうか、「日記」と同列にしか考えられない。


 それにしてもこの記事書くにあたって軽く過去の日記を読み返したんだけれど、沖縄時代の初期、なんか一部、名古屋時代のROUさんの雰囲気に酷似していて、ちょっと鳥肌立ったわ(^^;)どことは言いにくいんだけれど。

サムライ・チャンプル 4話

 なぜか知らないが、ここのところサムライチャンプルの検索で来る人が多い。なんだろな?なんだろね。まぁそんなに注目しているなら、4話の感想でも書いておきましょうか。

 以心伝心その2(完結編)ですが、個人的にはチャンバラを少なくした分、ドラマの方に注力したな、という印象。そしてそれがバランス欲まとめられたな、という感じ。結構各々のキャラクターも立っていたし、…ジン以外は(^^;)今回は損な役回りだよなぁ、んでもいなければ困る立ち位置だし…。まぁ、当人は気にしてないと思うが。

 やはり時代劇を1時間番組で行った、手堅いコンセプト。ただ、主要キャラの挙動が普通の時代劇ではないので、そこらへんで意外と展開読めなかったりして面白いし。また、石松のラストは普通の時代劇だとまずありえない展開っぽく、しかし玄人好み…って感じで、これも好印象。

 話的に なかなか個性の出た「以心伝心」だと思うが、もっとはっちゃけようと思えばはっちゃけたと思う。とはいえ、シリーズものなんだし、これから先もあるのに今からラストスパートかけられても息が続かない…と思えば、初期の佳作的なエピソードとしてなかなかいい手堅さだと思う。


 あと、ちらっとあった斬り合いの部分で、ひょっとしたら編集加えちゃったかな…ってところが一カ所。まぁ…あの事件の影響かなぁ…という気も。深夜もツラいのかも。

俺がココログにせねばならないこと

 …というと、なんか変な話なんだけれど、なーんかここのところのココログ不調で憤慨するところなんだけれど、なーんかいまいち怒りきれない…というか、なーんか忘れているような気がするんですよね。


 …あり?なんだろ?何を忘れているんだ、俺?


 …あっ、


 こういうことかーっ!?(^^;)忘れてたーっ!!(^^;)ぉぃぉぃ

 あわてて描いたので、雑で色無しでゴメん。いや、今後、抜本的な解決を図りますので(^^;)超ぉ。

2004/06/17

自転車・小ネタ雑記その2

 ココログばかりな話題を回避するためにネタを考案。んでも思い浮かぶのは自転車のことばかり(^^;)ぉぃ。

 とりあえず、ブロンプトンをちろっと整備。まぁフロントバッグ用アタッチメントの付け直しと、サビ落とし、チェーンに油っつーくらいなもんで。


 KLICKfixのアタッチメントをハンドルあたりにつけておくと、ブロンプトンの場合折りたたみの邪魔になってしまう。…ので、アタッチメントをできるだけ左によせるようにはしている。そうするとぎりぎり折りたためるようになる。ただ、はずれやすくはなっているので、折りたたみ時は足の裾止めに使っているマジックテープなバンドで固定を補助しているが。

 で、これをZOOMのハンドルポジションチェンジャーで移動させ、折りたたみの邪魔にならないようにならないか~…と調整したことがあるのだが、これがうまくいかなかった。全然ダメ。かならずどこかが折りたたみ時のフロントフォークに干渉してしまう。

 アタッチメントを元に戻したとき、 あまりの落胆ぶりにネジがゆるゆるだったらしく、ショッパーを取り付けると「ぐでっ」としていたのを直したわけ。今度はきっつきつにしめてあるから大丈夫でしょう。

 ただ、やはりショッパーにT40pの入った鞄を入れると、5kg近くなる荷物なので、アタッチメントが保つかどうか不安。もちろん一応ワイヤーで補強はしているけれどね。


 サビ落としはオリンピックの車用品のところをうろついていたら、それ専用の溶剤を発見。例の薄いさびの出てきたシートポストに使用してみた。効果はてきめんだったのだが、薄いサビ相手に暗い場所で作業したのがマズかったのか、いまいち溶剤が患部に当たっていなかったらしく、全部落ちているわけではない。また週末にお日様の下でやらないとね。

 ただ、さびが(一部だが)落ちたのはいいが、金属部分全体がうっすらくすんでしまったような気がする。うーん、この部分はつやっつやのてっかてかの方がいいな~(^^;)。ん~、つや出しクリーナーみたいなのも併用してみよう。その後防錆処理だ。


 チェーンに油はこまめにしないとね…と思っても、結構忘れがち(^^;)。購入してからまだ2度目の注油。ただ、油を差すと、結構クランクの回りが良くなるのよね。後は空気圧も見ないとね。週末にかけて、確認すっか。


 ま、来るGaapWindとの対決ぉぃに向けて、コンディションを整えておかないと。サドルを出来るだけ後ろに下げたり、前傾姿勢になるように角度もつけておくか。ただ、西国分寺-多摩川間を往復30分で走破しているらしい。うーん、そのタイムはブロンプトンにはちとキツいか?やはりF20RCか?ぉぃ

ココログ・リニューアル(?)インプレッション

 ココログの大規模メンテナンスが終了した。たまたま家に持って帰った仕事(一部爆)が忙しくて、メンテ前後の投稿など行えなかったのだが、アクセス解析を見るくらいのログインの限りは、その時間としては結構軽かった。比較的瞬時に集計が表示されるという感じ?

 ただ、メンテナンス終了時刻がズレこんだり、ユーザーもその時間帯を避けた可能性もあるので、日が変わってから試す方が良いかもしれない。


 移行はまだ検討中。意外とココログの「ここが使いやすい」という点が、他blogでいまいち解決されていないのに気が付かされる。たとえば複数blogを持つとか、画素数・容量制限無しに画像が貼り付けられるとか、容量が比較的大容量とか。

 そう考えると結構ココログ捨てがたいのかも。


 容量といえば、今現在50MB上限で、5MBほど消費済み。ただ、これから先、画像のアップロードのメインがSVG画像となると、なかなか容量をスリム化できず(一画像あたり200kB前後?Flashになるともっと小さくはなるが…)、ちと頭を悩ませている。ココログ・プロにするという手もあるが、プロの他の機能を使うほど使い込むとも思えないし…。

 …って、考えてみれば他のサーバに画像をアップし、そこにリンクするように設定してやればいいだけのことか(^^;)。

 そういえば移行先調査中に、ロリポップに行きあたったことがあったな。blogサービスではないんだけれど、初心者向けホームページ作成サービスで、なんか似たようなサービスがあったような…単なるテンプレートだったか(^^;)。まぁ、ブラウザ上から日記が投稿できれば、blogであろうとなかろうと…って感じなので>俺(^^;)。あ、でもblogでないとコメントとかトラックバックとかできないか。うーん。

 ただ、250円/月で200MB確保できるんだから、ストレージとしてだけ使用するのも悪くない。Niftyオンリーのblog運営と違ってFTPが必要になってしまうのが手間だが。まぁ一つの手。

 …あ、まてよ?それだったら「ココログ以外のblog」にも使える手か。画像転送容量に制限がかかっているところも多いんだけれど、そういうところのそれはリンク先とかは含まれるんですかねぇ?

2004/06/16

ココログ改善対策

 ここのところのココログ激重状態に、Niftyが本腰を入れて対策に乗り出したみたい。ま、もう動き出したならぐだぐだ言っても始まらないな。結果が出るまでおとなしくしてますか。

 …まぁ、なんというか、

ルパン:「Niftyが重い腰をあげたなぁ?」

クラリス:「行ってしまうの?」

ルパン:「怖いおじさん達がいーっぱい来るからね」

 って感じか(^^;)ぉぃ。ポータルサイトがその機能を中断してまでの改修なので、今度はさすがに危機感を伴って…って感じがする。


 昨日を振り返ってみると、おいらんトコのblogのアクセス数が普段の2倍に達している。一つの記事に4つのトラックバックというのも新記録だ(まぁその内一つはTMXくんだけど(^^;))。それだけ関心が高かったってことか。

  まぁ、わざと投稿数が少ないであろう時間帯に、ショッキングなタイトルをぶちあげて、ポータルのココログ関連の新着記事に印象的に掲げられるよう工夫したこともあるんだけれど(^^;)ここまで効果あるとは思わなかった。

 ただ、それだけ関心を惹くように、ユーザーの共有した不満が募り、かつヤプログなどの新blogサービスも開始され、さらには無料サービス→有料制に切り替わる時期であるのと同時に、そのココログを継続して使用するかの検討時期にも当たり、そういう色々重なっている時期にこれ以上不具合をさらしたままにしておけない…ということだろうか。

 ん~、もうちっと早く動いてくれないと(^^;)。 まぁしばらく様子を見ましょうか。実際、新着記事収集を中断した昨夜は、深夜の投稿も行えたし(若干レスポンス悪かったですけれど(アクセス解析も出来なかったし))。


 それにしても本当にそんなに混雑しているものだろうか?ふとそんな気がして、こころぐPingあたりを調べてみた。具体的には6/16の0:00から15分間の更新サイトリストをExcelにコピーし、その行数でサイト数を数えてみた。すると…800件!混雑時間帯とはいえ、15分で800件ですかっ!?毎秒1件近くping打たれてますぜ!?(スゴいのかスゴくないのかわからんけれど(^^;))

  しかも、確かココログのデフォルト設定ではココログPingにping打つ設定はOFFになっていたと思うから、その何倍かのユーザーが更新している…とも考えられるわけ?うーん、そりゃすげーわ。blogは更新時、ファイルをサーバ側で生成、更新したりするので、普通のWebサーバよりも高い負荷がかかると考えられる。それに新着記事収集とか加わるわけだから…すげーな(^^;)。

 まぁ今回のような事態になるのもうなずける訳か。その数のレベルが他の比べてどんなんかは知らないけれど(^^;)。

 逆に考えれば、それだけユーザ数を抱えているってことであり、それだけ現在blogがブームということか。…読む方はそれだけの数をカバーできる分、いるのかね?…という気になってくる。ただ、いつぞやの流行のWeb日記とは違って、双方向なコミュニティ的なツールという位置づけならば、不特定多数向けの他にも「仲間内で使う掲示板的役割」な使い方も出来るわけで、以前の流行とは違う維持性があるのか…な?どーかな?みたいな(^^;)。まぁ、継続ってのは難しいからね、そのうち淘汰されるかな?

 …俺とか(^^;)ぉぃ。

なんていうか…無題!ぉぃ

 普段はサイト紹介なんかしないおいらなんだけれど、久々にヒットしたので、ねこみちさんとこ経由でこちらを紹介。

 読んでいるそばから「なんとなく」ビジョンが思い浮かんでいる「気がする」あたりが超絶燃え(萌えではない)。そーか、あの有名小説or映画はこんな話だったのかっ!?知らなかった!後悔した!ぉぃ

2004/06/15

待て待て、自転車物欲

 落ち着いて考えてみよう。おいらの不安はなんだ?アレックスモールトン、GaapWindとの巡行に際し、走りやすいストレートな道路などで置いていかれないか、という不安だ。もちろん、仲間内でのそれなので、ペースが合わない自転車に速度もあわせてくれるだろう。しかし、できればそういう気を遣わせたくないし、ポテンシャルを引き出す…とまでは言わないけれど、走行性能を出来るだけ引き出す、快適な高速巡行に水を差したくない。

 …とはいうものの、果たしてそんなにブロンプトンは一般公道での他2車種の走行に追いつかないような性能だろうか?

 サイクルコンピュータを搭載しているので、それで平均時速などを計っているが、大抵14~15km/h程度だ。しかしそれは単純に走行距離/走行時速を計算しているだけだろう。実際の「ノンストップで快適に走行している時の巡行速度」とは何km/hか?

 …あまり気にしてない(^^;)。ただ、20km/hをぎりぎり下回る程度かとは思う。これであの2車種についていけるだろうか?

 しかし、ちと脳裏に浮かぶのは、先月だったかの三崎輪行。小雨の中の単独輪行でさみしい限りだったが、実は途中、見知らぬ自転車(ロード?)の後尾にひっついて走っていた。もちろん赤の他人で、そもそも走行中に抜かれたので、追い抜いてやろか、いやいやそれも大人げない。んでもぶっちぎられるのもくやしいので、必死こいてついていこう…と思って走っていたので、声すら交わしていない(^^;)。

 ただ、なぜか向きになって、ロードに近い形の、タイヤのでかい自転車についていったので、しかも道路も三浦海岸沿いの比較的整備された道路だったので、結構速度の出た巡行となった。おそらく平地で25km/hくらいではなかろうか?

 いつもの速度と全然違うじゃん(^^;)。

 考えてみるに、ペースメーカに結構ついていくタイプではなかろうか?>をれ もちろん格段に性能差があったら別だけれど、30km/hくらいまでなら、結構ついていけるのかも…と勝手に期待してみる。

 一度、多摩川サイクリングロードか、どっか自転車走行に適した道路ででも、しゃおらどん・アレックスモールトンとTOKさん・GaapWindと走らせてもらおうかな。F20RCはそれからでもいいだろう。

 …ただ、最低、インター7必要…という結論になりそうな気も(^^;)。あ、いや、今のギアは、ペダル止めないとチェンジしない仕様なので、ギアシフトが全然スムーズじゃないのよさ(^^;)。

自転車・小ネタ雑記

 ココログのグチばかり書いていてもなんだし(^^;)、何か別の話題でも…、だったら自転車の話でも(^^;)それもどーかと。


 ブロンプトンは、ふとコロコロ4輪にしてみようかと思ったり。それで輪行を行い、具合によって2輪に戻したり戻さなかったり…とかしようかと。


 恥ずかしいことに、シートポストにうっすらとサビが…(!!!)。こらヤバい!…ということで対応策を検討中。いや、クレ556とかで磨けばいいのかな?…と思ったんですけれど、クイックリリースでいつも留めている場所をオイルで磨くっていうのはどーよ…ということで、なにか検討中。まぁコンパウンド系になると思いますが。

 某BD-1乗りは、なんか汚れ落としのワックスを今度貸してくれるとか。それもええなぁ…。


 あと…、やっぱF20RCに段々心惹かれるようになってきています(^^;)ヤバッ。いや、なんか調べ始めると、妙に魅力的に思えて…。

 もちろん、繰り返しますが輪行はブロンプトンが有利です。ただ、巡行速度を速くするツーリングとか、自転車での走行距離を伸ばしたいとかいった場合は、そういう車種の方が良いのではないかと。無論、家での駐輪、なんだかんだで輪行とかで、フォールディングははずせませんし。

 もちろん一番のポイントは「TOKさんにチギられない」ということなんですが(^^;)ぉぃ。

 ま~…ローンかなぁ…(^^;)和田さぁぁん…ぉぃ。あー、いやいや、待て待て>をれ(^^;)。


 スピード狂…になろうがなるまいが、サイクリングでだんだん欲しくなってくるのがヘルメット。んでも普通に売っているヘルメットって…合わないんですけれど>わし。いや、中身詰まっているモノで(^^;)ぉぃ、デカいんですよ、頭。そんじょそこらに売っている普通の帽子はあまりかぶれません。

 そんなわけで、店頭にある程度のメットってば、ハマらないんですよね。どっか、きちんと、デカいサイズ扱っているショップでさがさんとあきませんな。

これからもココログ?

 なんかここのところ、ひたすら「ココログ自体」の話で申し訳ない。んでも愚痴りたくなるので仕方ないんですよ~(^^;)ご勘弁を。

 とりあえず、最近の夜間激重について、スタッフルームの方でアナウンスがありました。ただ、スタッフルームでのアナウンスですよ?雑誌で言えば編集後記でアナウンスされたようなもの(^^;)そうかぁ?。

 そして数時間経ってからおしらせココログでもアナウンスがありました

 …なんか妙だ?普通順序としては逆ではないだろうか?正規手続きでのアナウンスがなかなか進まず、業を煮やしたスタッフが、とりあえずスタッフルームでアナウンスした…という空気が見えなくもない。つまり、ココログスタッフ内部で、危機性・緊急性とかの共通認識がまだ統一されていないとか?そんな感じがする…。なんかいまいち煮え切らない感じ。…うーむ。

 まぁ、改善に向けて動き出すと入っているが、とりあえずlivedor Blog PROとか目をつけ始めている今日この頃。あ、いや、はてなにもお誘い頂いていますが(^^;)>TMXくん。

まだちょっとココログの話

 他のココログユーザさん、たとえばkn-goさんも書かれていますが、最近のココログの問題でこれからもココログ使い続けるかどうか迷っている方もいらっしゃるようで。同志っ!(^^;)ぉぃ

 いや、でもほんと、しっかりしているのなら有料でも全然問題ないんですけれど、これからお金取られてこのていたらくが続くようなら、本当に解約したいし、んでも「慣れ」とか「刷り込み」とかもあるので、そう簡単に他に移れるのか、もっといいところあるのかーっ!?ってところなんですよ。

 まぁ、NiftyのIDまで捨てようとは思わないので、ココログ・ベーシックくらいは続けて、ここ2ヶ月分の雑記のログは残しておけるので、互換性までは問わないんですけれど、なんか難しそうだなぁ。入会・移行についての比較記事とか書籍とかあると助かるんだけれどな。

 あれっすよ、「現状こんな有様ですけれど、がんばって直しますので、もうしばらくお待ちください」とか、なんか改善のめどとか示してもらえれば、多少はこっちも我慢しますけれど、改善される気配がない…っていうか、本当にユーザが苦しんでいるってわかってるか?…って印象なので、期待薄なんだよな…。

 んでも一応まだクレーム、あげておくかな。でもまた「リセットとかしてみてください」とか言われたらヤダしな~…。

ココログ解約しようかと、

 考えている。重いのよ。

 単にこのページを見ている人は気にならないとは思うが、ここのところココログに投稿などを行うためのメンテナンスページが恐ろしく重い…っていうか、ログインできない。普段はできるのだが、夜間などはまったくログインできない状態が続いている。ブラウザでログインページを指定しても、数分ブラウザがうんうんうなっているだけなのだ。

 昼もレスポンスが悪いことが多い。

 どーも最近会員が増えてきているから…ということらしいが、その件に関してはなんらアナウンスがない。おいらだけの症状かと思ったが、他利用者の声もある。だが、一応サポートにも連絡したのだが、障害アナウンスはないし、ユーザーの環境を見直してくれ、と言われて改善の余地無し…といったところ。

 噂によると、Niftyのブロバイダ経由以外が重い…という話もあり(^^;)あくまで噂、だったらサポートも気づかねぇよなぁ…。

 まぁ噂をあてにするのもなんなのだが、しかし夜間につながらないというのは事実なので(日によってつながる時期もある)「書きたいときに書く」blogの前提が大きく揺らいで、どうしようもない。ひょっとしたら該当時間、コメントも打てないんじゃない?

 そんなわけで直るアテもない障害に一喜一憂して余計なタスクを消費したくないので、とっとと有料になる前に(有料でもしっかりしたサービスが提供されるなら文句はないが、こんなんで金取られるのならたまらない)移っちゃおうかとは思うのだが、とはいえそれなりに使いやすかったココログ、他にいいところなんてあるだろうか?

 カスタマイズが初心者向けであり(^^;)、んでもそれなりに玄人設定も可能、掲載容量に余裕があり、画像の貼り付け画素数制限無し、フォーマットも多種多様(Flash、SVG必須)、複数のblogを扱える…なんてサービス、あるかな?

2004/06/14

青天の霹靂

 ぬああああああにぃぃぃぃっ!?TOKさんがGeepWindを購入だとぉぉぉぉっ!?TOKさんのくせに生意気だぁっ!(byスネ夫ぉぃ)

 しかしついこないだまで「ハンディバイクで金かけず」というモットーだったくせに、やはりこないだの「森林公園35kmサイクリング」が相当こたえたのか、長く乗るのに楽なライディングのヤツをセレクトして~。KOMAに7万円もかけられるかーっ!…とか言っておきながら、26万もするのを買うとは、どういうこと?

 まぁでもこれで、マシンの差を考えずに輪行とか考えられるからいいか。

 とはいえ、西国分寺輪行倶楽部のパワーバランス。アレックス・モールトンのしゃおらどん、MR20のROUさん、ブロンプトンの俺、メーカー不明だけれど、和田サイで内装3段に改造したYuNKさん、ハンディバイクのTOKさんって面子の速度順位(順位!?)が、今回のTOKさんの新車で一気に2位くらいに移動したと思える。

 無論、輪行時に非高速車(ブロンプトンより下位(?))があれば、速度もそれなりに抑えてパワーバランスがどうこう…ということはないが、西国分寺周辺の面子となれば、俺としゃおらどんとTOKさん。急に「どこそこ行こ~」ともなれば一番集まりやすい面子はこの3人。…となると、俺を除けば巡航速度の高さは…。

 おそらく20~30km/hでの巡航も可能なコンビになるだろう(もっと上か?)。しかしながら、ブロンプトンだと、がんばって20km/hにやっと行くか…ってところか(最高速は平地で30km/h行くけれど、加速が悪いし…)。


 …勝てない!ぉぃ


 …となると、ブロンプトンのインター7化という手もあるが、果たしてどこまで速度が伸びるか、未知数だ(坂が楽になる、加速しやすい…というメリットは聞くが…)。誰かそこらへんの違いを実感してHPとかに書いている人、います?…っていうか、近所で換装可能な和田サイクルが今、忙しそうだからなぁ…、すぐってのは難しいだろう。

 あるいは新車という手もあるな(^^;)。ブロンプトンは通勤、ポタリング用とか。あと高速・長距離用…ってことで。

  対抗としては…、KHSのF20RCか、ダホンのJETSTREAM XP…いや、軽さでHELIOS SLって手もあるな。ギア比…というか、クランク一回転当たりの走行距離とかはどーなんだろ?

  コンポーネントだけで言えば、MC-1cpという手もある。ただ、長距離巡航もこれから出てきそうな話だし(西国分寺-鎌倉とか)、だとするとサス無しというのはどうか…。うーん…。

  折りたたみにこだわらなければもっと選択肢は広がるのだが、やはりここは小径車で対抗しないと意味がない(意味不明)。

 ともあれ、何か手を打たねば…(意味不明(^^;))。

今日のメンテナンス

 ぐわはーっ!!昼休み時間帯にメンテナンスすんなよーっ!>Nifty 閲覧の方は通常通りだけれど、投稿とかするメンテナンスページにログインでけへん。普段その時間に書き込みするんだから、スケジュールぐっちゃんぐっちゃんやないかーっ!

 夜は夜で重たくなってしまって、ろくに投稿できないし、どーせいっちゅーねん!まぁそこらへんを改善するメンテナンスだったら仕方ないけれど、できれば時間はもう少しずらして欲しかったな…。うーむ…。

2004/06/13

その馬は、そっと人の手をひく…

04061301.jpg 府中駅前をうろついていると、なぜかポニーが…?

 なにかと思えば「盲導馬」のキャンペーン…っつーか、育成募金の呼びかけでした。このほかにもう一頭。うーむ、犬じゃなくて、馬ですか。なんの意味が?

 ただ、視野が広い、寿命が長いといった、犬よりもぬきんでた利点もある、ということでアメリカで始まった新しい盲導の形のようで。とはいえ、いくら小さい馬とはいえ、その大きさは果たして都市に適応できるのか、ちっと疑問でもあります。アメリカでは適応できても、日本では無理かもね。

 ただ、郊外というか、地方都市だったらいいかも。そこらへんはまだ数が少なすぎて問題点が浮き彫りになっていないってところもあるだろうから、まぁこれからの話でしょう。

2004/06/12

ブロンプトンの運び方・2

 ブロンプトンの折りたたみ時の引っ張り方法について、ちろっと試してみたのをちと掲載。

04061202.jpg まず、ブロンプトンに用意されている専用の輪行袋の肩かけベルトを用意する。どうせ空港だか飛行機で穴開けられて袋自体は使えずに、ベルトだけ余っていたからね(--;)。

04061203.jpg そのベルトはフックで取り外しできるので、これをサドル下のバーにひっかけます。これで引っ張ったりするわけです。

 実際使用すると…うーん、うまくいっているような、いないような…。家の前で引っ張る限りはわるくない感じもしますが、なんかいまいち感覚がつかめません。実際に駅とかでやってみんと…。

 ただ、ひょっとするとこの方法を実践する場合、コロコロは4輪の方がいいかもしれません。んでもそうすると、漕ぐのがめんどくさそうだし、電車ん中で転がりそうだし…うーん…。

実践SVG

 「雑記帳」の方に、SVG(SVGZ)のサンプルをアップしました。

 あ、サンプルとはいっても、ほぼ完成版(あとは背景いじるくらい)なので、パソコンでご覧ください>みちえさん。

 さて、今回は何とか95kBくらいまで落とすことが出来ました。スプラインの精度を最低ランクに落としてあります。ただ、元々ポイントの少ない、手書き(?)スプラインですので、あまり精度低くしても見栄えが目に見えて悪くなっている…ということはありません。もちろん微妙にオリジナルとは違っていますが、許容範囲です。

 当初はHTMLタグの記載の仕方がわからず、しかもそれはIllustrator10をいじれば判明するものの、その設定方法がわからずに、かなり苦労しました。ソフトのインストールさえしてしまいました(^^;)。まぁ、結果からすると単純なことに気が付かなかった…ってオチですが(^^;)。

 まぁでもほぼ自分のIllustrator操作スタイルを崩すことなく、Web掲載する方法が見つかったので、個人的には結果オーライですが。ただ、SVGの普及率とかが心配なくらいで。ただ、イレギュラーなフォーマットってことではないので(一応W3Cの勧告に出てくる…んだっけ?)、怒られるってことはないとは思いますが…。これからも続けていっていいですかね?


 どうでもいいんですけれど、やはりIllustrator10はおいらの絵を描くにはやりにくいです。Illustrator9の方が安心です。んでもSVGの吐き出しは10の方が便利なんだよな。…うーん。

とりあえず、カゴ入手

 自転車乗る時用の鞄問題で色々情報をいただいていますが、実はおととい、ショッパーを購入してしまいました。

 いや、職場のBD-1乗りが「緑(ハード)のサスが欲しい」っていうんで、フレンド商会西国分寺店に行ったんすよ。代わりに赤(ノーマル)のサスをいただくって条件で。ただ、在庫がないっていうんで、仕方なく店内をうろついていたら、KLICKfix対応のショッパーがあったんすよ。頭ん中が買い物モードだったんで、つい…(^^;)。

  勢いで買ってしまったショッパーですけれど、通勤帰りで「T40pの入った鞄」を背負っていたので、それを入れてみると…を!縦にしないと入らないけれど、ママチャリのカゴにも入らなかった鞄がすっぽり入る!結構デケぇ!んでも背負わなくて済むからこれは楽だ!いきなりいい感じになってしまいました(^^;)。

 ただ、このショッパーでの運行は、荷物を背負わなくていい分、快適なスタイルでいられる反面、フロントが重くてフラれるという弊害が判明致しました(^^;)気付よ。まぁ、自転車が動けなくなる…って程でもないんですけれど、低速時にりとっとハンドルを振ると、反動が大きく帰ってきて、危ないんですな。うーん、これは盲点(^^;)だから気付よ。

 ま、ノートPCとか重い物持っているせいで、なので、普通にショッパーに本屋で買った本とか、買い物程度の荷物だったら純粋に便利なんだろうな。

 また、逆にブロンプトンのヘッドあたりにある専用マウント、これを利用してのショッパー取り付けとか行ったら、ハンドルに関係なく荷物が積めるので、それはそれで便利だったんだなぁ…と、今更ながら後悔。いや、まぁべつに、KLICKfixで後悔しているわけではないですが。


 ちなみに、フレンド商会で24インチとかの自転車を購入していた人を発見。で、自転車の取り扱いレクチャーをしていたんだけれど、最近の…というか、モノによっては前輪後輪簡単にはずせるものもあると知った。後輪もかよ!

 すると、家の前でタイヤ外す程度に分解して、ベランダに片づけておく…って方法もあるにはあるんだ。ふーん、それも悪くないなぁ…(^^;)。輪行は難しいけれど(不可能ではない)、家を起点終点にしてのサイクリングだったらいいわけか。

 …うーん。

2004/06/11

アクセス解析と、サムライチャンプルと

 DTIのサービスにはなかったので、ココログのアクセス解析が今だ斬新に思える(^^;)。

  「雑記」はコンスタントなアクセス数の安定を見せており、読者の方々には感謝の限り。「CG雑記」は時折記事を載せたり、どこかの掲示板にリンクしたりするんだけれど、その都度アクセス数が増えては、すぐに激減する。一番「情報に敏感」って感じ?(^^;)「雑記帳」はまだ認知度が低いのか、コメントが少ないのがアダなのか、全然アクセス数が少ないのだが、徐々に増えてきたか?…って感じ。

 まぁ後の2つのblogは不定期更新にならざるを得ない板なんで、しゃぁないかなぁ…といったところか。ただ謎なのが、検索でたどり着く人がほとんどいないんだよな。代わりに「雑記」は山のように検索でたどり着く人が多い。

 なかでもここのところ良く訪問者がいるのが、「サムライチャンプル」での検索。100件以上はありまんな。どしたの?ケロロでもそんなに来たことないぞ?

 そういえば最新放映は3話か。「以心伝心 その1」。まーだちょっと「チャンプル」らしさが1話ほど出てない感じもするが、続き物なので、さわりだけなんだからそれも仕方ないか。ただ、2話よりは「らしく」なってきたと思う。

 話自体は今のところ時代劇に「よくある」話。ただ、「キャラが立った」…というか、一人旅も出来る女性キャラというのは本来時代劇には存在しない(理由は書かなくてもわかるよね。特に「もう戦の時代じゃない」とかいう台詞が時折出てきているところを見ると、江戸時代ベースっぽいし)。まぁ隠密という立場では結構いた気もするし、大衆的(?)な時代劇ではそこまでこだわってなかったと思うから、別に今回の「チャンプル」が「初」とかいうつもりはないが、メインキャラとしての一人旅も出来る女性キャラ、というのはあまりなかったのではないか…っつーことで。

  そういう意味ではふうちゃん…だっけ?彼女の存在、あるいは活躍が他の時代劇との差別化の大きなキーという気がしないでもない。とはいえ、そもそも作り手が時代劇と思って作っているかどうか自体、疑問だけれど。単に「チャンバラ」が描きたかったんでない?(^^;)

 「チャンバラ」で気になるのは刀の扱いか。ま、ムゲンはああいうキャラなので、それを常識に照らし合わせてどうこうというのは筋違いでしょう。

 ただ、ジンの方は正統派キャラと見れば、刀の振り回しというか、そこらへんがぞんざいすぎる。刀の重量を念頭に置かない立ち回りはちっと興ざめするんだよなぁ…。スピード感出したいという気持ちはわからんではないが、カミソリみたいな扱いされると、「タケミツ」って感じがして…。

 まぁでもそれもあまりディティールにこだわらずに見れ~…ってことなんかいな(^^;)。

 …それにしても、無理矢理出てくるモモさんが…ある意味いとおしい…(^^;)。

カレーの行方

 おいらの仲間内…って、まぁ西国分寺輪行倶楽部なんだけれど(^^;)、そこでカレー屋といえば、西国分寺駅前の「スプーン」が定番になっている。もちろんそれに異論はないが、こちらとしては西国分寺を中心にした「カレー屋三連星」というのも提唱したい。

 国立にある「いんでぃ庵」だって、美味いカレーだ。あの濃厚なルーでありながら、奥の深い味わいがたまらない。

 そしてもう一つの星になる国分寺のカレー屋が…昨日行ったら、つぶれていた(^^;)ぉぃ

 いや、もう少し詳しく話をしましょう。国分寺北口を出ると、正面にパチンコ屋があるじゃないですか。実はあの裏手にカレー屋があったんですよ。名前は失念してしまいましたが(^^;)、「お口直しに」といってアイスがついてきます。そこのカレーも結構お気に入りだったんですけれど、なんか狭い道んところにあったりしたり、存在に気が付いたのが去年と、つい最近だったりすることもあって、いまいち皆に紹介しきれませんでした(^^;)なんじゃそりゃ。

 まぁでも機会あれば紹介したろかいな~…とか思いながらこないだカレーを食いに行ったら…ビル改修工事で、中に入れませんでした。

 おいおい、いつ再開だよ。まぁまた改修工事が終わった頃に来ればいいか~…と思い、しばらく経った昨日、行ってみました。

 ビルが無くなってました(^^;)。

 繁盛してなかったわけではないので(おそらく)、どこかに移転した可能性もあるんですけれど、どこに移転したかという表示もなかったし…、どなたかご存じありません?

notaは広がるか?

 ちらほらと話題になり始めているnotaだけれども、ちこっと使わせて頂いている。notaが使用できるブロバイダは今のところロリポップだけだが、私自身がそこと契約しているのではなく、別の契約している方にゲストアカウントを発行していただいて相乗りさせていただいている。

 実際コミュニケーションツールとして試用しているが、なかなか面白い。レイアウトフリーというのが斬新すぎて、しばらく効率よく、というか、特色を生かした使い方に至らない気がするが、そこらへん気にせず、わきあいあいと複数人が打ち合わせとかに試用するには、いいツールだと思う。

 逆に、個人一人で使用する形態として考えるとどうか。つまり今までたとえば自分のCGを公開するのにHTMLエディタでファイルを作ってアップロードする形態に対して、ということ。

 試してみたわけではないが、これもレイアウトフリーというのが効いて、かなり自由度の高い、あるいは制約無く好き勝手にインデックスとかギャラリーとか作れる、面白いツールだと思う。まぁ、その分シビアにセンスを問われることになると思うのだが(^^;)。

 もうちょっとこれが普及してくれば、そこらへんの可能性を示したページとか出てくるんじゃないかな。

 なお、前にもちろっと書いたけれど、notaはロリポップ製ではないので念のため。だから、別のブロバイダも同じサービスを始めることだって十分考えられる…っていうか、サーバ立ち上げて自分で…ってのも可能かと。

 …記憶が確かならば、ビジネスショウのIPAブースで作者さんとお話ししたときの話題として、…そのうち非営利に限る、フリー版も出すとか…出さないとか…(^^;)アテにしないで。


 それに付随して考えると、blogをCG(絵とか写真も含む)のギャラリーと考えると、これはこれで「レイアウトはどうでもいいけれど、カテゴリ分けで検索性を高める」ツールと考えると、結構悪くないんじゃない?

 実際雑記帳の方で掲載するとき、カテゴリ分けを重視して掲載している。まだ数が少ないのでその効果を検証できないが、数が多くなってきたとき、そのカテゴリの分類で表示を切り替えることが出来るので、検索性などは高まると思う。まぁあまりにもカテゴリが多岐にわたってしまったら話は別だが。

 とりあえず、閲覧させるときにそれほどレイアウトを凝ろう…というのでなければ、blogも悪くないと思う。そのうちアニメーションFlashとかも掲載できるようになればな…(まぁ俺が作れれば、…って話で…(^^;))。

ストライダ・メモ

 ストライダのサドル関係の検索が来ているなぁ…。軽くストライダのサドルあたりのメモ。

・ストライダのサドルは固い。人によってはおしりが痛くなる可能性が非常に高い。サドル交換をおすすめする。

・たいていの市販のサドルが装着可能…と思われる。サドル下に2本のバーが並び、それとシートポストをつなげる…という構造の物であれば、基本的に大丈夫。ただし、念のため交換前に、バーの間隔等、互いに確認しておくこと。(保証しないよ~ん(^^;))

・サドルの交換作業は、慣れてないと一人では無理。サドル樹脂部にむりやりサドルをはめ込んでいるような形で、これを外すのが力作業で、2人は必要と思う。力任せと言っておきながらなんだけど、あまり力を入れすぎると樹脂部が割れてしまうおそれがあるので、加減を忘れないこと。

・サドルの高さは、樹脂部のフレームに対する取り付け部のネジを3カ所外すだけで行える。サドルまで取り外す必要はない。荷台は取り外す必要があるかも。付属のアーレンキーだけで外せるが、同じ径の通常のアーレンキーで行った方が早い。

 …といったところか。こないだ、しゃおらどんに「サドルが低い!」とクレームをつけられ、あわててTOKさん家でサドルを一番高くしてみたり。停車時にはつま先で立たなくてはならなくなったが、結構漕ぎやすくなったかも。

 …ま、そんなところです(オチ無し(^^;))。

2004/06/10

SVGを試してみた

 SVGを試してみた。

 確認事項がいくつか。「Illustratorで作成したデータの再現性(合成「乗算」など)」「ファイルサイズ」「Web上への掲載の仕方」。そんなところか。


続きを読む "SVGを試してみた" »

2004/06/09

CG公開の仕方

 最近blogへの画像貼り付けに凝って、時折Flashデータを別のblogも含めて貼り付けているのは周知の通り。結構Flashデータを編集するのは楽しいのだが、ちぃと問題が。

 作画はIllustratorがメイン。これは慣れも含めて、今現在最適なツールとなっている。ところが必ずしも作成データは、Flashと親和性が高いとは言い切れない。

 単純な描写程度ならなんら問題はないんだけれど、たとえばレイヤー重ねて合成を乗算で…みたいな設定をすると、Flashでは追いつかない(透明度くらいは設定できるものの、「乗算」といった合成方法を指定できない(FlashMXの場合。Flash2004では可能?ダメだよね?)。自分のイマジネーションをグラフィック化する場合、結構そういう機能を多用するので、Flashに変換する際に苦労することも多々ある。また、自分のイメージ通りではない絵を掲載することもしばし…。

 …だもんで、結構悩みつつ絵を掲載していたりします。なんかもうちょっとFlashも高機能(静止画描画機能)になってくんねぇかな…。

 …と思っていたのですが、ふと思いついたのは、SVG形式での公開は可能だろうか?

 実は以前、PDFでのグラフィック公開なども考慮したことがあるのだが、ファイルサイズが大きくなってしまうので断念した覚えがある。Flashはファイルサイズが軽いというだけでもメリットなのだが、Illustratorでの作画を反映でき、なにかしらの妥協点があるのであれば、SVGでの掲載も考えられる。

 ただ、専用ビュワーを組み込む必要があったり、大変かもしれないが。Flashもそれは同様なのだが、自動インストールとか働くしなぁ、どちらかというと敷居が低い。

 まぁまだ急に思いついた段階なので、適当にサンプルとか用意したりして確認してみないと。

ブロンプトンの運び方

 二股シートを採用しているおいらのブロンプトンは、折りたたんだとき、押し・引っぱりにくいというのは以前書いたとおり。森林公園輪行ででも、他の輪行自転車の動きに遅れること、しばし。これはちょっとツラい…っつーか、恥ずかしい。

 なのでどうにかしたいが、まずは原因を考えてみる。荷台の補助輪でコロコロ転がすのが理想なのだが、これがなぜか難しい。コロコロ自体の滑りは基本的に問題ないのだが、2輪にするためにサドル部分を持ち上げる。この際、「ブロンプトンにとって最適な高さ、角度」にすると、実は私の場合、若干前屈みとかになったりして、手の位置を下げなければならない。

 背筋を伸ばす姿勢にすると、ブロンプトンを持ち上げるか、手を離さざるを得ない。この中腰の姿勢が実につらい。

 かといって他に「ブロンプトンを転がす」ためには姿勢のとりようがない。まぁ、ハンドルを開くとか手はあるのだが、短距離でそれは面倒くさい。この「人間に負担のかからない姿勢」でありつつ効率よくブロンプトンを転がしたい。

 そんな話を職場のBD-1乗りと話をしていたら、「S字フックでもひっかけて、転がせばいいんじゃない?」という話を持ち出した。そうか、自転車そのものに手をかけるとかがむ姿勢になるのなら、なにかを引っかけて背筋を伸ばせばいいのね。脳裏にはYuNKさんの自転車が浮かんだ(…って、知らない人にはてんでわからん話で申し訳ないが(^^;))。

 そのBD-1乗り曰く、100円ショップとかで適当に部材を持ってきて、組み合わせればいい…という話だったが、強度的にそれはどうだろう?パーツ類が100円ショップで手に入る程度の代物なら、壊れればすぐに補修…というレベルの話では賛同できるけれど、仮にも輪行で駅構内とか持っていく代物なので、下手な場所での破損は避けたい。なにかしら、DIYショップで強度的に信頼のある、何かしらのフックを見繕ってみようかと思う。

 条件としては、ブロンプトン輪行用なので、イージーカバーを装着したまま使用することを前提に、サドルに引っかける形になると思う。これを引っ張って使用することになるか。さて、なんかいいものはあるだろうか?

検索ネタ、再び

 昨日「擬人化 日本刀」で検索を受けた話を書いたが、最近多い検索が「ケロロ 擬人化」である。…擬人化する必要あんのか?原作には擬人化して欲しい魅力的なキャラデもいるのか?

 まぁ個人的にはギロロあたりは思い入れ良く擬人化できそうな気もするが、ケロン人であってのギロロなので、描くつもりはない。

 さらに言えば、他に検索された「擬人化 自転車」もする気は無いので念のため。あ、いや、一応以前、ROUさん励ますつもりでMR20くらいは擬人化しようかと思いましたけれどね(^^;)ぉぃ。そこにしゃおらどんのタカビーなモールトンとか、TOKさんのドジっ娘(あるいは非力だけど頑張り(懸命)キャラ)ハンディ・バイクたんとかとか…(^^;)ぉぃぉぃぉぃ。

2004/06/08

外でお茶が飲めるか?

 この話を「グルメ・クッキング」でするのが良いのかどうか疑問なんだけれど…まぁとりあえずこのカテゴリで(^^;)。

 一応噂には聞いていたけれど、今日のWBSでしっかりした映像として初めて見た「粉末茶ペットボトル」。

 実はおいら、緑茶系飲料が苦手だったりする。いや、普通にお茶とかは全然飲めるんですよ。ただ、「ペットボトルに入った緑茶」というのが苦手なのだ。自分でもよくわからないのだが、どうも風化したっぽい感じがするというか、渋った緑茶っぽくなっている…というか…。

 烏龍茶系、紅茶系のペットボトル飲料は普通に飲めますよ。麦茶系とか、今は昼食時にしょっちゅうそば茶を飲んでいます。ただ、どーしても緑茶系はペットボトル飲料として認められない体らしいのです。

 …が、先に書いたとおり「風化したっぽい風味を感じて体が受け付けない」というのであれば、先に挙げた「粉末茶ペットボトル」は普通の「その場で粉末茶を溶かし込んだ」ものなので、おいらの体にも結構いけるのではないかと。

 いや、まぁ普通に2リットルペットボトルに市販の、あるいは自分で作った粉末茶を入れて冷蔵庫入れておけ~…って話に受け取られるかもしれないけれど、外で緑茶系のペットボトルも飲めればな…って話です。そう考えると、結構うれしいアイディア商品なんだよな…っていうか、その前にこういう体質…というか、そういう人が他にいないのかどーかって方が心配なんですけれど>緑茶系ペットボトルを受け付けない人(^^;)。

勢いでここまで描けました

 おお、なんか勢いってすごいね(^^;)ぉぃ。

 まぁ掲載場所に困らない、新しい場所への掲載充実の発憤材料とかとか、理由もあるからですな。うん、完成したら雑記帳の方にアップするですよ>みちえさん。

20年の時の流れ

 も~、なんか最近、ケロロが面白くてたまりません。まぁ完全にパロディ作品と化していますが(原作はどーなの?)、あそこまで徹底してやられると、普通ならあきれるというか、引いてしまいますけれど、爽快感すら感じるように(^^;)。ギロロと夏美がカッコい~。ギロロって、本当に強かったんだ…(^^;)信じられなかった。

 ただ、ガンダムネタがメインとしても、ファーストから最新の物までとすると、世代が幅広くなっているのもあって、見る側も元ネタ全部はカバーしきれないんでない?特に今回はランチとか色々ファーストネタが出ておきながら、「任務完了(であります)」といったWガンダムネタ(タママの発進シーンもか)まで、非常に「年代の幅広さ」が大きいパロディで、まぁ有る意味その両方がわかる優越感というのも…って、それは本当に優越感か?両方わかってしまうってのは問題でねーか?(^^;)

 …SEEDネタが出てくるのはいつの日か…?(あるのか?(^^;)…っていうか、それは俺にはわからん)

おいおい、

 誰だよ、「萌えキャラ 日本刀」で検索してきたヤツ。どういう意図だよ、どういう?(^^;)

 なにかい?正宗たんとか備前吉岡たんとか水心子正秀たん(あ、これは違うか)とか期待していたと?…いいかも(^^;)ぉぃ。しかしどーやって描き分けろと?

夏の苦労

 このところ自転車通勤がつらい。んでも別にブロンプトンの調子が悪いというわけでもないし、体調が悪くなっているというわけでもない。

 んでも明らかに自転車通勤がつらいし、それはなぜか?…と考えてみると、暑くなっているからだ(^^;)。

 とはいえ、暑くなるのは毎年のこと。んでも昨年はここまでツラくなかったような?何が違うのだろうか?必死に思い出してみる。

 すると思い出してきたのは、荷物とカゴの関係だ。

 普段から自転車に乗るとき、荷物は背中にしょっているのだが、以前の夏はそのノートPCの入った鞄をママチャリのフロントのカゴに入れて通勤していたのだ。逆に暑くなっても背中にしょっていると、背中がムレて発汗。他の体の各部にもその影響が及び、汗びっちょり~って感じの通勤になってしまう。しかも今年は去年のX22とは違い、T40p。そら、しょっていれば余計に汗も出てくるというもの。

 で、原因がわかったんだったら、とっとと昨年通りにすればいいんじゃない?…となるかもしれないが、考えてみるとそう簡単にもいかず。

 まず、今しょっている鞄は非常に大きく、普通の自転車カゴにおいそれと入れられない。そこで昨年はライトな鞄を用意し、それにインナーバッグに入れたX22を入れて、カゴに入れていた。ところが、T40pにはインナーバッグは用意しているものの、その「ライトな鞄」には入らないのだ。

 また、さらに都合の悪いことに、ブロンプトンにT40pが入るようなフロントバッグは今現在装備(用意)していない。

 つまり、T40p用の鞄と、ブロンプトン用の…というか、KLICKfixで装着できるショッパーかワイヤーバスケットあたりが必要なわけだ。うーん、先読みして用意しておけば良かった…。

 ともあれ快適な夏場の自転車通勤を目指し、環境改善を行わなければ。

小径自転車の誘惑

 最近、なんとなーく小径自転車MOOKを読んでいるのは以前書いたとおり。いや、もう買わないとわかっていても、持ってない自転車とか載っているのを見ているのも楽しいものなのよ。まぁでも、KOMAが載っているのにANTが載ってない~…ってのはちっと愕然…というのも以前書いたとおり。

 ただ、職場の某氏がもう1冊の方を買ったので見てみると、そっちにはANTが乗っている!?しかも最終試作車っぽいぞ?去年、自転車ショーで試乗したタイプやねっ!?おいおい、まだ出すつもりなのかっ!?

 写真や仕様を見ると、相変わらず(個人的に(^^;))魅力的な自転車やね。未だに和田さんが俺に声をかけてくるのもわかるわ(^^;)。でも相変わらず、いつ出るかわからない。ほんと、難儀な自転車やね。まぁフレームの組み立てを考えると、わからんではないが…。

 一応ブロンプトンがあるので、そう食指がふれるってわけでもないが、スピードとか結構魅力的だしなぁ…。実車にまた試乗してしまったら、我慢できるかどうか不安。そのときは誰か、ストライダ引き取ってくれ(^^;)ぉぃ。

デジカメ選定

 ちっとまたデジカメが欲しくなっている。以前書いた(…っけ?(^^;)ぉぃ)エクシリウムのP600に惹かれているのは相変わらず。しかしここにきて、対抗馬と思われるデジカメが登場した。

 それが富士フィルムのF710。いや、実はこれ、しゃおらどんが購入したのよ、最近。で、武蔵丘陵森林公園オフの際、ちろっといじらしてもらったんだけれど、色々ヒットなのよね。ちょっとまとめてみました。

F710>P600なところ、あるいはF710独自な部分

・横長ワイド液晶!横長な構図は非常に面白い。以前エプソンに同様機能を装備した機種があったが、結構遊ばせてもらった。特に「旅先(風景)撮影」用途の多いおいらにはジャストフィットかもしれづ。
・動作が機敏!ON/OFFだけじゃなく、各種メニューの切り替えも非常に機敏。
・価格がこなれてる!まぁ、先に発売されたからね。

P600>F710なところ、あるいはP600独自な部分

・バッテリーが保つ!具体的な確認はしてないが、明らかにP600>F710らしい
・デジカメらしい機能!EXビュワーが楽しいのはエクシリウムだけ!ぉぃ
・メモリストレージ・スタンダード!P600はSDカードだが、F710はxDピクチャーカード。…SDカードだったらいいのにな。

 とりあえず簡単なところで以上かな?細かい差は吸収できる範囲…としておこう。

 …で、実際のところ、長所短所が各々一長一短なので、甲乙つけがたい。なかなか難しいところ。まぁ、F710が安い分、予備バッテリーを追加したりして多少は補えるけれど、いまいち決定打にはならない。うーん、難しいところ…。もうちっと検討してみますか。


 ちなみに、旅先に銀塩カメラとデジカメと持っていくと、うまく使い分けできないんですけれど、最近は「一人旅は銀塩、複数人の旅はデジカメ」と、特に理由もなく、んでもとりあえずとしての基準を設けてみようかと。まぁそうするとなおさら携帯性の良い(G2よりもいいもの)、光学ズームの付いたデジカメが欲しいのだが…。

描快

04060801.jpg そういえばなんか最近描いてない題材があるな~…と思ったら、バニーさんだった(^^;)。そういえば描いてないよな、あまり。

 そこで、最近写真をお送り頂いたみちえさんのリクエストもあり、右のように作成中。む~、なんか久しぶりにわくわくするのはなんでだろう?他にきちんと描かなければならないイラストを多数抱えているというのに(^^;)。

2004/06/07

実は他にもblogが…

 このココログを日記として運営し始めて2ヶ月くらい経ちますが…実はココログ・プラスだけあって、他に2つのblogを立ち上げることが出来ます。

 …だもんで、実はこっそり(?)2つばかし運営中です。まぁ、誰も見に来ないのも寂しいので、告知しようかと思ったんですけれど、ココログには「マイリスト」って機能もあるんだから、それ使えよ…って話でもあるので、サイドバーにそこらへん、掲載してありますのでご利用ください。

 ちなみに、「雑記帳」はいきなりイラストが表示されるので、ご注意のこと。

2004/06/06

広がるは、我が心の原風景

 本当は忍野八海に行きたかったのです。ただ、いつもの輪行部のメンバーで、同じく忍野八海に行きたかったYuNKさんが仕事で都合が悪いとのこと。む~、それは残念。ならば忍野八海はまた別の機会とし、んでもせっかくの土曜日なので、どこか走りたいところです。

 そこで5月8日あたりに伯母さんの納骨に行った森林公園で見かけたサイクリングコースに行くことにしました。調べてみると、武蔵丘陵森林公園というところに通じるコースのようです。しかも調べてみると、その公園にもサイクリングコースがあり、1周17kmという、なかなか走り甲斐のありそうなコースです。

続きを読む "広がるは、我が心の原風景" »

2004/06/05

Flahアップロードテスト

 ほほう、turuboxさんのありがたいコメント通りに設定してみると、うまく表示されますね。ありがとうございます>turuboxさん。

 まぁアニメーションをばしばし貼り付けるってことはないんですけれど、ドロー系グラフィックソフトでイラストを描くことが多いと、JPEG等のビットマップよりも、Flash形式でアップロードする方が都合がいいもので、これはありがたいことです。

 blogはイラストをアップするのに都合のいいツールだとか、悪いツールだとか色々意見があるみたいなので、そこは一つ、試してやろーじゃねーかと。まぁ、それだけのコンテンツを揃えられれば…って前提ですけれど(^^;)。

2004/06/04

魂の容れ物

  Nojimaが閉店するという情報を以前書いたが、どーも携帯専門店になる…という情報もある。まぁ、PCショップとか家電店ということにはならないっぽい。それにNojimaの中に入っているU-Frontは完全に撤退するのは間違いない。

 U-Frontでは数回買い物を行い、ポイントもそこそこ貯まっているので、何かしら買い物でもしようと寄ってみた。

 中古ショップと言うことで、期待しているのはMZ3なのだが…やはりレア物でみかけない。最終的には中古DVDソフトで手を打とうと、適当に見回ってみた。なーんも面白いのがなければ「ガンドレス」でウケを狙おうと思ったが(^^;)、攻殻機動隊の映画版のリミテッドエディション・DVDが見つかった。3980円なり。…これって確か、6千円オーバーなヤツやなかったっけ?

 ちと値頃感に押し切られて(?)それを購入。ポイントは数百円程度だったけれど(^^;)。

 リミテッドエディション・DVDだからって、そうあまり特典は付いてない。一番大きいのは絵コンテくらいか。ただ、押井作品の絵コンテって、あまり参考にならない気も。映像そのものを見てみれば、意図がよくわかるし、むしろその説得力を押し込んでいるのはレイアウト段階、って感じもするので、そのレイアウト集と解説…とかいうのが一番ありがたいのだが。

 まぁでも、聞き取りにくい台詞とかもあるので、そういうのを確認するには適したドキュメントではあるしね。

 で、改めて見返してみると、かなりデジタル処理の部分がパワー不足だったんだなぁ…という気がする。もちろん「今見れば」であるが。当時としてはかなり画期的な部分もあったり、すんなり見られる部分もあったのだが、やはり時代というのはおそろしい…。TMXくんと言っていることが同じになっちゃうけれど、そう思うよ…。

 逆に早く攻殻2DVDが欲しいね。どこまでDVDで再現できるのか、疑問だけどさ(^^;)

週末の予定

 本当は友人と忍野八海とか行きたかったんですけれど、都合が合わなくなって延期。んでもいつものごとく「どっか走りて~!」ってことで、先月親族の納骨ん時に見かけた東武東上線森林公園駅から見えたサイクリングコースとかでも走ってやろうかな、と思う。

 あそこはなんか、本当に緑が多く、空気がうまい~…って感じだった。すぐ目の前が幹線道路だったけれど(^^;)。

 んでもせっかくなので、いっぺん走っておこうかな、と思ってそのサイクリングコースってばどんなもんだなや…と思ったら、どうも「武蔵丘陵森林公園」というところにつながるサイクリングコースらしい。ほう、面白い。俺に対する挑戦だな?ぉぃ

 ただ、SuperMappleを見ているのだが、この森林公園にあるサイクリングコース…めちゃめちゃ入り組んでいるんですけれど(^^;)。昭和記念公園のサイクリングコースなどは、基本は八の字で、ちょっと枝があるかな…って感じだが、森林公園のそれは…(^^;)。あ、でも地図だから、徒歩コースとかも入り交じっているのかもな。うん、ちっと行って確かめてみないと~(^^;)。

 ただ、なんか子供の頃、行ったような記憶があるのだが…、気のせいかな?

 ちなみに、駅前からレンタルサイクルもあったりする。…うーん、気が利いてるな。おいらは利用せんけれど(^^;)。

2004/06/03

西の空を見上げて

 そういえば今、彗星が二つ、地球から見られるらしい。…つっても、まだ一度も見ていない(;_;)。いや、見たいのだが、気が付いたときはいつも西の空が曇っていたり、西の空が見られない(ビルがそびえ立っている)環境だったり、都合が悪い。

 まぁ肉眼で見るにはちっとツラい距離(大きさ)のようだが。んでもやっぱ見ておきたいよなぁ。生涯で肉眼で見た彗星…ってば、なんか1個だけ覚えがあるぞ。6~7年前くらいに、職場から北西の方角に見たような記憶が…。あれは何彗星って言ったかな?

 ただ、当面は難しそうだなぁ。考えてみれば西の空って、我が家から見るとビルだらけだもんあぁ…。東の空は比較的開けているのだが…。まぁ、該当時間に外に出ればいいだけの話だが、今日も見忘れた…っていうか、すっかり失念していたし…(^^;)。

Flashテスト失敗

 うーん、早速前の記事の続きで、Flashをアップロードするテストをしてみたが、うまく表示されない~。ココログでFlashファイルを表示する(リンクしたり別ページの時計を表示したりするテクはある)にはどーすればいいんだ?

プロを目指してみる?

 現在本家ホームページ、更新中…つっても、リンクを変更しているだけで、内容は変更無し。スマん(^^;)。

 ただ、このブログを見ている人の果たして何人が、本家ホームページの存在を知っているのであろう?(^^;)

 まぁそれはそれとして、変更点は二点。某大王様にお借りしているサーバが移転されたので、それに伴うURLの変更。それともう一点は、@Niftyで使用していたサーバが廃止になるので、これを新サーバに移転…と。

 …ね、URLの変更だけでしょ?んでもなんかよく構成がわからなくて、今まで作業、躊躇してました(^^;)。今のところはうまくいっているみたい。

 ただまぁ、あまり…というか、まったく更新してないコンテンツだからねぇ…申し訳ない限り(^^;)。なんかリニューアルせんとね。ただ、容量的にもう行き詰まっているんだよね。結構。まぁ大王様のサーバに頼るって手もあるけれど、無償でお借りしているサーバに頼るのもなんか自分としては許せない。いざ、コトが起こったとき、怒れないし(^^;)そういう意味ではこないだのココログ混雑は怒りやすかった。

 そんなわけで、何か面白い「手」は無いかな…と思っていたのだが、考えてみればこのブログをメインに、サイドバーからイラストとかのコンテンツリンクを張って、フレームのように表示する…という手もあるね。今はまだ出来ないが、ココログプロで設定すれば、できるようになるかしら?一応金額負担としては、一つブロバイダ解約したので、少し余裕があるし(^^;)。

 まぁ本当にそういうことができるなら、…って前提だけれども。それに150MBも使えるなら、余裕だし(一人なら)。Flash組み込むなら、タグを直接いじれた方がいいだろうし。

 ちなみに現在の使用率は3.52MB(7.04%)。50MBコースね。…早い消費ペースなのだろうか?

 まぁともあれ、ココログ・プロでグラフィックとか自由度の高いページ作られている方がいらっしゃったら、教えてください~。


#あ、この記事書いている途中、検索していたら普通にFlashファイルを貼っているココログページを見つけた。ん~、ココログプロのページだけれど、なんか普通にアップしているっぽいな~。それでも可能なら、いっぺんやってみようかな?

サムライ・チャンプルはどこへ行く?

 久しぶりに「サムライ・チャンプル」放映。ほっ。ただ、今回は個人的にハズレかな。がんばってはいると思うけれど、登場人物多すぎ。実写の1時間な時代劇ドラマならしっくりくるプロットだとは思うけれど、30分ではキツいでしょう。まぁ、詰め込みすぎということですな。話もストレートだし。

 どうも今後への伏線があったらしく、そういう意味では抜けない話だったかもしれないが、もーちっと工夫が欲しかったな…という感。

 まぁなんか、まだスタッフもこのシリーズの売りとか見極めてない段階での製作だったと思うので、無理もないとは思うけれど。普通の時代劇といえば手堅い作りなんだし。ただ、1話を見ていると、ちっと物足りないのよね~。いい加減さとか(^^;)ぉぃ。

 まぁ、OPとかスタッフも目にしているだろうし、だんだん吹っ切れていくと思うので、今後良くなっていくと思う。とりあえずそちらに期待ですな。

似顔絵の描き方

 冗談で職場で後輩の似顔絵を描いたら、これが結構ウケた。似顔絵っつっても、デフォルメ系ね。自分で言うのもなんだけれど、結構うまく描けた。やはりコスプレイラストとか描いていた成果だろうか?

 んでも結構「描きやすい人」と「描きにくい人」っているよね。何度描いても全然似ない、って人もいるから悩ましい。特に直接の上司とか(^^;)別に心理的に「描きにくい」のではない。

 まぁ、まだまだ鍛えないとなぁ…と思うところではある(^^;)なんだそりゃ。

 ともあれ、ウケるとついつい調子に乗ってしまう身。既に4人分描いたけれど、大ボスまで描いたあたりで「はっ!?自重しないといかんかな?」とか思い始めていたり。…それとも、もっと調子に乗るべきかな?(^^;)

たまには時事ネタ

 時事ネタで言えば、今、話をするならば長崎・佐世保の小学校での殺人事件か。当初は動機が不明確で、いまいち実感のわかない事件だったが、時間がたつにつれ、徐々に全体像が見えてきた(まぁ正直言って、まだ動機にピンと来てないのだが…)。もっとも、未成年犯罪なので、全貌がくっきり見えることはないだろうが。

 ま、そこは当事者でもないし、その関係者でもない、近くに住んでいるわけでもないし、子供を持った親の身でもない、…と関連なさ過ぎな私なので、ここはあえて一歩引いて、別の視点を張り巡らせてみる。まぁ、TVや新聞で見える範囲だけだが。

 そうすると、まず最初に気づくのが、あまりにも素早い被害者の親の会見。報道当初から「某新聞社支局長」というのは聞こえていたので、ひょっとしたら、ひょっとするか…と思っていたら案の定、「報道側だったらどうして欲しい」という観点の元に会見を行ってくれた。

 これでちょっと心配なのが取材記者がつけあがること。他の事件の際にも早々に被害者遺族の会見を望むようになっちゃったり…とかすると、えらい迷惑なのでは無かろうか。本来、親族を亡くした遺族の悲しみというのははかりしれない。それも突発的な事件ともなればなおさらだろう。普通に病死した親族にだって、なんと声のかけづらかったことか…(;_;)大往生ならともかく、若死とかはなぁ…。

 無論、事件の被害者ともなれば、声を上げたい時もあるだろうに、そういう時にはマスコミも頼もしい存在足ることもあるだろうが、そっとしておいて欲しい場合もあるだろう。ただ、今回のケースに味を占め、一律に「早く情報が欲しい」「(TV番組としての)事件性が廃れる前に、印象的なシーンを撮っておきたい」等々の理由から被害者親族に接触を図ろうとする取材記者もいよう。そういうのにいい「前例」を与えてしまったことにならないか?…と危惧している。

 もっとも、会見を見る限り、当の父親は実感がないような雰囲気だった。実際そう話しているし。だから逆に「自分が取材側だったら、こうして欲しかろう」という機転が回ったのかもしれない。有る意味、それも悲劇だと思う。

 葬儀等は身内だけで行うことが、会見後に伝わってきた。やはり後から実感がわくなり、なんなりあったのだろうか?そこらへんは色々と考えられるところでもある。まぁ後から報道特集あたりで「独占密着取材!被害者親族のその後」とか特集番組が出てきたらがっくりきてしまうが…。


 あとはなにかあるかな。動機としてInternet上の書き込みが発端…ってあたりからその辺の論議も始まりそうな気も。

 まぁ実際、「文字だけで行われるコミュニケーション」に対する警鐘は早い内に鳴らしておいた方が良いとは思うので、それを教育に取り入れるのもよかろうて。逆に、そういう話とか今までしていなかったのかな?

 これから先、有る意味そういう文字だけのコミュニケーションでの「深読み」というか、「思いやり」とか「妥協」とか必要になってくる世界が広まってくるから(子供のコミュニケーションがそれにとってかわる…という意味でなく、増えるという意(社会に出てから、仕事とかでさぁ…)。…んでも「とってかわる」人もいるだろうか…(--;))、一律に規制するだけでなく、うまく利用する術を教育して頂きたいのココロ。まぁそのきっかけにでもなれば…。…なるかなぁ?規制の方が楽だからなぁ…。


 ああ、あと、関連取材の中で「パソコンが趣味」という語句が結構出ていたと思う。これには少し違和感を覚える。それをやり玉にしている…という点ではなく、「パソコンが趣味」という語句自体が不自然なのではないかと。

 パソコンが趣味といっても多種多様だろう。俺の親父…は、ちっと特殊だと思うが、ひたすらWordをいじくり倒している。どうもワープロの延長線としか捉えておらず、せっかくInternetに接続しているPCだというのに、ブラウザを立ち上げているところを見たことがない。

 しかし同じPCを時間別で使用している妹は、ひたすらブラウジングとメールの日々。

 この二人は言ってみれば「パソコンが趣味」とくくってしまえるが、たとえば妹が犯罪を犯した場合ぉぃ、同じ趣味だからその部分だけを見る…といっても、同じ指向性と言えるだろうか?

 パソコンといっても、情報収集と作文にしか使ってない人もいれば、コミュニケーションツールとして使っている人もいる。グラフィックツールに使っている人もいるだろうし、他の用途だってある。それらを複数組み合わせて使っている人もいるだろうし、そういう人々を「パソコンが趣味」というくくりでくくってしまって良いのだろうか?

 そういう視点の単純化によって今後の対応を検討されると、何か間違った方向に進んでしまいそうで怖い。せめて視点くらいは柔軟に、あっち見たり、こっち見たり、見方を変えたり柔軟にしてもらいたいものである。

2004/06/01

本業の質問

 ちょっと仕事上のことでどなたか教えて頂きたいんですけれど、MSOffice2000などに付属していたMSバインダー。結構重宝してたんだけれども、OfficeXPから付属してないとのこと。

 …OfficeXPでバインダーみたいに複数のファイルをまとめて扱いたい、管理したい…って時にはどーすんの?

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »