2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« 色設定、ほぼ決定 | トップページ | うーん… »

2004/04/30

キャシャーンがやらねば、誰がやる

 見てきました。キャシャーン。あの話題沸騰の、映画版。うわは~。

 …っていうことなので、この先ネタバレになるかもしれないので、未見の人は要注意。

 個人的には「結構出来、悪く無いんじゃない?」という感じです。あまりにも色々言われているこの映画ですが(見に行く前に結構読みふけりました(^^;))、逆に悪評ばかり聞いた後に見ると、それほど目くじらを立てるほどでもないかという安堵に包まれます。

 途中までは。

 印象として、取捨選択がうまくいっていない映画なのではないかと。やはり映画として2時間を超える場合にはよほど多くを詰め込めなければならない必然性があるのですが、今回の映画は結構尺を詰めようと思えばシナリオ段階でどうにかなったのではないかと。ただ、監督のやりたいことてんこ盛りにしてしまったために冗長になってしまい、若干キツいところになっています。

 やはり長編映画を撮ったことがない監督だからか…ということでしょうか。自主製作ででも長編映像を作成し、その辺の訓練をしておいて頂きたかったところですね。

 まぁ代わりに、これでもか、というほどの「監督のやりたかったこと」がてんこ盛りで、有る意味リビドーの豪華なはけ口となっており、それは正直、うらやましいところではあります。

 とはいえ、それで作品の出来が良くなるかと言えばそれはまた別の話。特に、キャラクター達の主義主張が繰り返し語られることにより飽和状態になり、その主張をまとめることが出来なくなって破綻的結末に向かってしまう…という悪循環を起こしているか…元々こういう結末にしたかったか…。かなり(私見として)消化不良な結末を迎えてしまいます(特に取捨選択できてなかったのはこのへんか…)。

 さぁ、ネタバレです。いよいよもって気をつけてください。

 映画の印象から頭に浮かんだ別作品、「イデオン」。

 みんながみんな死んでしまうから…、そういうことだけではありません。時々、画面に意味不明な「ノイズ」が入ったり、稲妻が落ちたり、登場人物が助けられたりします。そう、それが「イデの力」なのですぉぃ。

 今時このオチは無いでしょう。もう少し建設的にしていただきたかったところです。少なくとも観客が気持ちよく退場できるような。

 ともかくも、キャラのサーガといいましょうか、運命の位置づけが互いに相反しているため、破綻に突き進むしかない図式であり、「イデ」はそれを延命しているに過ぎない…というストーリーコンセプトになってしまっているので、見る側に救いが無く、劇場を出た後など、結構落ち込みます。

 また、その経過においても、「戦争」とかのとらえ方によって、キャラクター達に共感できなかったり、すりあわせられず、のめり込めなかったりします。

 個人的印象ですが、「ファーストガンダムは面白い!SEEDは全然ダメ!」って人はダメなんじゃないかな。逆に「ファーストガンダムよりもSEEDの方がリアルじゃん!」という人だと、意外とこのキャシャーンは面白いかもしれません。特に「イデオン」を見てなければ(^^;)。

 まぁ他にも言いたいところは山ほどありますが、長くなるのでこの辺で。そういえば批評の中で、ここあたりは結構的を得たくくりになっていますね。そーかー…、エディプス神話か…。知らないや…(^^;)。

 ただ、見てきたこと自体、お金を払ったこと自体(1,300円でしたが)は全然後悔していません。話のネタとして、こうまで語り甲斐、ツッコミ甲斐のある映画は他にあまりありません。

 幸いにもアニメ版にはあまり思い入れがない…というか、ほとんど覚えがない(あまり見てなかったかもしれない)ので、その辺だけはスルーですけれど、画自体の出来はいいだけに「ここをこうすればっ!」と各自語りやすい映画です。そういう意味では「是非見ておけ!」と言いたい映画ですね。保証はいたしませんが(^^;)。

 あとまぁ「怪獣もの」「ヒーロー・戦隊もの」でない、特撮(?)ばりばりの邦画というのは滅多にないので、こういうジャンルを保護する意味でも、もうけさせたいところですぉぃ(んでも本音)。

« 色設定、ほぼ決定 | トップページ | うーん… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/517040

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーンがやらねば、誰がやる:

« 色設定、ほぼ決定 | トップページ | うーん… »