2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

« おろそか | トップページ | 自転車の選び方 »

2004/04/07

ブロンプトンで通勤

 ブロンプトンを通勤に使用中。至って問題なし(折りたたんだブロンプトンを4階から抱えて降りるのはさすがに面倒くさいが)。サイクルコンピュータで時計や速度が表示されるので、そのあたりで走行管理を行う分、ペースを上げて通勤時間が数分短縮されたような気がする。

 また、職場に赤のブロンプトンを狙っていた人がいたらしく、「くそー、先越されたー!今更赤買っても、山田の真似になっちゃうじゃん!ちっ、緑にしよう」と、影響しまくり(^^;)。

 ちなみに他にカプレオモデルのBD-1乗りも居るのだが、試しにブロンプトンに乗ってみてもらった。まぁ「剛性が足りねぇ」とはBD-1乗りらしい、想像通りの感想だが、そのほかに「フロントが暴れて困る」というのは意外な感想だった。まぁ、U字に近いハンドルだし、高速走行には決して向いていない構造だが、それほど困るような構造ではないはず(元々後輪に体重をかけるような乗り方をしているらしいが)。

 ふとそいつが乗っているところを見たり、想像した範囲での話になるが、理由はやはりライダーの基本姿勢ではないだろうか?

 先のBD-1乗りはともかくスピード重視。立ちこぎ気味で全身を使ってペダルを漕ぐような姿勢になっている。そらまぁ、T字ハンドルに、フレームに折れる部分がないBD-1なら、そういう走り方も可能やて。…っていうか、本当にスピード重視なのね(^^;)。

 反面、おいらはしゃおらどんの「サドルから腰を離さないとしっかり力がペダルに伝わらないのは、自転車の設計が悪いか、乗り方が悪い」とかなんとかいう話で、できるだけサドルから腰を話さないように心がけたライディングであり(きちんとした自転車で…という前提)、副次的に車体を左右に振らないライディングにもなっている。ペダルはビンディングを意識し、出来るだけ力が逃げないように注意するような漕ぎ方(?)。

 前者は全身のバネを利用して発生した力を思いっきりペダルに伝える方法だが、漕いだ右半身と、収縮した左半身という風に、左右の動きが大きいため、常に重心が左右に移動し、必然的に車体が振られる姿勢になる。車体に左右への力がかかってしまうわけですな。

 しかし後者はサドルとペダルの間だけで力が働き、また力がペダルからできるだけ逃げないように注意を払うことで、左右の振れが少なくなる。必然的に、ハンドルに対する力のかかり方も弱いわけだ。

 当然、前者の方が加速も速度も出るライディングだと思うが、ロスを少なく、スマートに…がおいらのポリシーなのでぉぃ、後者で全然問題なし。まぁ時々ビンディングが欲しくなるが、ブロンプトンにビンディングっつーのもねぇ…(^^;)いや…やってみるか?。

 まぁ基本はポタリング、んでも中距離移動もスマートに…ってのあればいいか~…って程度のもんなんで、いいでそ?きっと(^^;)。


 ところで、職場には先述のBD-1乗りの他にY君というのがいる。一応そいつも自動車のトランクに入れるようにフォールディング車を持っているのだが…試しに乗せてもらうことになった。

 で、その自転車のハンドルを握って、ペダルに足をかけた途端、ぞわぞわーっと背筋に悪寒が…。「ガン・スミス・キャッツ」でラリー・ビンセントが、ついサタデーナイトスペシャルを握ってしまって、その出来の悪さにぞぞっとするところがあったけれど、そんな感じ?(^^;)わかりにくい例えだなぁ…

 ともかく安定性が恐ろしく悪い。ペダルに足をかけただけでそれがわかる。見た目は普通の小径車なのだが、小径車ということなどどーでもいいような安定性の悪さだった。それなりにいじってはいるが、基本的な部分、フレームとかハンドルとかタイヤなどはノーマルなハズなのに、なぜにここまで安定が悪い?

 BD-1乗りはフレームの出来が悪くてゆがんでいるというが、おいらはハンドルに目をつけている。ハンドルと言うよりはステーか。微妙に前に曲がっているのだ。フレームから前輪のフォークは斜めに取り付けられているのだが、そのままステーを延ばすと、サドルとの距離が取れなくなってしまう。そこでステーの取り付け部からこれまた前方に傾いているのだ。

 要は、ハンドル、ステー、フレーム取り付け部分、フロントフォーク、前輪…というパーツ類を線で結ぶと、フレーム取り付け部分よりやや上の部分で“く”の字に曲がる形になっているわけだ。しかも、フレーム取り付け部が比較的低く、ステーが結構長くなっているのも不安定性の助長に一役買っていると思う。

 言ってしまえばロデオに近い。いや、ロデオに乗ったことがないので本当は比較は出来ないのだが。しかし、一応”乗用車”の自転車で、その構造はどーよ…という感じ。ここまで出来の悪い自転車というのは初めてやね…。まぁロデオみたく「それが狙い」というのであれば話は別だが、一応乗ってしまえばそれなりに乗れてしまうあたり、それが狙いでもあるまい。もちろん、走っているときも気が休まるときがない。

 こんな出来の悪い自転車、どこのよ…?と思ったら、イギリス製らしい。…うそぉ~ん?設計:イギリス、製作:そのほかの国…かもしれないが。「同じイギリス車じゃん」とかくくられると腹が立つ…(^^;)。

« おろそか | トップページ | 自転車の選び方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27753/424373

この記事へのトラックバック一覧です: ブロンプトンで通勤:

« おろそか | トップページ | 自転車の選び方 »