2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

2018/02/17

肘折温泉に自転車で行く方法

1年近く休んだBlogだけれど、最後の記事が肘折温泉輪行計画なのねん。これは実際実行した。

経緯は漫画にもしてる(コミケで頒布してるけど、なぜかCOMIC ZINには卸してない)が、Blogでもちらっと。

ルートが二つあって、前の記事に書いたのが国道458号線を通る正攻法ルート。

普通のルートなのだけれど、途中、かなり勾配がキツい所がある。10%以上あるんじゃないだろうか。車両だと気づかないだろうなぁ。それが結構続くんだ、これが。

勾配・疲労は今までの温泉輪行の中で一番キツかったのではなかろうか?
(長湯温泉ん時も相当キツかったが、キツ過ぎて記憶が飛んでるので正確なところはわからない)

走行時間的には2時間半といったところ。キツいのはこのうち1時間くらいか。ただ、景観的にはいいもので(特に新庄出てからしばらく経ったところ)、キツくない所は楽しめる(^^;)。


» 続きを読む

2018/02/16

探す「インスタ映え」

blogを休んでいる間にインスタグラムを始めた。rayogamioで検索してみてほしい。現在のところ、1日1枚アップしている。

1日1枚写真を撮っているのではなく、過去撮影した中で、自分なりにセレクションしたものをアップしている形。自分なりの「インスタ映え」しているのをアップして200枚を突破した。

ただ、さすがにそろそろ在庫尽きそう。

まぁ1日1枚アップしないと死んじゃうってわけでもないので無理しなくてもいいのだけれど、つい頑張ってしまう。週末に「インスタ映えする写真を写すんだ…」とカメラ片手に街中をぶらついてしまうが、そういう時に限ってなかなかいい写真が撮れない。

そうなると過去の写真をまたひっくり返し、以前は没にした写真を見直して「これはいい写真に違いない」と自分に思い込ませてインスタにアップするという行為にまで…(^^;)。

インスタ映えに踊らされる身は、かくも悲しい運命をたどることになる…ぉぃ。

iPadフル活用の仕方(間違った)

たまたまある作業のために、iPadやiPhoneを合わせて4台をフル活用したことがあった。

いくつかのアニメの主題歌をiPhoneに入れたくなった。そこでiPad上のiTunesを立ち上げ、アニメのタイトルを入れてみる。しかしヒットしない。最近はアニメ題名と曲名がマッチしないことが多々ある。そこで別iPadでアニメを検索してそこから曲名を検索。

一発で検索ヒットすればいいのだけれど、「それらしきキーワード」がヒットするのみの場合もある。その場合はさらに別iPadでそのキーワードを検索して確認し、問題なければ最初のiPadのiTunesに入力して購入する。

ただ、購入した場合は費用をメモっとくタイプの俺なので、そのアプリが入っているiPhoneを立ち上げる。

省みてみると、iPad3台、iPhone1台を立ち上げている。なにしてんねん?

まぁいくつかiPadのマルチタスクを使えば良かったんだな…と思い返すと、家計簿を除いてiPad1台で済んだ気がする。ただ、普段耳にしないキーワードを検索窓に何度か入力するので、「画面を見ながら」入力したかったのでそんなことになってしまった気がする。それもコピペ使えば十分済んだ気がするのだが(^_^;)。

ま、今後は出来るだけデバイスを少なく使いこなしていくことをテーマとして考えて行くべきか。

2018/02/15

スケッチのきっかけ

ある日銀座で和食定食を食ったとき、ついでにビールも飲んでしまった。

いい感じに酔ったのだが、そのままアップルストアに行くと、ちょうどスケッチウォークというワークショップを開催するところだった。

たまたま自分の機材一式を揃えて持っていて、時間も余裕もあり、酔ってる勢いもあったので、つい参加してしまった(^_^;)。

ただ、てっきりアップルストア内でなんかするのかと思ったら、銀座の街中に出かけてスケッチするというもの。iPadで外でスケッチなんて、記憶の限りはした覚えはないな(喫茶店等屋内はある)。そういうの、なにより恥ずかしい。一人ではする勇気はないが、ワークショップで団体で、しかも酔った勢いもある(^_^;)となればなんとか屋外スケッチもこなせた。

まぁ短時間ワークショップなので作品の出来不出来は別にして、いい経験ではあった。なんとはなしに、一人でスケッチしててもいいんじゃないか、という気にもなり、今後何かの機会にスケッチしてもいいのかな、という気にもなっている。

ただ、今回のワークショップ参加者の中に、スケッチ中にずっとアジア系外国人に話しかけられていたという恐ろしい話も聞いて、場所を選ぼう…とも思った次第(^_^;)。

#まぁおいらのこと。結局写真撮影で済ませてしまう気もするが(^_^;)。

2018/02/14

冬の肘折温泉を勧めるワケ

この記事は、大雪のところには行けないだろう、行くと迷惑だろうという人向けに書きます。

この記事を書いている時点で日本一の積雪深(アメダス観測網に限る)を誇る肘折温泉というところがある。ここ数年、少雪だったが、久し振りに4mを軽く超える積雪深に、思わず宿を予約してしまった俺。積雪深ピークじゃない頃の来訪になると思うが、雪見温泉としゃれこむぜぇ〜。

ただ、この肘折温泉、山間部というか、秘境っぽいところにある。路線バスで(雪による徐行がなければ)50分で着くところ、まぁ人里離れた集落ではあるけれど、山形新幹線終着駅新庄駅を降りて、そのバス一本で行ける結構気軽な場所だったりする。


» 続きを読む

2018/02/13

iPadでできないこと

最近はよくiPad Pro2の12.9を持ち歩き、PCに代わって大概のことをこなしている。かなり便利。

もちろんできないこと、あるいはMacで行う作業もあるが、かなり限られる。おいらの場合はこういったことをPCで行ってるかな。

・3DCGの作成・編集
・漫画原稿の大量ページの編集(総集編作成とか)
・デジカメで撮影した写真データの収納(編集はiPadでも)
・NAS上のファイル整理
・3アプリ以上でデータを行ったり来たりする複雑な作業
・キーボード+タッチパッドのオペレーションが便利な作業
・長い文字入力
・Zipファイル作成、またその送信など

…限られてないな (^_^;)。

ただ、あまり日常的な操作ではない。ともあれこの辺はMacbookで行なって、日常的にはiPadだけで十分だし、クリエイティブ作業も結構iPadで済んでいる。補助的なクリエイティブ作業はMacBookだけど。

あとファイルメンテナンスには荷が重いというか、タッチ操作では逆に面倒といったところか。まぁできないこともないので、そこはタイミング次第で。

ともあれ、iPadもだいぶ便利になりましたよ、という話です。あ、Proね。Pro。

2018/02/12

Blogを再開してみたものの…

1年くらいBlogを休んでおりました。

Twitterの方が簡単だったり、Blog更新に便利なノートPCではなくiPadを携帯するようになって更新頻度が激減したからであって…。

ただ、Twitterで描ききれないことがあったり、長文で何か書きたいというときもあります。iOSのバージョンが上がり、Blog更新が簡単になったりと環境が改善されました。

こりゃいいや、とBlogも再開しようかと。

とはいえブランクはどちらかというとBlogネタの探し方、広げ方を忘れさすに十分な期間だったようです。なかなか記事が書けない。頑張らねば。

2018/02/11

草津の楽しみが一つ減る

温泉旅行によく行く身だけれども、草津温泉にもよく行く。いい感じの温泉なのだけれど、空いた時間はスキーしないくせに本白根山にも登っていた。

「白根火山ロープウエー」で「本白根ゲレンデ」の上まで行き、さらに山頂付近まで行くリフトでてっぺんまで登る。冬場にスキー板も持たずにここまで来る人もそうはいない(いないことはない)。

スキーもしないのになんでまたそんなところまで?と言われるかもしれないが、2,000mクラスの標高で樹氷にまみれ、雑音の少ない、空気が清浄なところに身を置くだけでも結構面白いもので、リフレッシュ気分でよく行っていた。

…が、2018年1月23日にまさにロープウェー、ゲレンデ横で噴火をおこして火口が出現。今後も噴火の危険性があるとのことでゲレンデもロープウェーも閉鎖される恐れがあり、実際そうなったらそこに冬場に行くすべがない。まぁ入山規制がされていれば、夏場も行けないが。

冬場の温泉近くの2,000m級の高さでお気軽に行けて、でも人の少ない豪雪地帯。無いよなぁ(^^;)。ああ、お気に入りの場所が減ってしまう。

まぁさすがに自然災害とくればいかんともしがたいわけだけど。うーむ…、残念無念。

レンズの大口径と小口径

個人的には大口径至上主義だった身の上ですが、ある日借り物のエルマーM 50mm f2.8で撮影した日常風景の一枚のさりげなさに衝撃を受け、スナップシューターは小口径だ。と衝撃を受けたものです。

f2.8を小口径と言っていいのかわかりませんが。

ともあれ、f2とかf1.4にこだわらなくなってはきたものの、まだその小口径の良さを把握しきれていません。

手持ちレンズの中で1番の小口径といえばf4のトリエルマー28-35-50mmです。先の衝撃後、はじめて「あ、旅行に便利じゃん」と改めて思い始めましたが、こちらもまだ使いこなしていません。なぜか遠景ばかり撮り始め、近距離とかにも使えばいいものを活かしきれず、深淵すら覗き込めない有様…といったところ。

こういうのは経験を重ねて経験値を上げていくしか対処のしようがないような気がする。ポートレートだってそんな感じだし。もっと色々出かけなくちゃだな。

2018/02/09

M10とSL(Spiegel Los)

最近のおいら、カメラはライカのM10とSLがメインのカメラになっている。

二つのうち最初に買ったのはM10だが、確か発売時期はSLの方が早かったように記憶している。しかしスペック的には一長一短。使用シチュエーションでどっちがいい、悪いが変わってくる。

先に使い分けの結論を書いてしまえば、のんびり散歩にM10、じっくり撮影にSL。ただ、気分で入れ替えてもいいという、微妙な位置付け。ある種困ったもので、とはいえ楽しみでもある。

M10は絶賛ローン支払い中の新機種。それまでM型ライカを受かってきたノウハウがそのまま活かせつつ、独立ISOダイヤルを駆使できるなど、直感的な撮影を身軽なボディ(それでも重いが)が実現させてくれる。

唯一の欠点(特にSLと比較して)といえば、レンジファインダー故撮影画像が撮影時確認できないことか、一眼レフやミラーレスと違って。


SLはM9-Pと引き換えに半値で手に入れたボディ。初めてのミラーレスだし、純正レンズを持たずにM型レンズのみで使用しているので、ポテンシャルを十分に活かしきれないハンデ付き。それでもレンジファインダーでは味わえないレスポンスのいい内蔵EVFに操作性。なんとかその高解像度がM型レンズの魅力を引き出してくれる。

ただ、重い。それなりに散歩に持ち出せるまで我慢できる重さだけれども、重いレンズを装着してしまうとかなりな荷物になってしまう。一眼レフよりも重くはなってないとは思うけれど、どうにかならなかったのか…。「画質優先」「ミラーレスだからって軽くする必要はない」というライカ社の理念なんだろうけれど、「カメラはフットワーク」という理念もある身としては、ちょっとツラい。

そんな2機種を抱えて、撮影機会の度にどちらを使うか頭を抱える日々です。

«肘折温泉輪行計画