2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

2017/05/10

肘折温泉輪行計画

孤独の輪行等、おいらが描く輪行の漫画は実体験、実際に輪行した経験に基づいて描いている。

しかしその中で唯一、山形県の肘折温泉だけは輪行しないうちから描いているし、今もまだ輪行で肘折温泉に行ったことは無い。

もともと最初、骨折の湯治に行ったので、自転車で行けるわけがない。

他の機会でも自転車を載せられない高速バス(深夜バス)や友人の車で移動している。

1回だけ新幹線で行って自転車も持って行ったが、移動時は雨で走れなかったので、路線バスで移動した。温泉街では晴れていたのでその辺りでは走り回ったので輪行したことにはなると思うが、目的地までの移動に自転車を使用していない点で「輪行」と言い張りにくいと考えている。

一度くらいは新庄〜肘折温泉間を自転車で走っておきたい。


» 続きを読む

2017/04/28

iPadでネーム作業するためのアプリ検討

おいらの漫画の作風は解説漫画で、盛り込む情報量が多い。この場合のワークフローは、以下のようになる。

a.アイディアマップで盛り込む項目を挙げて整理して抜粋
b.テキストエディタでテキスト化
c.クリスタでセリフの配置
d.Prcreateでネームと作画
e.クリスタで仕上げ、ページ編集等

クオリティがいいのだが、手間はかかる。まぁ漏れをなくすためには必要なフローかなー…と思っている。

とはいえ、キャラクターが活躍する漫画だったら、ここまでの手間をかける必要はない。

» 続きを読む

2017/04/26

Brompton world championship Japan2017を観戦してきた(余談)

L1001469

4月23日(土)にBrompton world championship(BWC) Japan2017というのが千葉県の袖ヶ浦フォレストレースウェイというところであった。例の「スーツ着てレースする」バカ企画(^^;)主催者自ら言ってます(意訳)。…言ってなかったっけ?

そのレースでは過去、転倒して鎖骨を折った(完全に自分の落ち度)ことがあってトラウマがあるのと、最近会場が自動車サーキットになり、経験値稼ぎとしては面白そうなものの、殺風景な風景の周回というのはあまり心地よくなさそうだし、そもそも応募期間を忘却していたので選手としてエントリーはしてなかった。

とはいえ、レース会場が袖ヶ浦になって(今回2度目)一度も行ったことないのもなんなので、観客として行ってきた。

実のところは近々の旅行のためにBROMPTONのP6Rに乗り換えたんだけれど、整備後の調整、輪行の勘を取り戻すリハビリのようなものでもあって…(^^;)。

» 続きを読む

2017/04/24

麺の違いを考える

「お煮かけ」こと「おにかけ」を長野で食した話を書いた。

季節の野菜を煮込んで、そうめんにかけて、ほぼ汁なしで(でも野菜の煮汁が結果的に入る)あつあつで食べる。詳しくは検索してください。たぶん狭い範囲でレシピなども違うと思うけれど。

ともあれ、俺らが行ったそこでは麺は「そうめん」が地元のメインと観光協会等で聞き、しかし「うどん」で注文することも可とも聞いた。

実際、その食堂に行って「うどん」か「ひやむぎ」か聞かれたのだが、友人は「冷たいうどん」はあるかと聞いた。

いずれも「あつあつ」なのだが、ひやむぎと聞いて冷たい麺と連想し、そのうどんバージョンを連想したらしい。


ここで「ん?」と思うのは、「そうめんとひやむぎの違いはなんだろう?」ということ。

とりあえずこんなページが検索でヒットした。

「ひやむぎ」と「そうめん」の違い

ここに頼れば「ひやむぎと聞いて冷たい麺と連想する」のは自然であり、しかし作り手からして「そうめんとひやむぎと同じもの」「熱い・冷たいは関係ない」と考えられてもおかしくない。


とりあえずおいらの結論としては、他のページも見つつ、上記を踏まえたうえで「気にしない」。

一応、知ったうえで「気にしない」(^^;)。

言われた方に随時倣う形で生きていきます(^^;)。

2017/04/17

M10の暗所撮影

日も沈んだ夕暮れに桜を撮影する、M10の暗所撮影のテストを行った。

星も見えるかという暗さなので、必然的に感度はIS3200、6400あたりにせざるをえず、しかし手持ちで1/45でも気を抜くと手ぶれしてしまう状況。1/60とかそれ以上で撮り、F1.4でもアンダーながら、現像時の露出補正で持ち上げられる写真の撮影となった。

» 続きを読む

2017/04/15

最近のApple Watchの使い方

Apple Watch 2を使い始めて2か月半か。積極的には利用してないかも。

ほぼ毎日肌身離してはいないけれど。使ってるのは時計と通知機能、アクティビティモニターくらいか。それ以上の活用はあまり…。

ただ、エプソンのパルセンスの時でもそんな感じだったしなぁ。

普段の活動量計は物言わずに記録、運動時にこまめにモニタリングに徹する…って感じか。

パルセンス以上のウェアラブルデバイスとしての機能が豊富なApple Watchだけど、そこを通知機能以外で使いきれていないのは確か。

おかげで高い買い物だった感はあるけれど、損な買い物だった…という感じでもない。うーむ。

なんか「相棒」とは言いにくいけれど、とはいえ使い続けはする。


ああそうか、これから暖かくなってくると「袖をまくって」見るというワンアクションが減る分、もっと利用シーンが増えて依存してくるかもしれない。

2017/04/14

山菜の取り上げ方

山菜を取り上げた同人誌をいずれ作成したいと考えている。
(今年は取材・勉強に充て、発行は2018年目標)

フィールドを肘折温泉としているのは、基本的に山菜を通して肘折温泉を紹介したいスタンスだからなのだが、最近の構想…というか予習、事前準備の中で、肘折温泉を通して山菜を勉強する身のスタンスになりつつある。

何か違うか?…と言われそうだが、微妙に違うかと(^^;)ほんとかよ。可能であれば、両方の目的が遂げられればいいな。

肘折温泉の一つの顔の「山菜」を楽しみに行くとか、山菜がどんなものか、バラエティ豊かに採れる肘折温泉に行くとか。

山菜はあまり「栽培」されていないので(されてるのもある)、季節感をダイレクトに感じられるとか、自身で採るのも面白いとか。まぁ色々堪能する切り口はあると思う。

肘折温泉への誘因材料としては、その山菜の種類が豊富で、採れたて・新鮮な方がおいしいこと。行った方がいいわけ。


最近はこの辺りまで考えていたけれど、予習の中で「常備菜」というのも知った。保存食…というか、作り置きのおかずというか…。

そういうのを作って、持ち帰っておみやげや、家で食べる度に旅先のことを思い出してもらって…とかも考えたり。

まぁ話が膨らみすぎて収集つかなくなるのも困るけれど(^^;)。

2017/04/12

M型ライカの歴史(俺の)

ライカのM10の習熟訓練を続けている。

ライブビューの使いこなしと、ISOダイヤルの慣れ…といったところかな。いずれにしても、さすがに操作性が心地よい。国産一眼レフに比べればまだまだなところもあるかもしれないが。

またライカか…と言われるような気もするが、個人的には結構間隔をあけているとは考えている。

» 続きを読む

2017/04/10

最近、iPadで漫画のネーム、書きやすい?

右綴じのノートが無い。

iPadのノートアプリの話で、別に縦書きでテキストを縦に入力するわけではない。ちなみにそういう仕様のアプリならあるらしい。

今回の話は、右綴じのノートに右ページからApple Pencilで書き込んでいくようなアプリが無い…という話。

何に使うのか?…と問われれば、漫画のネーム。ネームとは、話の展開やセリフを考えたり、作画前に共有したりする、下書きよりも絵がざっくりしたもの。モノによっては当人と編集しかわからない代物。ただ、それが漫画の面白さを左右するといっても過言ではない重要なもの。

これがiPadでできると効率がいい。デジタルが便利…というより、アナログでやっていると試行錯誤で書いたり消したりしていると紙が…ね。ページの入れ替えも簡単じゃないし。ルーズリーフのようなものなら可能と思われるかもしれないが、右ページのものを左ページにはできないし。

ま、デジタルの方が便利な面も多いということ。欠点は電気が無いと作業できないのと、紙のノートより重いことくらいか。
(それが問題になるかもしれないが)

» 続きを読む

2017/04/08

電子書籍の展開場所

同人誌の頒布場所といえば、コミケ等イベントで、読者の顔を見ながら話ができるのがいい。
※まぁ新刊あると、印刷費回収の方に気が向いちゃうが(^^;)。

物理的なメディアなので、イベントに限らず持ち歩いて配れるのもいい。


これが電子書籍となると、読者の顔が見えないので今一つつまらない。テキストだけでもレスポンスがあれば相当うれしいのだが…。

いずれにしろ、電子書籍で頒布をしようとすると、その認知度が問題になる。認知度というか、Kindleにしてもサービス利用者の目に留まる機会が無ければどんな両本でも気が付いてすらもらえない。頒布数が少なくなる。

好きに作るのが同人誌の本筋とはいえ、どうせならたくさん読んでほしいという欲求もついて回る。

そう考えると電子書籍に現段階ではあまり入れ込めない。


ただ、電子書籍というメディアは自分も便利に使ってる。無視はできないメディア。

» 続きを読む

«最近の作画環境