2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

2020/11/17

iPhone12Proは512GBストレージにしました

M1搭載のMacが発表された今、何を今更…という話題ですけれど、まぁとりあえずiPhone12Proを購入したということと、ストレージを思い切って大きくしました…って話を書いてみます。

基本的にiPhoneはそんなに酷使するタイプではないんですよ。だから前使用モデルのiPhoneXsが256GBでも空きだらけでした。

ただ、12Proを機会に、なんとはなしに静止画・動画撮影を頻繁にしてみよう…と思ったわけです。カメラ機能が高くなったというし。

実際、3眼で超広角まで搭載すると、使用シーンが増えたのでカメラ使用頻度も高くなるかと思います。

動画編集もするかな…と思ってます。Insta360 one Xなども持っていますので、それをiPhoneに転送してSNSアップ…というのも十分想定されます。iPad取り出すのも面倒ですからね(編集はそっちの方が便利でしょうが)。

編集にA14が効果的に活躍してくれるとも思いますし、メモリも6GB搭載なので、Proの方が色々と有利ではないかと思ったのも要因です。

1番の要因は実は眼鏡を新調したことなんですけれど(^^;;。iPhoneでも画面が見やすい。Insta360 one X+iPhone12 Proで大概済ます旅っていうのもいいかもしれませんね。

 
さて、気になるのはiPad Proの方。現状、iPad Pro12.9第3世代でメモリ6GBの1TBモデルを持っていますが、ストレージの違いくらいしかアドバンテージなさそうです。いや、画面の広さとかApplepencilとかもっとアドバンテージありますけれど。

ただ、次期iPad  Proはメモリも8GB超えてくれないと、差別化ないな…って気にはなります。現状の6GBで困ってはいませんが。

M1MacBookに手を出すまで

先に書いておきます。M1搭載のMacBookは当面買わない予定です。なぜなら現在のIntel MacBookProのローンが終わってないから(^^;;。

ただ、興味はあります>M1搭載MacBook。

とりあえず性能面の速さとiOS・iPadアプリの互換性ですかね。

前者は当然Intelバイナリアプリが全部ネイティブになるとも限りませんので、エミュレーション環境下でも速度の低下がどれだけ抑えられるか。

後者はiOS、iPadを持たず、MacBook一台で用途が為せるようになる意義があります。お絵かきはそうはいかないとは思いますが、それ以外の用途は結構iPad Pro+ MagicKeybordで済ませているので、だったらクラムシェルでいいじゃん…ってことになるわけです。

加えてMacだけのアプリも動けば、かなり便利。仮想画面もあるわけですしね。

その辺りの情報が満たされないとまず検討にも値しないかな…と。まぁそれもすぐ揃うと思いますけれどね。

最初に断言したとおり、当面は今のローンがあるので手を出さないつもりですが…利便性によっては…(^^;;。

2020/11/13

鬼滅の刃に思うこと


相変わらず「鬼滅の刃」ブームが続いています。ブームに乗って商売しようってのがあったり、乗らないと時代に遅れてしまう…という切迫感に襲われたり。そんなん集まってエントロピーの増大みたいな意地悪な見方もしてしまいます。

ですが、あるひ公園で子供たちが「全集中!」とかボール遊びで遊んでいるのを見ると、やっぱり子供たちに普通に浸透している、しっかりしたブームなんだなぁ…と実感するところでもあります。

…と同時に、ブームになるには真似しやすいコピーがあることが大事なのだろうか…ともおもるところです。古くは「ライダーキック!」から、芸人のギャグまで。やっぱり使えるシーンがあると、自然とつぶやいて、それが広まっていくのでしょうか。

鬼滅の刃は子供のシーンだけでなく大人のシーンでも「全集中!」とか使えるわけですから。(多用するとウザいという話も(^^;;。

加えて、大人向けアニメとして作成(深夜放送ですから)され、放映後もコロナ禍で動画サイトで見られ続けられたことが牽引したのかもしれませんね。繰り返し視聴に耐えうる作画・演出クオリティが高かったのも要因かもしれません。

いろんな要素が組み合わさって今のブームがあるのかな…と。残念ながらコロナ禍も一つのファクターかもしれません。

2020/10/27

鬼滅の刃に思う

とりあえず、このBlog記事を書いている時点で「鬼滅の刃」は無限列車の映画公開から100億円突破の最速記録更新し、絶好調といえる。

…が、来年の今頃はどうか?

間違いなく今年いっぱい、なんなら今年度いっぱいはブイブイいわしてるだろうし、あとアニメの二期次第もあるだろうから、ひょっとしたら1年どころかもっとブームが続くかもしれない。

ただ、今のタイアップの多さを考えると、タイアップできる内にしてしまえ感がひしひしと伝わる。スキャンダルといったマイナス要素が出ない内に稼げるだけ稼ごう的な…。

まぁアニメのスキャンダルってばそうそう起きにくいので、無ければ続く…とは思えども、本編が完結しており、続編も無いことを考えると、そうそう長く続くか?という気もする。

キャラクタービジネスと見ると、某キャラクターに携わる友人曰く「10年越せば定着してるといえる」という言葉を思い出す。

まぁいつから勘定するかにもよるのかと思うが、「鬼滅の刃」はまだ新参だし、末永く考えるとまだ先は長そう。

いくら社会現象引き起こしても、一過性というのは過去にもいくつもあるしね。古い
けどダッコちゃんとかたまごっちあたりか。


ただ、気になるのはTVシリーズ放映後、しばらく経ってブームの波が高くなり、映画でターボをかける…って過去のパターンでもあった気がする。

「ガンダム」あたりではないかと。

あれもTVシリーズが終わってしばらくしてからプラモから火が付いたし、映画版も後から公開されたけれど、そこでも社会現象になっていたし。

違うのは原作のアニメ化が未消化ということ。あと当時は無かった「スピンオフ」という手法があること。
(ガンプラではMSVとか似たような現象はあったが)

それらを活かして、どこまで続くか見ものではある。果たして10年続くコンテンツとなるか。

比較的短期で連載終わったものの、伝説と化している作品はいくつかあるからね。「スラム・ダンク」あたりもそうか。ただ、キャラクタービジネス化はしてないか?
(最近桜木の出るアプリが出てたけれど)


あるいはお株を奪う作品が出てきたりとか。

漫画・アニメ市場拡大を考えるなら、それがあるのがいいのかもしれないけれど、そうそうブームは起きないだろうねぇ。色々条件が絡み合わないと。

今回もコロナ渦も多少は影響しているだろうし、かといってコロナ渦なら他の作品にも芽がある…ってわけではないしね。

まぁ、どうなることやら…。

2020/10/22

年下好み

年下の人が好みです。

飲食店の店主かオーナーは。

おいらが常連の飲食店はできるだけ通って、コロナ渦でも閉店しないよう応援しようとしています。遠方のお店はどうしようもないですが(移動制限もあったし)、近場はコロナ渦が原因という閉店は抑えられていると思います。

ただ、それでも閉店してしまうお店がちらほらと散見されます。体力の限界や、病気療養のためです。そうなると大概、おいらより年上の店主だったりするわけで、こればかりはおいらの力ではどうしようもないです。

…他のも本来はおいらの力で救っているわけではないんですけれど(^^;)。

ともかく、今後常連になろうと思う飲食店は、さりげなく年上か年下かチェックしようかと。…まぁ、年上だったから、じゃぁ通うのやめるか…ってなことはあまりないとは思いますが(^^;)。

あと、跡継ぎのいそうな飲食店も安心。京都のゆりやとか、肘折温泉の羽賀だんご店とか。…いや、都会に憧れて出てっちゃうって可能性も否定できないので、なんとか常連の立場から子供達を洗脳せねば…ぉぃ。

2020/10/19

蕎麦巡り企画

トラウマがある。

いつだったか…だいぶ前。沖縄から帰ってきて、でもまだカメラを持ち歩いていなかった時期だから、2001〜2005年の間の頃だと思う。

青梅〜奥多摩間を移動し、蕎麦屋をめぐる「蕎麦巡り」。意外と密集してるというか、ちらっと散歩がてら巡り、青梅線も併用すると結構な数の蕎麦屋を巡れて、結局1日で4食食ったのかな。そんな楽しい旅でした…。

それで終わるならまだいい。

こういう話を草の根BBSの友人らとしていたら、別の草の根BBSの友人らも興味を持ち、スケジュール調整したら、土日になってしまった。

幹事的な立ち位置の俺は2日間連続参加してしまうことになってしまい、昼間に蕎麦を4食を2日連続でこなしてしまった。

まぁ1週間後には平気な顔をして別の蕎麦を食ってましたが、しばらくはちょっと苦しんで、蕎麦巡りというとちょっとトラウマになってしまった。

しかし、そんな昔話を最近、その後の蕎麦好き友人が興味持っちゃって、また青梅〜奥多摩間に行くことになりそう。

まぁあれから自転車という移動手段も手に入れたし、蕎麦屋も新しくできたりしているだろうし、新鮮かもしれないけれど、トラウマはトラウマやねん。ちっと怖いなー。

2020/10/18

Lマウントアライアンス外のレンズ

最近の愛用のカメラはすっかりLeicaSL2とLeicaSLとミラーレスになってしまった。

マウントはLマウントながら、Leica製以外のレンズも出ているので、別メーカーのレンズもいくつか入手した。最近入手したのがこれ。

TTArtisan 11mm f/2.8 Fisheye ED

このレンズで注意しないといけないのは、Lマウントアライアンス外の会社が製作したレンズだということ。

どういうことかというと、電子接点がない。つまりはレンズの情報がカメラに伝わらない。

EXIFの記録ができない…程度なら良いのだが、問題はLeicaSL2搭載の手振れ補正が働かない…ということになる。どうもLeicaSL2は装着されたレンズが不明の場合、手振れ補正が働かなくなる仕様らしい。

そこら辺はLeicaの古いレンズも似たようなものなので、カメラ内にあるレンズリストでレンズを設定することもできる。そこでTTArtisanのレンズも仕様が近いものを設定してしまえば、手振れ補正が働いてくれる…はず。

で、手振れ補正に影響するのは主に焦点距離と思われるので、近いレンズを探してみると…11mmという特殊なレンズはLeica社製にはなさそう。

TTArtisanの件のレンズはF2.8という明るいレンズのため、通常の撮影ならそれほど手振れ補正が必要とは思わないが、その広角故(魚眼だけど)、星空撮影にも使える。もちろんそうなると基本的に三脚固定だが、手持ちでも撮影したい。そうなれば手振れ補正が必須…ということになるわけ。

で、LeicaSL2内のレンズリストの中にRレンズで15mmというのがあったので、この設定で1秒とか撮影してみると、ある程度止まる。

ただ、手振れ補正の誤差なのか、画面周辺のボケがなんかおかしい。ボケているのか、手ブレしているかよくわからない。まぁ、できるだけ三脚使用なんだろうな…(^^;;。

ちなみにTTArtisanのレンズといえば他に以下もちょっと欲しい。

TTArtisan M21mm F1.5

当然、また手振れ補正で困るのだが、21mmだったら設定あるだろう。

ただ、それ以前にLマウントアライアンスのSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN | Artを選べばいいだけの話な気がする(^^;;。

ただなぁ…、値段やレンズの明るさとどちらかをとるか…だな。

2020/10/16

そういえば、千葉の佐原に行ってきました

以前、こんな記事を書きました。

千葉のどこに行く?

その後、佐原に行ってみようかと思って、週末に輪行してみました。

まぁなにはなくとも佐原駅に行かないとねー…と思って電車に乗ったのですが、寝ぼけていたのか、気がついたら成田空港の第二ターミナルにいました。…何故?

まぁ、成田駅で乗り換え損ねたからなんですけれど、引き返そうと思っても結果的に到着が1時間ずれます(電車の本数の少なさ故)。だったら成田空港から佐原まで自転車で走っちゃってもいいかな…と走り出せるのが輪行の面白いところ。

結局20kmくらい走って、ちょうどいい運動になりましたね。途中、面白いものも見れたし。

で、カロリーが減ったので、佐原で有名な俺の家でうなぎを食おうかと。

滅多無いので奮発しちゃいましたね。

せっかく20km走って減った脂肪も復活しちゃったかも(^^;;。でも美味かったー。

腹ごなしに近くの川沿いをぶらぶらしてたら、そこが名所だったみたいですね。

潮来に似た感じで小舟も行き来する水路で、柳もあるし、風情があって楽しいです。もちろんその小舟にも乗れるし。

お茶も楽しんだりねー。

街の作り的にも小径車でぶらぶらするにはちょうど良い作りと規模じゃないかなぁ。なんかのほほんとしてよかったです。千葉の旅としてお勧めですよん。

他の写真はいずれInstagramにアップしよう。

2020/10/04

大人になりました

おかげさまで、大人の休日倶楽部の入会要件を満たすことになりました(^^;)。

早速入会せねば…と思うところですが、すでにあるビックカメラ・スイカ・ビューカードとの共用などを考えると、まずは細かいスペックを確認しておかなきゃな…と思うところです。

まず気が付いたのが、JR東日本、JR北海道でしか使えないということです。京都行くのとかには使えない。

地域限定でも肘折温泉しょっちゅう行くんだから、それに使えばいいじゃない…と思うところですが、山形新幹線のチケット買うなら、大人の休日倶楽部よりトクだ値切符を使った方がよっぽど値引き率が高いです。

ただ、水戸とか201km以上で新幹線使わないところに行く時には5%割引などが効いてきます。それはお得ですが、使用頻度は…どんなもんでしょ?

時期によって新幹線乗り放題切符というのも入手できます。ただ、これは4日間限定とかなので、1日1回は新幹線移動しないとお得ではないです。ちょっと落ち着かない旅という感じもしなくもないのでどうかなぁ…という気も。何か一度シミュレーションして面白い旅が組み立てられたら良いのですが。

他にもお得なツアー切符も手に入れられそう。

あと、Suicaのポイント還元率が高いという点もある。Suicaはこっちをメインにして、iPhoneのモバイルスイカへの登録を切り替える…のは難しくないかな?まぁそうすればお得と。

あと年会費もそれなりにかかるので、活用しないともったいないけれど、年会費回収できるほど活用しきれるかはちょっと不安。

同世代の友人らが大人の休日倶楽部に入会してくれれば、旅の機会も増えてお得率も上がるとは思う。ただ、同世代は車世代。車旅行に傾倒しているので、なかなか電車旅に付き合ってくれない。


…と、ちょっととりとめなく、まとめ切れませんが、大人の休日倶楽部の広告でメリットばかり頭に入ってきていましたが、よくよく確認すると制約も多いので、気を付けないとお得感が目減りするようです。

まぁ、入会しておいて損は…あって数百円程度に収まるか、適度に得するかのどちらかなので、持ってもいいのかな…と考えています。

京都伏見の旅

日帰りですけれどね、京都に何度もいっているわりにはそういえば一度も行ってなかった京都伏見神社にも行ってきましたよ。日帰りですけれど。

2020年の2月かな。コロナが流行り始めて海外渡航客が減り始めたところ。インバウンドがなくなって観光客が減り始めたー…って頃。まぁでも土曜だったのでそれなりに人出はありましたけれど、地元の人に言わせれば「全然少ない」って時に行きました。

まぁ伏見神社定番の写真しか撮ってないですけれどね(^^;;。特に下調べなしに行ったので、結構「登る」のを知らなくて、いい運動になりました。あと境内地図読み間違えて、軽く道に迷ったり(^^;;。

ちなみに外国人がまったくいないってことはなかったです。ちらほら居ました。ただ、明らかに日本人の方が多かったですね。外国人が減ったって見方のほうが正しいかもしれませんが。

ともあれ、ひたすら歩き回りましたけれど、新鮮な風景だったので、楽しかったですね。刺激にもなりましたので、また行ってみたいですね。一人でも、誰かとでも。

…で、ちょっと覚えたのが奉納。

伏見稲荷神社といっても境内が広く、お参り場所も点在しています。そこここでお参りした際の効力も違うらしく、色々お参りしなければなりません。

その際にお賽銭をだしてもいいのですが、ロウソクを灯すといったことも有りだそうです。もちろんそのロウソクもいくつかグレードがあって、奉納料も変わってくる…と。

で、まぁ幾つもお参りどころがあるので、安価なのを何箇所も灯していったというわけです。

なんか意外と達成感あるのでお勧めです。

また機会あればぜひ…。

«萩市の旅