ogamio.cocolog-nifty.com > 2008年4・5・6月撮影分

国分寺の桜・その1
国分寺の桜・その2
桜の川
桜の小川
国分寺の桜・その3
桜の川・その2
桜の川・その3
円覚寺の階段
街灯
春の紅葉
ガード下
灯り
盆栽
佐助稲荷神社
佐助稲荷神社・その2
佐助稲荷神社・その3
鶴岡八幡宮・その1
鶴岡八幡宮・その2
鎌倉高校前駅
猫様
逗子から見た海
異国情緒
秋谷から見た海
フレームカバー
自転車の置き方(悪い例)
サドルバッグの使い方(悪い例)
小径自転車群
駅ホーム
ハモニカ横町の空(その1)
ハモニカ横町の空(その2)
ハモニカ横町の街角
やっとまともなテストショット
街角の絵(その1)
街角の絵(その2)
雑貨屋の店頭
ハモニカ横町の空(その3)
街角の自転車売り
井の頭公園から
車窓の水滴
カフェ・カウンター
窓・その1
窓・その2
新宿の夜
自販機の灯り
深夜のS.A.
深夜のS.A. その2
深夜のS.A. その3
深夜のS.A. その4
深夜のS.A. その5
深夜のS.A. その6
高架下
朝日の中の新幹線
朝の名古屋(失敗作)
傷心の花
疾走する名鉄
乗り換え
車窓の川
車窓の田
途中下車の旅・その1
途中下車の旅・その2
途中下車の旅・その3
名古屋駅のタワー
頑張れ、ヒーロー達
ビル影
駒ヶ岳を望む
夕日を望んで…
いろりのあるお店・その1
いろりのあるお店・その2
いろりのあるお店・その3
窓の外の風情
窓の内と外の緑
自転車置き場
新緑
傘
農家の軒先で?
単線のある風景

<< 前 | トップページ | 次 >>

車窓の水滴

車窓の水滴

府中街道沿いのどこか(^^;)

創作活動をしている人はわかってくれると思うけれど、創作のプレッシャーというのは結構キツい。悶々としたストレスが溜まってきてしまう。これを発散したいわけだけれど、解決方法は色々あるわけで、おいらの場合は自転車で走るのも一つの方法だけれど、時間や天候に左右されてしまう。

特に家に閉じ込められた状態にすると、屈折した形でそのストレス発散のはけ口を求めてしまうわけで、例えば衝動買いとか、そういったものに流れてしまうわけです。

今回はズマリットM35mmF2.5(^^;)。

知っている人は知っているとおり、ライカの最新レンズ…でありながら、廉価版。…つっても、一般的には結構高い(^^;)。もっとも、色々なルートを探し、かつローンなどを駆使して、負担軽くしましたけれどね。

いやぁ、一時期「味のあるレンズ」にハマりましたが、昨今はなぜか「クリアでシャープな写り」を求めるようになってしまい、最新レンズが欲しくてたまらなかったのですよ。おいらの手持ちだとエルマリートM28mmF2.8くらいしかなく、35mm域で6ビットコードによる補正がかかり、最新技術で作られたレンズだとそこらへんの欲求を満たしてくれるのではないか…と。まぁ、廉価版ですが。球面レンズオンリーだし。

まぁしかし、同じ35mmにはF2.0とかF1.4とか、同社のもっと明るいレンズもあることだし、F2.5だとあまり期待できないかなぁ…と思いつつ、撮ってみました…ら、すげぇクリア。シャープ。開放でもピンさえあっていれば、レンズ周辺部でもかなり綺麗。

おいらの場合、レンズ周辺部で色収差があると「あ…ふん…」と力が抜けてしまうわけで、プリントとか、あまつさえWeb掲載程度だとそんなんあまり問題にはならないのですが、モチベーションには影響してしまいます。エルマリートM28mmF2.8はM8と同時発売だけあって、かなり健闘していますが、完全無欠とまでは…。

ただ、ズマリットM35mmF2.5はスゴい。どこまでもがっつりクリアな感じ。何が廉価版なの?…って感じ。さすがジャーマニーぉぃ。まだあまり使っていないので慣れていませんが、いい写真が撮れそうです…って、それはおいらの腕次第なのですが(^^;)甘えられなくなった。

ともあれ、車に乗っているときに絞り開放で何気なく助手席の窓の水滴を撮ってみたのですが、それだけで感動するまでのクリアさ。まぁ、この大きさに縮小してしまっては意味が無いですが(^^;)。

写真の詳細情報(Exif情報)

解像度:640 x 430
カメラ・メーカー:Leica Camera AG
カメラ型番:M8 Digital Camera
ISO感度:320
焦点距離:35mm
フラッシュ使用:Flash did not fire, auto mode
シャッター・スピード:1/750s
計測モード:CenterWeightedAverage
露光プログラム:Aperture priority

固定リンク