ogamio.cocolog-nifty.com > 2008年10・11・12月撮影分

水
階下のベル
搬入口の灯り
開演は後日
囲まれた時代
夜道
草津への空・その1
草津への空・その2
喫茶店にて
草津への橋
夜の湯煙
夜空の提灯
月の見えるビル
差し込む朝日
ゆもみ(リドリースコット風ぉぃ)
山の上の太陽
帰りの夕方
作り物の秋
入り口(何の?)
無題
五重塔
やっぱり無題
参拝
のぼり
壁画・開放
壁面・絞り
オープンカフェ
黄金に輝く
夜道・その2
夜道・その3
鵠沼の浜
江ノ島の猫様
陽が差す方へ
逆光は勝利
窓の向こう
階段の向こう
海を臨む
つり中
階段を上りつつ…
階段の上に…
砂浜定番の写真
そんなわけで、
自転車だらけ
自転車の置き方
のんびり土手
自転車そっちのけ
ストーンサークル
ハロウィンの足音
昼過ぎの築地
無題
築地市場のひとこま(カラー版)
築地市場のひとこま(モノクロ版)
誰もいない…
囲まれた家
銀座の屋上
横断歩道
お昼寝中
お裾分け
小径車の美しさ
日本一の山
輪行袋の使い方
L1000032_2
L1000034_2
サイクルファッションショー・その1
サイクルファッションショー・その2
サイクルファッションショー・その3
ギミックの美
L1000104
L1000105
ブロンプトン萌え
秋の空
L1000003
イチョウの絨毯
お蕎麦で一息
L1000010
RF群
L1000011_2
Epsn0948
Epsn0951_2
御嶽渓谷の秋
L1000013
Epsn0954
L1000017
L1000018
L1000019
Epsn0957
L1000023_2
L1000029_2
L1000030
Epsn0962
L1000039
L1000050_2
L1000051_2
家族の秋
スパナ
ドリル
皆が見ないコミケの顔・その1
皆が見ないコミケの顔・その2
皆が見ないコミケの顔・その3
皆が見ないコミケの顔・その4
皆が見ないコミケの顔・その5

<< 前 | トップページ | 次 >>

皆が見ないコミケの顔・その1

皆が見ないコミケの顔・その1

ビックサイト付近

ここからはコミケの写真ですね。…つっても、よくある写真ではなく、普段見かけない光景とか。まぁ、たいしたのではないですが。

例えばこれ。設営中の写真です。

身の回りでは当たり前ではあるのですが、それ意外には知られていないのかな?コミケのイベント自体はボランティアで成り立っています。無償のスタッフが働いて、3日間で50万人以上人の行き来のあるイベントが成り立っているわけです。(定義上、スタッフも一般入場者と同じ
「参加者」の扱いなんです、本来は)

勿論まったくお金が動かないわけではなく、サークル参加者の参加費用、企業ブースの出店料等々、収入もあるわけですが、展示場賃貸費、機材レンタル費(あそこの机・椅子は会場備え付けではありません)、無償スタッフでは責任を負いきれない部分を任す本業警備員等、その他お金がかかる部分に大概消えているようです。

そんなわけで、意外にその裏側は質素(?)な顔を見せるわけで、机・椅子も「好き者」が無償で並べていたりするわけです。

で、私もその一人なわけです。

ただね、これがやってみるとすごい楽しいのですよ。何かを作り上げる喜びというのが感じられる、希有な体験とでもいいましょうか。もうすっかり常連組ですよ。まだ勝手がわからないことも多いのですが(^^;)。

その中で、まだ人混みも人垣もできていない、だだっぴろい静かな会場が見られるのもまた貴重な経験でもあるわけです。まぁ、もう何年も見続けているわけですが、何度見ても見飽きないわけですよ。

写真の詳細情報(Exif情報)

解像度:640 x 427
カメラ・メーカー:LEICA
カメラ型番:D-LUX 4
レンズ口径:f/2
ISO感度:200
焦点距離:5.1mm
フラッシュ使用:Flash did not fire, compulsory flash mode
シャッター・スピード:1/30s
計測モード:Pattern
露光プログラム:Program

固定リンク