ogamio.cocolog-nifty.com > 2008年10・11・12月撮影分

水
階下のベル
搬入口の灯り
開演は後日
囲まれた時代
夜道
草津への空・その1
草津への空・その2
喫茶店にて
草津への橋
夜の湯煙
夜空の提灯
月の見えるビル
差し込む朝日
ゆもみ(リドリースコット風ぉぃ)
山の上の太陽
帰りの夕方
作り物の秋
入り口(何の?)
無題
五重塔
やっぱり無題
参拝
のぼり
壁画・開放
壁面・絞り
オープンカフェ
黄金に輝く
夜道・その2
夜道・その3
鵠沼の浜
江ノ島の猫様
陽が差す方へ
逆光は勝利
窓の向こう
階段の向こう
海を臨む
つり中
階段を上りつつ…
階段の上に…
砂浜定番の写真
そんなわけで、
自転車だらけ
自転車の置き方
のんびり土手
自転車そっちのけ
ストーンサークル
ハロウィンの足音
昼過ぎの築地
無題
築地市場のひとこま(カラー版)
築地市場のひとこま(モノクロ版)
誰もいない…
囲まれた家
銀座の屋上
横断歩道
お昼寝中
お裾分け
小径車の美しさ
日本一の山
輪行袋の使い方
L1000032_2
L1000034_2
サイクルファッションショー・その1
サイクルファッションショー・その2
サイクルファッションショー・その3
ギミックの美
L1000104
L1000105
ブロンプトン萌え
秋の空
L1000003
イチョウの絨毯
お蕎麦で一息
L1000010
RF群
L1000011_2
Epsn0948
Epsn0951_2
御嶽渓谷の秋
L1000013
Epsn0954
L1000017
L1000018
L1000019
Epsn0957
L1000023_2
L1000029_2
L1000030
Epsn0962
L1000039
L1000050_2
L1000051_2
家族の秋
スパナ
ドリル
皆が見ないコミケの顔・その1
皆が見ないコミケの顔・その2
皆が見ないコミケの顔・その3
皆が見ないコミケの顔・その4
皆が見ないコミケの顔・その5

<< 前 | トップページ | 次 >>

作り物の秋

作り物の秋

浅草付近

MPとD-LUX4を入手して、よく言われることがあります。

「M8の出番は?」

まぁもっと心配されているのがR-D1なのですが、それはとりあえずおいといて(^^;)ぉぃ。

たしかにオールマイティなD-LUX4に、渋く撮れる(?)MPがあったりすると、M8が邪魔っぽく感じられそうですが、間違いなく画質はM8に分がありますし、撮影した写真をすぐ確認できるところはMPではいかんともしがたいわけです。

レンズで遊ぶ、ということもやりやすいですしね。レンズそのものの具合をチェックするのにも丁度良いし。そう、ピンズレとかあるわけですよ。MPだと確認しづらいったらない。R-D1も距離計の問題で、M8ほどの精度無いし。

そんなわけで確認してったら、ノクトン・クラッシック40mmF1.4のピンズレが判明し、早速修理。店の人が言うには、「ここまでズレてるってのは、買ったときからズレてたんじゃないの?」と言われるくらいの豪快なズレっぷり。そう言われれば、ポートレートで明らかなピンズレを思い出す…。とほほ…、気づいておけば良かった(^^;)。

まぁともかく、修理したからには万全…ということで、受け取ってから即試写しまくり。確かにピンがばしばしあいます。しかしそのバッチシピンがあった部分も、絞り開放だとソフト…というのが「クラッシック」という名を冠した理由のノクトン・クラッシック40mmF1.4。そこら辺の味を味わいたくて、NDフィルタもIRブロッキングフィルタと一緒に装着。

実際撮ってみると、結構その味を堪能できるわけですが、まずはおとなしめのカラーでこの1枚。

写真の詳細情報(Exif情報)

解像度:430 x 640
カメラ・メーカー:Leica Camera AG
カメラ型番:M8 Digital Camera
レンズ口径:f/5.5
ISO感度:160
フラッシュ使用:Flash did not fire, auto mode
シャッター・スピード:1/60s
計測モード:CenterWeightedAverage
露光プログラム:Aperture priority

固定リンク