ogamio.cocolog-nifty.com > 2006年12月撮影分

国立の黄葉
黄色い大学通り
イチョウの木の下で・その1
イチョウの木の下で・その2
大学通りの紅葉
街角のデコレーション
道ばたの楓
街灯に照らされるイチョウ
イチョウのカーペット
街灯とイチョウ
夕暮れの店先
夜の徘徊・その1
夜の徘徊・その2
木登り猫たち
木に登る理由
猫の避難場所
落ち葉
師走の築地
無題
市場の風景・その1
市場の風景・その2
市場の風景・その3
市場の風景・その4
市場の風景・その5
クリスマス・イルミネーション
色はあった方がいいのか?悪いのか?・その1
色はあった方がいいのか?悪いのか?・その2
夜のイチョウ
江ノ島
江ノ島に続く橋
江ノ島の堤防
魅惑のかき氷シリーズ・その1
魅惑のかき氷シリーズ・その2
魅惑のかき氷シリーズ・その3
築地の看板
築地の混雑
魚介類の並ぶ店頭
だし巻きタマゴ
築地に転がるマグロの頭
築地の町並み

<< 前 | トップページ | 次 >>

江ノ島

江ノ島

江ノ島付近

 ここからはレンズ情報も込みで。もっとも、6bitコード対応のレンズなんて1本しか持ってないので、さして役に立たないけれど(^^;)。

 ともあれ、江ノ島の全景を雲込みで捉えた図。これもCapture Oneを使ってばしばし補正してある。同時記録したJPEGを確認すれば、コントラストがくっきり出ていて、とても陸地の表情などうかがい知れない。

 まぁでも現像の結果、R-D1とは違った風味に仕上がったような気が…って、ボディだけでなく、レンズも違うんだから当たり前か(^^;)。

 でもまだ勘をつかんでいない。ただ、空の表情と陸地の表情と、明暗くっきり分かれている悪条件ながら、RAW現像で情報を拾い集めてもそんなに劣化してないメタデータを考えれば、CCDは結構いいんでないの?…という気はする。

写真の詳細情報(Exif情報)

解像度:640 x 429
カメラ・メーカー:Leica Camera AG
カメラ型番:M8 Digital Camera
ISO感度:160
焦点距離:28mm
フラッシュ使用:Flash did not fire, auto mode
シャッター・スピード:1/2000s
計測モード:CenterWeightedAverage
露光プログラム:Aperture priority

固定リンク