ogamio.cocolog-nifty.com > 2006年5月撮影分

山車を待つ人
担ぎ手達?
焼き鳥・その2
焼き鳥・その1
見上げるフロア
明治の照明・その1
明治の照明・その2
明治の照明・その3
明治の照明・その4
明治の照明・その5
明治の照明・その6
こう見えても豆腐です(抹茶風)
丸ビルの大ホール
歌舞伎座
エゴノキ
お台場のビル
ゆりかもめ
駄菓子屋横町
団子のおすすめ
深川の風景

<< 前 | トップページ | 次 >>

丸ビルの大ホール

丸ビルの大ホール

東京駅付近

 丸ビル…だったかな、そこの大ホールでクラッシック演奏をしていたんですが、それを見下ろす人々です。
 ノクトン・クラッシック40mmF1.4はマルチ・コーティングとシングル・コーティングモデルと2つあり、前者が最近のレンズの処理、後者がそれ以前の古いレンズの処理…ということらしいです。
 もともとノクトン・クラッシック自体が古いレンズの趣を出すことを目的に作られたので、だーったらコーティングも昔ながらの方がいいんでない?…ということでシングル・コートを選んだ私。
 ただ、その違いはあまり顕著に表れず、逆光の時にちょっと違って見えてくるらしいです。
 じゃぁ逆光撮っておこう…と思って狙ったアングルがこれ。ただ、明るすぎたので絞りまくったのですが、絞りまくるとコーティングの違いが出てこないらしいです。ありゃ。まずはNDフィルタかな?…と思った次第(^^;)。
 ちなみに、右下にレンズフレアとおぼしき光芒が出ていますが、これが妙に変形した形。非球面レンズも使ってないんだし、丸く出るだろう、フツー…と思ったのですが、考えてみればレンズ正面の傷の形に似ているような…。それか?
 このほかにもばしばし写真を撮っていますが、傷が影響している画…というのがこれっくらいしか見つかってません。

写真の詳細情報(Exif情報)

解像度:640 x 425
カメラ・メーカー:SEIKO EPSON CORP.
カメラ型番:R-D1
ISO感度:200
フラッシュ使用:No flash function
シャッター・スピード:1/2000s
計測モード:CenterWeightedAverage
露光プログラム:Aperture priority

固定リンク