2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

関連リンク

 


検索


  • Google


    WWW を検索
    とめどなく雑記 を検索

写真ピックアップ2012/04-05

  • 夜の桜
    2009年初頭までは定期的に写真を掲載していたのですが、その後サボってしまいました。写真自体は折を見て撮影していたので、現在からお気に入りなどをピックアップして掲載していきます。ファイル名は特に撮影時期ではありませんので念のため。

2009年1・2・3月撮影分

  • L1000050
    2009年になっても相変わらずぶらぶら撮った写真に終始すると思いますが、ご勘弁のほどを(^^;)。

2008年10・11・12月撮影分

  • 皆が見ないコミケの顔・その5
    D-LUX4も加わっての、バラエティに富んだ写真アルバムに…なるはず?ただ、MPはフィルムなので、掲載する予定はありません。

2008年7・8・9月撮影分

  • 祭り
    一番忙しい四半期につき、写真は少なめになるかと思います。とはいえ、新レンズを使ったりして多少浮かれてはいるかな?(^^;)

2008年4・5・6月撮影分

  • 単線のある風景
    4、5、6月分です。特に説明も無いのですが…(^^;)。まぁのんびりスナップをアップしていく…予定かと。

2008年1・2・3月撮影分

  • 円覚寺・その4
    相変わらずぶらぶら撮っています。面倒なんで、これからは3か月分、まとめようかな。

2007年10・11・12月撮影分

  • 来年に向かって歩く
    相変わらずぶらぶら撮ったものです。あまりにもとりとめなく撮ったので、3ヶ月分まとめさせていただきます(^^;)。

2007年9月撮影分

  • 機上から見る雲
    9月撮影分です。主に久米島旅行で撮った写真になっています。

2007年4・5・6・7・8月撮影分

  • 夏の海
    相変わらずぶらぶら撮った写真です。ちなみにコミケの写真は入っていません。

2007年1・2・3月撮影分

  • 桜の風景・その11
    まだまだのんびり写真です(^^;)。なんか、撮っているのも楽しいですが、現像も楽しいですね。

2006年12月撮影分

  • 築地の町並み
    相変わらずR-D1メインでぶらぶら撮影したものを掲載していきます。紅葉も都心の方まで降りてきていますので、当初はそれを中心に…といったところになるかな?

2006年11月撮影分

  • P1020232
    距離計の狂いから一時期修理に出していたR-D1が帰ってきたので、ちらほらと撮影したものをアップします。
    でもなーんかぎこちないというか…写真に対する自分なりの立脚点がしっかりしてないというか…(^^;)。
    個人的にはしっかり楽しんでいるのでいいとは思うんですけれどね(^^;)。

2006年9月 石垣島周辺旅行

  • 車に積まれたエンジン
    9月下旬に石垣島及び周辺離島を旅してきたときの写真です。
    カメラはR-D1を修理に出していたので、LC1とF10です。Exifん時に機種が書いてないのはLC1と見てください(RAWを現像・エディットして保存すると、さすがにExifデータが残らないみたい)。明るいときにはLC1にはND8のフィルターを装着しています。

2006年6月撮影分

  • 富士山を臨む
    6月撮影分です。ちょこまかと撮っているのをあげていきます。
    色々なレンズも出てきますが、だいたい使うレンズが決まりつつあるような…。

2006年5月撮影分

  • 深川の風景
     ちょっと細かな撮影が入り組んでいる月なので、まとめてのアルバムにします。
     まず最初はくらやみ祭り。のんびり行ったせいか、人垣を越えられず、てんで山車とかの写真はありませんので、期待しないように(^^;)。
     次に有楽町あたりをぶらぶら歩きながら撮った写真、お台場や川越などと、色々取り混ぜてあります。

2006年4月 浅草・皇居前広場・銀座等

  • 紅い店先
    まだR-D1に慣れていないので、運動がてら、色々テスト撮影。その途上、Jupiter-12 35mmF2.8やアベノン28mmF3.5を買ってしまったり(^^;)。その他にはスナップショットスコパー25mmF4とカラーヘリアー75mmF2.5で撮影。

2006年4月 沖縄旅行

  • 赤壁
    買いたてのR-D1を片手に沖縄をうろついた時の写真です。 レンズは基本的にフォクトレンダーのUltron35mmF1.7。広角に写っているのはUltraWide-Hrliar12mmF5.6。飛行機の撮影など、一部望遠はNokton50mmF1.5。

2006年4月 三浦半島一周

  • トンネル入口
     三浦半島一周の旅ですが、お伴にR-D1も持っていきました。  この手の負担の大きい旅ではF10といった軽いデジカメの方が適しているんですが、買ったばかりだし(^^;)、カメラとして楽しむならこちらの方がいいですしねぇ…。  そんなわけでウェストポーチで出動です。カメラ用ポーチというのがあるんですな。一眼レフも入るタイプなので、スリムなR-D1だとレンズを数個入れてもまだ余裕があったりします。  ただ、便利ではあるんですが、ちょっとデカいんですよね。カメラが入る以上、仕方ないのですが。今回はまだ涼しかったから良いですが、今後は考えないといけないかもしれません。ムレるかも。  …で、レンズはウルトラワイド・ヘリアー12mmF5.6、Jupiter-12(35mm)といったところ。実はアベノン28mmも持っていましたが、今回は使いませんでした。 ※工事現場の写真、その3とその4が入れ替わっちゃってますが、そこらへんはうまく数字順に読んでください(^^;)。

2019/03/29

35mmの攻防

暇があればカメラを楽しんでいるところなのですが、35mmの明るい、あるいは高性能レンズが欲しいところです。

普段の街歩きだと28mmほどの広角は不要なのですが(個人的意見)、50mmだと画角が狭いんですよ。なので35mmがちょうどよいかな、と。ただ、F2.8くらいだと広角でボケが出ないのでつまらない。なのでたまたま所有しているコシナのウルトロン35mmF1.7あたりを最近よく使用しています。

このウルトロンはこれはこれで個性的なのでまぁ悪くはないのですが、せっかくならライカ純正も欲しい。ズミルックスが欲しくなるところですが、これが高い。中古もなかなかな値段。だったらF2でもズミクロンかなぁ…となるわけです。これなら中古くらいで手が出せる。

ところでLeica SLも持っているんですよ。Mマウントレンズをアダプタ経由で取り付けて楽しんでますが、Lマウント純正レンズがないのもさみしい。

そんな中、Lマウントのアポズミクロンの35mmが発表になりました。

これは使いでがあるね…という感じですが、SLでしか使えないのにこの金額を出すか…という疑問。それに35mmは散歩用なので、SLの大柄・重量ボディよりはMマウントの方がよかないか?…という気がしてならず、物怖じしてしまうんですよ。

そんな中、この金額にちょっと色を付けた値段でLeicaQ2まで出てきた。F2をちょっと下回る開放値で、35mmにクロップしてもM10より高画素。防滴防塵という付加価値までついているボディまで付属してくるとなるとかなり魅力。

ただ、それはそれで所有しているM10の存在意義を揺るがしかねない存在でもあるわけで…。

35mm圏内でかなり悩んでいる昨今の私です。

2018/12/25

冬コミ新刊落ちます(__)

告知が遅れてしまいましたが、次の冬コミ受かりました。

しかもなぜか壁際。まぁおいらだけではなく、自転車ジャンルが壁際にたまたま配置されたのだと思いますが。

ただ、新刊ありません(__)。

やはり夏→冬は期間的に短い分、うっかり長い原稿を思いついてしまうと作業量的に追いつかないですね。

おまけにレイヤー数に制約のある作画環境なので、余計なやりくり作業に手間や意欲をそがれますね。作画変えればいいという意見もあるかと思いますが、フィーリングのマッチングという問題もあるし。

おまけにしまなみ海道の旅に出ちゃったからなぁ(^^;)ぉぃ。

一番の問題は体力だろうか…?加齢による体力の減退で夜更かしできないんだよなぁ。夜更かしして仕事に影響することを考えると無理できないこともあるし。

何となくバイタリティの減退も感じてはいる。やる気ね。これも加齢があるのかな?という気もあれば、服用している血圧、メンタルヘルスの薬の影響かな?という気もしなくもない。

まぁなんにせよ、全部言い訳ですけれどね。

来年はなんとかしないとな…。今年の夏は何とかしたし。いやまぁ、落とした夏もあったけれど(^^;)何年前だったか。

2018/12/07

デジカメの将来

フルサイズミラーレスカメラが登場し始めている昨今。デジタル一眼レフはじゃぁ衰退すんのか?…と聞かれると、現時点では「わからない」という結論になるかもしれない。

そもそもミラーレスとデジイチと何が違うかといえば電子ビューファインダーと光学ビューファインダーとが大きく違う。

ビューファインダーの見栄えそのものは光学式が良い。ただ、それを実現するのに本体内に一定の大きさの可動ミラーを備えている。これのおかげで本体サイズがある程度以上には小さくならないし、パーツが増える分重量も増す。

電子式はその点パーツが少なく(電子デバイスは多いかもしれないが)、ボディを小さく、軽量に設計することができる(最近のはレンズの方の工学系に余裕を持たせるため、小型化からはそれているようだが)。しかし光学ほど見える像は高解像度ではない。かなり努力はしているが。

ここに撮影時のフィーリングの違いが出てくる。モノホンの被写体を見るか、イメージセンサーを経由した画像データを見るか。

あるいは重いボディで構わないか、軽いボディが良いか。

ここで棲み分けすんのかなー…?という気がしている。

電子ビューファインダーは人間の目に判別できないほど高精細化して光学ビューファインダーと同等に迫るという可能性もある。そうすると光学のアドバンテージはほぼないが、そこまでたどりつけるかどうか?あるいは主観でもあるので、追いついたと見られるかどうか?

そういう曖昧なところもあるので、今後のカメラの趨勢は現段階では推し量れないと思う。個人的には電子ビューファインダーに集約されそうな気がするが…(勘)。

2018/12/03

しまなみ海道を走ることにしました その4

しまなみ海道の旅、週間天気予報では結構ぐずついて雨も降るような予報も出ていました。

実際のところ3日目の16時から17時くらいまでに雨に降られましたが、カメラが濡れるとヤバいけれど、レインコートはいらないくらいの降雨だったので、さしたる雨ではありませんでした。

唯一、4日目の早朝にどばっと降ったようです。朝起きたら大きな水たまりができていました。ただ、「できていた」というくらいで、目が覚めたころには雨もやみ、以降ふられることはありませんでした。まぁ天候には恵まれた方かと(曇り空も多かったですが)。

» 続きを読む

2018/12/01

しまなみ海道を走ることにしました その3

2日目の宿はゲストハウスではなく民宿です。なので朝食も付きますが、夕食も含めておいしかったです。輪空という宿なんですが、お風呂が交代制なのがちょっと不便だった以外、なかなかいいお宿でした。

朝日を浴びながら海岸沿いのテラスで珈琲をいただいたりして、どんだけ優雅やねん…と。

まぁでもこの日も早々に出発して四国に着かねば…と。

» 続きを読む

2018/11/29

しまなみ海道を走ることにしました その2

前の記事の続きです。

ゲストハウス ヤドカーリで目を覚ますと、朝の尾道です。いい雰囲気。ただ、宿の人がいません。宿代前払いして追加料金もないけれど、このまま出てってもいいのかしらん?…と不安になる(^^;)良かったみたい。

もうちょっと尾道をうろうろしたかったのですが、しまなみ海道走って次の宿に間に合わないのもなんだし…とそうそうに出発です。

» 続きを読む

2018/11/27

しまなみ海道を走ることにしました その1

しまなみ海道を走ることにしました(前の記事にも書きましたけれど)。

個人的にしまなみ海道にはそれほど興味はないのですが、サイクリストの聖地ということで一度は行っておいた方がいいのかな?という気もするし、出発地点の尾道や反対側の松山市の道後温泉にはバリバリ興味あるので、しまなみ海道を走るというよりは、尾道と道後温泉に行く…という気持ちが強かったかもしれません。

また、西日本豪雨によるふっこう周遊割で広島・愛媛の宿泊費を最大一泊6,000円割り引けるというのも魅力でした。

» 続きを読む

2018/10/04

しまなみ海道旅行の予定

きっかけは13府県ふっこう周遊割。西日本の一部でうまく宿泊すると宿泊費援助してもらえるということで、これは利用しない手は無い…と思ったところ。

ただ、適用範囲でどこ行くか?…と考えたところ、まぁしまなみ海道が順当かなぁ…と行き着いた次第。適用条件が2県をまたぐとか厳しかったのでなかなか面白いルートを思いつかず、結局ちょっと王道すぎてイヤなんですが(^^;)ぉぃ。

でも自転車乗りなら1度くらい入っておいた方がいいかな…とちょっくら目的地に設定してみました。

ただ、「目的地」とはいっても「点」ではなく「線」のような旅行先。。宿泊先やその起点や終点までの移動手段を個別に設定・手配しなければならないので面倒くさいったら無い。

» 続きを読む

2018/10/01

新型のiPadが出るたびに頭を悩ますこと

秋にもiPadの新型が出るらしい。

個人的にiPad Pro12.9を多用しているので、その後継機が出てくれれば購入するかもしれない。

希望としてはメモリ8GBになってくれればうれしいが、それはたぶんないだろうなぁ。まぁふつーにプロセッサのパワーがアップして、ローカルデータ保存が多いので512GBストレージを購入するという線で落ち着くとは思う。それでも現状環境から改善されるのでいいんだけれどね。

ただ、困ったことが一つある。

iPadはスマホデバイスに比べれば物理的に重いデバイスなので、できるだけカバーは取り付けたくない。重くなるので。かといって裸で運用すると傷も怖いし、あの筐体、寒いときは冷たくて肌が当たるとヒヤッとしてあまりよろしくない。

まぁ最悪は我慢するけれど、できるだけスキンシールを貼って対処したいと考えている。

そこでおいらのお気に入りなんだけれど、CECILIAというブラントのiPad用スキンシールを使っている。

アメリカのブランドなんだけれど、2年前のCP+にたまたまブース出展していて、向こうの人と意気投合してその場で分けてもらって初代iPad Pro12.9に貼った。

レザー製であまりにもフィーリングが良く、超お気に入りとなった。

その後、第2世代iPad Pro12.9用にも欲しくなったが日本での取り扱いがないため、アメリカのサイトで購入、個人輸入した。2世代目から新たに設置されたマイク穴に対応していなかったので、自分で穴を開けて対処したっけ。

まぁそんなわけで、そういうスキンシールが大好き派なんだけれど、今度のiPad Proは何やら背面にコネクタが来たり設計が変わるとの噂。まぁ噂だからアテにならないけれど、CECILIAからすぐに対応したスキンシールが出てくるか心配。10.5インチ版が出るのも少し時間かかったしなぁ。

まぁそんなわけで、新型iPad Proが出たらしばらく裸で使って傷がつかないよう注意せねばなー…と思う次第。まぁ安物スキンシールがあればそれでCECILIAへのツナギとしてしのぐ…という手もあるけれど。

2018/09/26

3社協業の話

デジカメね。

【フォトキナ】ライカ、パナソニック、シグマが「Lマウントアライアンス」で協業

ネット上では噂レベルでは情報流れていたけれど、本当だったんだ…と驚いているところ。

一時期ライカはパナのOEMのデジカメを出していたので、いまだにライカのデジカメの一部はパナが作成していると思っている勢がいるものかと。そこからLマウント元々はパナも関わっているとかいう憶測があったんだろうと思っていた。

» 続きを読む

«今年何度目かの旅になるかも